学校紹介

 

 残暑お見舞い申し上げます。  

 平素は、本校の教育活動の推進に御支援御協力いただき、ありがとうございます。平成30年度も無事2学期を迎えることができました。  

 1学期には、大阪北部地震や西日本豪雨災害が起こり、甚大な被害を及ぼしました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々の一日も早い復旧復興を願うばかりです。夏休みに入っても、「危険な暑さ」が続く中、数多くの台風が発生しているのをみると、平和な社会、平穏無事な日々をどう確保できるのか、自然災害の恐怖を感じずにはいられません。夢に向かって頑張っている生徒達に、必ず活躍できる未来を提供しなければならない、そのために「命を守る」教育活動を展開しなければならいと、痛切に感じております。

 さて、今年度も多くの生徒が部活動に励んでいます。陸上競技部、体操部、ソフトテニス部がインターハイ近畿大会に出場し、書道部は5年連続全国総合文化祭に京都府代表で参加しています。放課後や休日の限られた時間ですが、仲間と同じ目標に向かってひたすら活動に打ち込む姿は、とても輝いて見えます。  

 洛西高校の2学期は、「洛西フェスティバル(文化の部・スポーツの部)」ではじまります。クラスが一つになって作品を作り上げる過程で得た友情や自信、そして達成感や充実感はこれからの生徒たちの「生きる力」になるはずです。オープン文化祭は、その感動を地域の皆様に伝える場です。9月8日(土)に開催します。今後のHPを御覧ください。  

 2学期はまた、学習面でも大切な時期です。本校は「生徒一人一人が、学校に軸足を置いて、勉強も部活動も学校行事も頑張る」学校です。部活動も学校行事も一年で一番充実した学期だからこそ、学習面でも実りある学期にしなければなりません。生徒たちがそれぞれの立ち位置から自己をみつめ、進路実現に迫ってほしいと考えています。そのために、 「授業で勝負する学校」「面倒見の良い学校」としてさらに教育活動を進めて参ります。 また、高大接続改革に伴い、本校でも新たな取り組みを始めたところです。二学期も生徒の健康と安全を第一に、様々な教育活動を展開していく所存です。今後とも本校にさらなる御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                             校長  平井 恭子