SAGANO BLOG >> 記事詳細

2019/06/17

第1回京都サイエンスフェスタ

Tweet ThisSend to Facebook | by 京都府立嵯峨野高等学校サイト管理者
6月16日(日)、令和元年度「第1回京都サイエンスフェスタ」が京都大学において行われました。京都サイエンスフェスタは、京都府立高校SSH校と、SSN校計9校が、一堂に会し、日ごろの探究活動の成果を披露する、研究発表会です。
 
 
京都大学時計台にある、百周年記念ホールで開会式が行われました。
口頭発表は3会場に分かれ、嵯峨野高校からは、こすもす科専修コースの3年生4チームが探究活動の成果を発表しました。また、SSH重点枠事業であるケベック森林プログラムに参加した生徒が成果報告を行いました。
開会式・ケベック森林プログラム報告・閉会式の司会は、嵯峨野高校の1・2年生、3名の生徒が務めました。
 
    
 「校有林の土壌圏における粘土鉱物の役割」      「アオコが植物の成長に与える影響」

  
 「昨今の土壌災害を考える~土壌圏における水の動態~」「森林研究に伴うヒューマンインパクトの把握とその回復」

  
 「ケベック森林プログラム報告」          閉会式のあいさつは、嵯峨野高校の小川雅史校長がおこないました。

今まで研究してきた成果を伝えようとする発表者の熱意が伝わり、視聴者からは質問が次々と発せられました。発表者と視聴者が一体となった素晴らしい発表会になりました。




12:39 | SSH
 

カウンタ

855081