学校紹介

 

 あけましておめでとうございます。 旧年中は、本校の教育活動に御理解と御協力をいただきありがとうございました。 昨年は、地震、豪雨、猛暑、台風と様々な自然災害に見舞われました。まだブルーシートに覆われた家屋を見ると、その猛威に驚かされます。本校も一部修理できずその傷跡を残しています。今年はそのようなことがないようにと願うとともに、自然の四季折々の美しさやそのやすらぎに包まれた学習環境の下で健やかな生徒たちの成長を見守りたいと思っております。 2学期は、洛西フェスティバルという大きな学校行事で始まりました。文化の部とスポーツの部に分かれます。ともに生徒達がすべて企画運営するもので、文化の部での出し物、スポーツの部での各競技の参加はもちろん、その成功のために多くの生徒たちが知恵と力を出し合った素晴らしいものでした。「共感」だけでなく「共汗」「共歓」と綴りたくなります。また、9月8日には、地域の施設を利用して「オープン文化祭」を開催しました。日頃お世話になっているお礼も込めて、高校生の活動の成果を見ていただき、地元の方々との交流を深めようと毎年開催しています。今年も多くの方にお越しいただき、校内の文化祭で披露した演劇や仮装パフォーマンス、コーラス部合唱、吹奏楽部演奏、書道パフォーマンス、お茶席、各部活動の展示を鑑賞してもらいました。「来年も楽しみにしています」等たくさんのお言葉を頂戴しました。ありがとうございました。「洛西ニュータウンに洛西高校有り!」「洛西生、任せたよ。」と頼っていいただけるよう、これからも精進していく所存です。  本校では、今年から「洛再リンクス」と名づけて、地域とつながる探究活動をはじめました。1年生が、地域の公園やひまわり畑等に出向いて地元の方々と一緒に活動したり、地元の方から講演をいただいたり、そして2学期から校内で"堆肥づくり"をはじめました。地域の清掃で集めた落葉を使って、地域の方々に教えていただいて取り組んでいます。米ぬかを使った堆肥、竹チップを使った堆肥と2種類に挑戦し、毎日温度を図り、時々かき回す作業をやっています。数カ月後には、出来上がった堆肥を地域にお配りし、花いっぱいの街づくりを夢見ております。この体験を通して、地域を大切に思う人々がたくさんおられることを知り、そしてそのために惜しみなく力を貸してくださることに本当に感謝し、高校生にできること、高校生だからできることを精一杯やっていこうと思っています。生徒たちは、つながることの大切さ、楽しさを知り、人として大きく成長してくれると信じております。 本日より3学期が始まります。始業式では、3学期は次の学年のゼロ学期であるから、1年生には、後輩を迎えるにふさわしい人物になれるよう、2年生には、最高学年になる自覚を持った行動ができるよう努力してほしいと話をしました。そして3年生には、受験を間近に控え、自分を信じて最後まで走り抜け、とエールを送りました。平成31年も、洛西高校はこれまで通り、勉強も部活動も学校行事も頑張る「洛西スタイル」を実践し、公正明朗で、たくましく生きる人づくりに邁進いたします。どうか今年も御理解と御支援をよろしくお願い申しあげます。 最後になりましたが、この一年の、皆様の御健勝と御多幸をお祈り申し上げます。