SAGANO BLOG
12345
2019/04/11

ステップアッププログラム その1

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
1年生を対象にステップアッププログラムを行っています。

4月9日(火)ステップアッププログラムⅠ


校長先生の話からスタート


本校の校是『和敬』『自彊』『飛翔』について、物事を多面的に見ることの大切さなどの話がありました。
生徒それぞれが、高校生活における決意を新たにしたのではないでしょうか。


 
分掌オリエンテーションでは、各分掌部長の先生から高校生活で気を付けること、中学校との違いなどについて説明を聞きました。
学校のルールを守り、生徒同士で高め合いながら主体的学習者へと成長してくれることを期待しています。

また、午後には校内ツアーを行いました。
広い校内、慣れるには時間がかかりそうです。


4月11日(木)ステップアッププログラムⅡ

 
国語・数学・英語の3教科について学ぶ意義や身につけたい力、学習方法などのオリエンテーションを行いました。


 
いよいよ授業の始まりです。
「耳」だけでなく「目」で話を聞こうとしています。

 
午後からは午前中に学んだことを意識しながら自習を行いました。

自分で何をすべきかを考え、計画的に学習し、高い目標に向かって努力を続けてほしいと思います。

18:00 | 学校行事
2019/04/11

進路指導部より-新たなスタートに寄せて

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者


 桜の開花とともに新学期が始まりました。今春の卒業生諸君も心機一転新たなスタートを切り、日々頑張っていることと思います。新天地での活躍を進路指導室前の桜とともに応援しています。今年度も生徒一人一人の進路実現に向け尽力していこうと思います。
12:38
2019/04/08

令和元年を迎える入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
5月1日に、元号が平成から令和に変わろうとしている4月8日、天候も大変よく、桜満開の中で第71回入学式が行われました。
校長先生は式辞で、一人一人が自分の「志」を持つことの大切さ、そしてそのために必要なこととして、
①成長のタイミングを逃さない、
②主体的に勉強や活動をする、
③プラス思考で何事にも挑戦する、
という話をされました。そして、最後に平成から令和に紡ぐ嵯峨野高校の新しい歴史を築いてほしいという思いを語られました。
              
15:59 | 学校行事
2019/04/08

平成最後の着任式・第1学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
新たに本校にお迎えした先生方の紹介に続いて、平成最後の第1学期始業式を行いました。
校長先生は式典の中で、「主体的に生きる」ことの大切さと、そのためにどのような考え方をしてほしいのかを語られました。そして、最後に、令和の時代にさらに嵯峨野高校を発展させてほしい、という思いを話されました。

  
始業式に引き続いて、SSH重点枠事業の”ケベック森林プロジェクト”について、京都こすもす科専修コース校有林調査ラボ所属の生徒から報告がありました。

15:24 | 学校行事
2019/04/08

さあ、始まるぞ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

「待ってたよ」と桜も言っています。


11:06 | 日々の様子
2019/03/28

SSH重点枠事業”ケベック森林プログラム”

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
317日~25日まで、京都こすもす科専修コース校有林調査ラボ所属の2年生(現3年生)5名がカナダのケベック州に出かけました。目的は日本とカナダの森林環境や森林科学や林業の特徴についての理解を深めること、また生徒が主体的に研究内容を考え、森林フィールド調査を行うことと共に、英語運用能力、異文化コミュニケーション能力等の基礎を養うことです。

生徒は、モーガン樹林、シャーブルックの2か所の森林で現地調査を企画しました。調査項目は土壌断面調査、土壌貫入強度、地温、土壌pH,土壌EC、土壌呼吸の調査、樹冠観察です。

    
気温が氷点下になる中で、土壌表面が凍っており、地面を掘るのは困難を極めましたが、データをとることに何とか成功しました。 

現地で様々な専門機関を訪れました。まずはICAOを訪問しました。ICAOとは、国連機関の一つであり、国際民間航空機構です。
   

セジェプと呼ばれる、大学の準備段階となる教育機関にも訪問しました。その森林関係の学部では、私たちのラボ活動と似通った研究をされており、とても興味深かったです。

マギル大学、ラバール大学では、それぞれ森林や土壌に関係する研究室を訪問し、大学での研究内容や大学生活について説明を受けました。また、生徒のラボ研究についてもアドバイスを頂きました。コンパニオン高校、ロシュベル高校を訪問し、研究を中心とした交流を行いました。また、現地の学校訪問の一環として、ケベックのご家庭に一泊、ホームステイしました。

モントリオールの総領事が、総領事公邸において、嵯峨野高校の生徒のために懇親会を開催してくださいました。現地の高校の校長先生や学生、日本や京都にゆかりのある人々が招待され、交流する機会をつくってくださいました。

生徒は、今後、第1回京都サイエンスフェスタや、地球惑星科学連合などの学術学会において本プログラムで得たデータを発表します。
17:38 | SSH
2019/03/27

平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
3月16日(土)に山口大学理学部にて、平成30年度山口大学理学部サイエンス・セッションU18が開催され、本校京都こすもす科専修コース生物ラボの3名が参加しました。

 

参加総数53チームのうち、予備審査の上位6チームに選抜されたため、当日は口頭発表を行いました。「アオコが植物の生長に与える影響」についての発表で、審査員の方からはとても興味深い研究と高い評価をいただきました。結果としては、上位3チームには入選できませんでしたが、審査員特別賞を受賞しました。この発表で得られた成果と課題を次年度のラボ活動に活かしてほしいです。


 

18:10 | SSH
2019/03/22

情報の科学「合同発表会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

1年生の情報の科学の授業では、12月~3月上旬にかけて課題研究をグループで行い、「SDGs(持続可能な開発目標)」の17の目標のうち、自分たちが興味をもったテーマに関して研究を行いました。そして、研究内容の発表会を2月下旬~3月上旬に各クラスで3回にわたって実施しました。その発表会で最も評価の高かった1グループをクラス代表として選出し、3月18日(月)に1年生の生徒全員の前で発表を行う「合同発表会」を実施しました。各クラスのテーマは以下のとおりです。


 

1組 教育が将来に及ぼす影響とは     2組 森林破壊について


 
3組 日本と海外の働き甲斐の違いとは   4組 貧困とNGOの活動


 
5組 住めるまち、住めない街。      6組 海洋汚染


 
7組 日焼け止めと環境汚染~海の豊かさを守ろう~ 8組 貧困とまちづくり


審査の結果、3組が最優秀賞、1・6組が優秀賞に輝きました。おめでとうございます。受賞クラスはもちろん、どのクラスもクラス代表にふさわしい素晴らしい発表でした。発表を見ていた生徒の皆さんもきっと得るものがあったことでしょう。
1年生の情報の授業で学んだことを2年生以降のアカデミックラボやスーパーサイエンスラボなどの探究学習で活かしてほしいと思います。


以下はクラス発表会の様子です。代表に選ばれたグループ以外も素晴らしい発表がたくさんあり、どのグループもよく頑張ってくれました。


 
1組                   2組


 
3組                   4組


 
5組                   6組


 
7組                   8組



また、中間発表を実施し、見ている生徒たちにコメントを書いてもらうことによって、クラス発表会に向けて修正を重ねました。

17:42 | SGH
2019/03/20

3学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者

本日3月20日()、第3学期終業式が行われました。
      
校長先生は式辞の中で、昨年他界された樹木希林さんの『一切なりゆき 樹木希林のことば』から、「他者の価値観に振り回されないこと」、「大変なときもその状況を面白がれる力」、「それにより自分で見つける幸せ」についてお話になりました。また、茶の湯の世界でも使われる「見立て」という言葉についても触れられました。「見立て」とは本来の姿ではなく別のものとして見ることを言います。人間関係の中でも、人を決めつけるのではなく、別の見方、新しい見方で見ることの大切さ、そして現実を見るだけでなく、「見立て」という「心の目」で自分自身を見つめ将来につなげる事の大切さを述べられました。

        
続いて、生徒指導部と進路指導部からお話がありました。進路指導部からのお話の中では、3年生が1・2年生に伝えたいメッセージとして、「集中力がなにより大切」、「2年生の過ごし方が受験を左右する」、「一番しんどい時を学校で普段通りに過ごすことの大切さ」等が挙げられました。これは、生徒指導部からのお話にもあった、「当たり前のことを当たり前に積み重ねることがよい結果を生み出す」ことにもつながっていると思います。

        

式の終了後には、冬季休業中にフロリダ短期研修に参加した生徒が研修についての報告をしました。それぞれの生徒が現地で研修を行い、感じたことや学んだことを全校生徒の前で自分の言葉で伝えました。特に、日本ではできなかった貴重な経験、外の国からみた日本、知ること(教育)の大切さ などを強く感じて帰ってきたようです。


報告会終了後、生徒会長からの1年間の活動の振り返りがあり、その中で今年度初めて「クラスTシャツ」に取り組んだ充実感と、来年に向けて、校歌に対する誇りと、校歌斉唱を通しての一体感を大切にしたいというメッセージがありました。


1・2年生の皆さん、この1年間充実した時間を過ごすことができたでしょうか。ぜひ実りある春休みを過ごしてください。そして、4月の始業式にまた笑顔で会いましょう。


12:57 | 学校行事
2019/03/19

図書館からはじまるボランティア2

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
活動報告「絵本を届ける運動」
2月の図書館は「絵本を届ける運動」(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会主催)に参加しました。
この運動は、日本の絵本に、現地語の翻訳シールを貼りつけて、アジアの国々に送る活動です。今回は、ミャンマーに送るビルマ語の翻訳絵本を作成しました。

絵本作成の様子。絵本に翻訳シールを貼ります。
完成後は、絵本作成者として自分の名前をビルマ文字で書きました。
始めて書くビルマ文字、練習が必要です。




完成した絵本50冊は、ミャンマーに送付されます。
(絵本:『バルバルさん』乾栄里子/文 西村敏雄/絵、福音館書店、2008年刊)


資料展示コーナーでは、JRC(青少年赤十字)部がミャンマーについて調べてポスターにしました。


「絵本を届ける運動」には、約60名が参加しました。
図書館や絵本を通して、外の世界に目を向ける機会となれば幸いです。

11:50 | 日々の様子
12345
 

カウンタ

791293