京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

スタディライフ

スタディライフ

 深みのある教育環境が、充実した教育課程を支え、本校で学ぶ生徒をより高く、より広く、より深く育てます。4人の学術顧問の先生方に御助言、御指導をいただきながら、高水準の多様な教育が丁寧に展開されます。
多くの貴重な体験(講演、国際交流、校外学習)が、知的好奇心を満たし、伸びやかで前向きな情意を形成します。落ち着いた雰囲気の中で、生徒一人ひとりを大切にする教育を行います。

〔学術顧問〕
 京都教育大学名誉教授      松井榮一 先生
 京都教育大学名誉教授      丹後弘司 先生
 京都大学名誉教授         上野健爾 先生
 京都大学総合博物館教授    永益英敏 先生

高校内容の先行授業

 国語、社会、数学、理科、英語の5教科では、基礎期の2年間で中学校3カ年の学習内容のほとんどが終了します。したがって、充実期に当たる中学3年生では高校の学習内容を履修します。

5教科での少人数授業

 国語、社会、数学、理科、英語の5教科で1講座26~27人の少人数授業を行います。きめ細かな指導で学習意欲を高め、基礎・基本の徹底と学力の向上を図ります。

SSHの一環としての授業

 平成16年度に洛北高校が文部科学省より指定されたスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)の取組みに附属中学校も平成18年度よりSSH指定の一環として研究・実践を進めています。学習した内容は、高校での「サイエンスⅠ~Ⅲ」の学習を通して、さらに深めます。なお、研究・実践の実績が評価され、平成24年度からは、洛北高等学校と併せて附属中学校も5ヵ年のSSH指定を受けました。

オーストラリアへの研修旅行

 中学3年生の11月に、中学校での学習の集大成としてオーストラリアへの海外研修旅行を実施します。豊富な英語学習で、研修旅行実施までに英検準2級の取得をめざすこと、「総合的な学習の時間」で世界自然遺産を学習すること、「洛北サイエンス」で南半球の自然を学習することなど、3年間の計画的な学習への取組が基本となります。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.