京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

ホームページ > 附属中学校 > 主な受賞記録、大会出場など

平成25年度

 『科学の甲子園ジュニア全国大会京都府予選会』                                     優勝・全国大会出場

 『科学の甲子園ジュニア全国大会京都府予選会』(8月)において、本校の2年生3名が京都府でトップの成績を修め、全国大会に出場することが決まりました。
 この大会は、科学好きの裾野を広げるとともに、未知の分野に挑戦する探究心や創造性に優れた人材を育成することを目的として、都道府県を代表して全国の中学生が科学の知識・技能を競うものです。
 全国大会は、12月21日、22日。附属中学校は、文部科学省からSSH(ス-パーサイエンスハイスクール)の研究指定を受けており、その成果を表すよい機会でもあります。

平成24年度

『京都数学グランプリ2012 1stステージ 京都数学コンテスト』                        アイデア賞

 『京都数学グランプリ2012(平成24年度)1stステージ 京都数学コンテスト』(中高生495人参加)において、本校中3生徒がアイデア賞を受賞(入賞者24人のうち、中学生の入賞は2人のみ。そのうちの1人が本校生徒)。また、洛北高校生も2人が優秀賞、1人がアイデア賞を受賞しました。

卒業後の活躍

 本校生徒は、高校卒業後も各分野で活躍をしています。例えば、世界最高峰の学術誌の一つであるネイチャーで、掲載論文の著者として、洛北高校中高一貫コース卒業生2人(京都大学理学部)が名前を連ねました。この科学雑誌に学部学生が名前を連ねることは大変珍しいことです。
 詳細は、『京都新聞2012(平成24年)5月17日(木)朝刊』を御覧ください。

サイトポリシー | 個人情報の取扱い | サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59
TEL:075-781-0020
Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.