京都府立洛北高等学校・洛北高等学校付属中学校

2月

中学3年幼稚園との交流(2月24日)

 この日は、3年B組の生徒が幼稚園児との交流を行いました。思春期にあたる中学生は、最初とまどいも見られましたが、慣れてくると、とてもよいお兄ちゃん・お姉ちゃん役になりました。砂場での活動も大いに盛り上がり、遊びを通じて子どもが成長していくことを実感をもってとらえることができるなど、具体的な体験を通じて幼児の特徴を学ぶ大変よい機会になりました。

中学1年家庭科特別授業(2月24日)

 中学1年では、日本乳業協会の方にお世話になり、牛乳・乳製品を使い、コーンライス・チャウダー・フルーツヨーグルトケーキを作りました。実習の中で、小学校の給食に牛乳があったけれども中学では給食がないところもあり、発達段階から考えると意図的に強い骨を作っていく必要があるというお話もありました。なお、食事は、以前に作ったランチョンマットを敷いて食べました。

中学2年進路学習「先輩の話を聞く」(2月22日)

 洛北高校出身の大学生を招いて進路学習を行いました。講師は、科学雑誌「Nature」に連名で論文が掲載された先輩、府立医科大学に進学した先輩、高校で文系コースを選択し教育学部に進学した先輩といった多彩な顔ぶれでした。話の内容は、中学や高校の学校生活で大切にしてほしいこと、進路選択のきっかけ、大学生活の様子など、中学2年にとって大きな関心事であるだけに、とても貴重な時間を共に過ごすことができました。

持久走大会(2月12日)

 鴨川河川敷を会場に持久走大会を開催しました。男女ともに距離は9.2km、中学1年生の多くが「初めてこれだけ長い距離を走った」とのこと。けが等による短縮距離(3km程度)参加者や見学者を除いて全員が完走し、大きな達成感を味わうことができました。上位入賞者は、後日、集会で表彰される予定です。

授業公開(2月5日)

 中高合同で1限~6限までのすべての授業を保護者に公開しました。中学校では、教科の授業に加え、道徳、総合的な学習の時間(総合)の公開もしました。総合では、1年では「世界危機遺産」、2年では「日本の文化」、3年では「オーストラリア研修旅行」にかかわって現地調査したり、学校などで調べたりした内容をポスターやプレゼンテーションソフトを用いて発表しました。

サイトポリシー |  個人情報の取扱い |  サイトマップ
京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校

〒606-0851 京都市左京区下鴨梅ノ木町59  TEL:075-781-0020

Copyright (C) Kyoto Prefectural Rakuhoku High School. All Rights Reserved.