京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

洛北SSH

洛北SSH事業

 文部科学省から指定を受けた事業で、先進的な理数科教育を実施するために次の課題を研究開発しています。
 平成16年度に3ヵ年の指定、平成19年度に5ヵ年の指定を受け、その実績が評価され、平成24年度からさらに5ヵ年の指定を受けました。
 対象は、附属中学校及び高等学校の中高一貫コースと普通科第Ⅱ類です。

研究開発課題

 『併設型中高一貫校における科学者育成を目指す教育プログラムの研究開発』
 ~「科学する心・能力・態度」と「世界に向けた情報発信能力」の育成~

研究の仮説

「科学する心」の育成
大学などの研究機関からのTA派遣等人的交流を重視した連携の下、文理を問わない継続的な探究活動を行うことにより、課題設定から課題解決に向けて、主体的に研究を進め、成果を積極的に発信する態度が育成される。

世界へ雄飛する人材の育成
数学、理科、情報を中心とした取組と英語科など他教科の取組を有機的に結び付けることにより、科学に関する多面的な視野を持った世界に雄飛できる人材を育成できる。

研究成果の汎用化
中高一貫コースで開発した教育プログラムを他コースに反映させ、実施・検証することにより、研究成果を広く一般の高校に普及させることができる。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.