京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

ホームページ > 附属中学校 > 学校生活 > 学校行事 > 平成25年度 > 7月

中学1・2年洛北サイエンス発表会(7月30日)

 7月の夏期スクール最終日、中学1年では理科分野、中学2年では数学分野の洛北サイエンス発表会を実施しました。中学1年では、「波を科学する」「アトムへのアプローチ」「生命の神秘に挑む」の3つの講座ごとに、それぞれポスターを用いて発表会を行いました。中学2年では、身近に存在する数学に関する事象や事柄を見いだし、自らが設定した研究テーマに沿った調査・実験・製作・まとめを発表しました。

全校集会等(7月19日)

 この日は、夏季休業前の授業最終日。午後に、大掃除の後、中学・高校合同で全校集会が行われました。集会では、下鴨警察署の方による自転車の安全運転指導などがありました。なお、集会に先立ち、お世話になったAETの離任式も行われました。

 集会の後半は、中学・高校分かれての集会。中学では、校長先生から、夏休みを迎えるにあたり、「日頃できないことにチャレンジしてほしい」「安全に気を付けてほしい」「4か月間を振り返り、夏休み明けの生活につなげてほしい」という3点についてお話がありました。

生徒会募金活動(7月16日~18日)

 生徒会本部役員は、公益財団法人 関西盲導犬協会への募金活動を行いました。本部役員は、事前に亀岡市にある協会を訪問し、盲導犬訓練の様子や福祉の現状について学んできました。そして、“生徒会NEWS”を発行し、「盲導犬の果たす役割」などについて全校生徒に情報を提供し、募金活動を呼びかけました。その結果、3日間を通じて多くの生徒の協力がありました。

中学3年日本舞踊体験学習(7月12日)

 中学3年では、2回目の日本舞踊体験学習を行いました。今回は、4つのグループに分かれての練習。各担当の講師の方の熱心な御指導もあり、演技の習得がはかどりました。次回は、文化祭での発表に向けて、完成度をあげていくことが大切になります。なお、3年生は文化祭で、日本舞踊のほか、英語劇と学年合唱を発表する予定です。

中学2年健康学習(7月9日、12日)

 中学2年では、薬物乱用、喫煙、飲酒が引き起こす問題の重要性を知ることなどをねらいに、2時間にわたり健康学習を行いました。そのうち、7月12日(金)では下鴨警察署の方をお招きし、「薬物乱用についての危険性」と題して御講演をいただきました。生徒たちは、好奇心や過度のストレスといった心理的な要因、メディアによる先導的な社会環境など、多様な視点から薬物使用・乱用の危険性について学習を深め、自らの生活をコントロールすることの大切さを再認識しました。

中学3年日本舞踊体験学習(7月2日)

 中学3年は、浴衣の着付けや日本舞踊の体験を通して、日本の生活文化に親しむことをねらいの一つとして、体験学習を行いました。この学習は、文化庁「平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業(派遣事業)」として、年間3回実施する中の第1回目にあたります。浴衣の着付けやたたみ方を教わり、日本舞踊の鑑賞と基本練習を行いました。次回は、日本舞踊のより専門的な御指導をいただく予定です。 

サイトポリシー | 個人情報の取扱い | サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59
TEL:075-781-0020
Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.