令和2年度 学校経営計画等


令和2年度 学校経営の重点目標

 1 授業改善をとおした豊かな言語力と質の高い学力の定着【授業改善】 

(1)一人一人の障害や発達を踏まえたPDCAサイクルによる授業改善に取り組む。 

(2)ICT機器を積極的に活用することで学習の効果を高める。 

(3)手話をはじめ、多様なコミュニケーション手段を活用することで、子ども同士や 

子どもと教員とが通じ合う関係を築く 

2 学びの連続性を具体化する教育課程の編成【教育課程編成】 

(1)教科学習等における学部間の連携や指導体制の工夫に取り組む。 

(2)学部を超えた授業研究をとおして指導力のさらなる向上に取り組む。 

3 高等部卒業後の自立や社会参加に向けて、教育活動全体をとおした自主性・主体性、自己理解の力や自己肯定感を高める指導の充実【卒業後を見通した力】 

(1)キャリア教育の視点を重視した自立活動の指導を充実させる。 

(2)近隣園・校や居住地園・校との交流及び共同学習や地域での体験学習等をさらに充実させる。 

4 社会に開かれた教育課程の具体化と聾学校としての教育活動や取組の積極的な発信【地域連携】 

(1) 学校運営協議会議やPTAとの連携をとおして教育活動の充実と地域との連携・協働の具体化に取り組む。 


(2)広報活動を通じて聾学校の教育活動や取組等を積極的に発信する。 

5 地域における聴覚障害教育のセンター的機能の充実・発展【センター的機能】 

(1)教育・医療・福祉等の関係機関と連携した相談・支援を行い、家庭や地域の支援力を高める。 

(2)地域支援センターとしての専門性の継承や充実・発展に取り組む。 


令和3年度学校経営計画 計画段階.pdf
令和2年度学校経営計画_実施段階.pdf