学校からのお知らせ

洛再Linksとは 

2018年06月13日

 

教科書は「地元地域」、目指すのは地域の「再発見」そして「再創造」
キーワードは、つながり=LinksLocal・Information・Network・Knowledge・Sustainable)


平成30年度1年生から、新たな探究型学習「洛再Links」に取り組んでいます!「自分たちの生きる地域、社会を再発見し、再創造、再構築を目指す」ことを最終目的とし、地域の魅力や課題を調べたり、フィールドワークや地域の行事等に参加することで、洛西地域と「つながる」活動に取り組んでいきます。


いろいろな活動に参加するごとに「洛再Links REPORT」を作成し、その活動の中で「誰と、何と、どんなこととつながったのか」「考えたこと、気づいたこと、自分の変化やできるようになったこと」を記録します。


この学習を通して、知識を身につけるのはもちろんのこと、新しい大学入試に対応できるような思考力、判断力、表現力を習得するとともに、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を養います!

 
 
 
 

7月28日(日) 洛再Linksの一環でネイチャーパーク@らくさいin大蛇ヶ池公園に参加してきました。

2年生の8名が参加しイベントの運営スタッフとして活動しました。

主な活動内容としては、会場の準備、撤収、流しそうめん企画のサポート、親子自然観察会のサポート等に取り組みました。

イベントには親子100組の参加があり、生徒達は様々な場面で臨機応変に動き、自分たちも楽しみながらスムーズな運営に貢献できたと思います。

ボランティアというものを堅苦しく考えず、楽しみを見つけながら取り組む姿勢に頼もしさを感じました。

 
 
 
 

7月27日(土) 洛再Linksの活動の一環でひまわりの苗植えイベントに参加してきました。

サイエンス部の生徒たちも参加してくれて1年生8名、2年生13名の総勢21名で苗植えに取り組みました。

今年は「ひまわり畑に大きなハートを描く」というミッションを持ち、

学校で育てた赤い花をつける「ルビー」という品種のひまわりをみんなでハート型に植えていきました。

ハートの近くには人文字ならぬひまわり文字の「令和」も添えました。

 

12,000本の黄色いひまわりも順調に植えられ、開花すればインスタ映えスポット間違いなしとなるはずです。

植え終わる頃に雨が降り始めちょっと濡れてしまいましたが、ひまわりにとっては恵みの雨で、これでうまく根付いてくれるのではないかと思います。

9月14日(土)の開花イベントまで水やり、除草作業が続きます。高校生も継続してお手伝いできればと考えています。

種から育てたひまわりが立派な花を咲かせてくれる日を心待ちにしています。

 
 
 
 

7月20日(土) 洛再Linksの一環で大蛇ケ池公園清掃ボランティアの活動を行いました。

今回は1年生6名、2年生10名に加え野球部員28名も参加して合計44名で活動に取り組みました。

28日に行われる『ネイチャーパーク@らくさいin大蛇ヶ池公園』のメイン会場となる広場の除草作業に、公園愛護協力会の皆さんと一緒に汗を流しました。

 
 
 
 

7月16日(火) ひまわりの種まきを行いました。80名弱の生徒が集まり、約1100粒の種を28個のトレイに蒔いていきました。

トレイの中に堆肥企画で作成中の堆肥を入れて、栄養たっぷりの土に種を蒔きました。

うまくゆけば終業式の頃には芽が出そうです。

『ひまわりの絆プロジェクト』の種もあり、その関係で西京警察署の方から交通安全のお話も伺い、

Links活動に加えて、命の大切さについても考える機会を持つことができました。

 
 
 
 

7月9日(火) 洛再Linksの活動として堆肥の効果を検証するため実験的に育てた向日葵を、校門前のスペースに植え替えました。

実験に関しては米糠、竹チップともに土だけで育てたものより生育が良く、効果はあったように思います。両方混ぜたものもうまく育っていたので16日の種まき本番に向けてLinks製堆肥を使い苗床を作っていきます。

なお、今回使った種のほとんどは『ひまわりの絆プロジェクト』で西京警察署よりいただいたものです。『ひまわりの絆プロジェクト』とは、H23年に交通事故のため4歳で亡くなった東陽大君の育てていたひまわりから取った種をみんなで育て、命の大切さと交通安全を考えようというプロジェクトで京都から全国に広がっています。

生徒達には向日葵を通して地域交流や自然・環境学習を進めることに加えて、交通安全(特に自転車の安全運転)や生命の大切さについても考えるきっかけにしてくれたらと思います。

 
 
 
 

6月16日(日) 洛再Linksの一環で大蛇ケ池公園清掃ボランティアの活動を行いました。


前日実施の予定が天候不順のため延期となりましたが、野球部1年生15名が参加してくれて、1年生の2名とあわせて総勢17名で賑やかな活動となりました。

 

 
 
 
 

6月1日(土)、2日(日)の2日間にわたり『樫原のきさき市』にボランティアスタッフとして1,2年生合計10名(のべ13名)が参加してきました。

 

土曜日は軒先に花を飾ったり、灯篭やのぼり、写真パネル等の設置に取り組みました。

 

日曜日は来場者の顔写真を撮る仕事やゆるキャラの「たけにょん」「まちやん」に入っての集客活動等に取り組みました。

 

運営スタッフの方からは、生徒達の前向きで臨機応変な取組姿勢に非常に高い評価と感謝の言葉をいただきました。

 
 
 
 

4月20日(土)洛再Linksの一環で大蛇ケ池公園清掃ボランティアの活動を行いました。

今回は、1年生12名、2年生16名の総勢28名の生徒達が、公園愛護協会の方々と一緒に落ち葉集めや枝集めなどの作業に汗を流しました。

今年度も積極的にボランティア活動に参加していきます。

 
 
 
 

4月26日(金)第1学年を対象に洛再Linksにかかわる講話を行いました。

今回は、大原野神社の宮司さんに来ていただき、地元洛西の観光名所でもある「大原野神社」の歴史、ゆかりのある人物について紹介していただき、地元洛西を理解する良い機会となりました。

その後、学年部長が昨年度の洛再Linksの活動を紹介しました。具体的な取り組み内容を知ることができたので、それを生かしてこれから始まる様々な活動に積極的に参加してほしいと思います。