1件も登録データがありません

ようこそ

COUNTER176057

聴覚支援センター


ごあんない
聴覚支援センター
さくらんぼ教室(乳幼児教室) 
高校での支援

相談・支援の申込書です。
相談支援申込書
講師依頼書

高校支援冊子
聴覚に障害のある
高校生への理解・支援

こちらからダウンロードできます
  ➡   高校支援冊子



お子さんとご家族のための
幼児手話辞典
 

施設開放について

聾学校施設開放日.pdf
 *登録申請書.pdf
 (年1回・初回のみ要提出)
 許可申請書.pdf
 (希望日ごとに提出)
京都府立学校体育施設開放御利用のしおり.pdf
 

 携帯サイトへのアクセス
携帯QRコード
 

アクセス

JR京都駅から
市バス 26番(宇多野山越え行き)
JRバス   8番(栂尾・高雄方面行き)
(所要時間 50分程度)

JR円町駅(嵯峨野線)下車
市バス 26番(宇多野山越え行き)
(所要時間 20分程度)

京阪三条駅から
市バス 10番または59番
(宇多野山越え行き)
(所要時間 約40分)

下 車
「御室仁和寺」


 

学校経営計画

平成31(令和元)年度学校経営の重点
1. 「主体的な学び」、「対話的な学び」、「深い学び」の視点で授業改善に努め、言語力向上と学力定着をめざす。
2. 児童等の教育的ニーズに応じて、手話、聴覚活用、口話等のコミュニケーション手段を活用し、誰もが分かる授業を行う。
3. 障害の状態(きこえほか)や資質・能力・特性を適切にアセスメントすることにより、個に応じた指導の充実を図る。
4. 教科等横断的な視点を持ち、学年・学部の相互の関連(学びの連続性)のある教育課程を編成する。
5. 地域資源を活用し、近隣校や居住地校との交流を進め、地域と連携・協働した開かれた教育を実施する。
6. 学校、医療、福祉等の関係機関と連携した相談・支援に努め、地域・社会に対する聴覚障害教育のセンター的機能を果たす。