京都府乙訓教育局(所管区域 向日市・長岡京市・大山崎町)OTOKUNI
〒617-0006 京都府向日市上植野町馬立8   TEL (075)933-5130 FAX(075)933-5229
 

フォーラムを開催します

乙訓親まなびフォーラムを開催します!

今年度11年目を向かえた乙訓親まなびフォーラムは11月4日(土)午後1時から、府立向陽高等学校で開催します。
 はじめに、日本食育実践の先駆け、NHK教育テレビの「ひとりでできるもん」の産みの親である、キッズキッチン協会会長、サカモトキッチンスタジオの坂本廣子様をお招きして、「生きる力を食で育てる」と題してご講演をいただきます。

 講演の後には、「親まなび講座」で学びを深めていただきます。
 保護者の方が、講演や親まなび講座に参加されている間、子どもたちが過ごす場として「子どもふれあい広場」や未就学児のための保育ルームを用意しています。

どなたでも参加できますのでお気軽にご参加ください

 詳しくは、こちらをご覧ください。 → 案内ポスター.pdf          
                  → 親まなび講座案内.pdf
                  → 参加申込書.pdf

 

第3回協議会を開催

  第3回協議会を開催 
 9月1日(金)に「親育ネットおとくに」協議会の第3回協議会を開催いたしました。
  第3回目の協議会は、本年度の出前講座を協議会委員が体験することを目的に、京都西山短期大学で行いました。
 
出前講座体験では、京都西山短期大学教授 島袋章先生から「童謡・唱歌の世界」~童謡・唱歌の歴史~と題して御講義いただきました。
 
童謡と唱歌の違いを学んだあと、唱歌「われは海の子」と「故郷」、童謡「シャボン玉」と「たき火」を合唱しました。日本語の美しい響きを再確認し、懐かしい童謡、唱歌の世界を楽しむことができました。
 
その後は、11月4日(土)開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」の持ち方や運営などについて協議・確認しました。


 

第2回協議会を開催

第2回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

 7月6日(木)第2回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。はじめに、協議会委員によるリレートークを行いました。リレートークでは、未就学児、小学校、中学校、高等学校、大学に携わっておられる教員や元教員、保護者の方が、生活面や運動、学習面でそれぞれの発達段階において身につけたい能力や態度等を順番に発表しました。
 
感想交流を通して「子どもの自主性を育む」こと、「子どもをあたたかく見守る」こと等どの年齢でも大事にされている共通項を知ることができました。
 
リレートークの内容を本年度の「乙訓親まなびフォーラム」のテーマや大会宣言などに生かしていくことを確認しました。

その後は、11月4日(土)府立向陽高等学校で開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」について協議を深めました。

 

平成29年度 第1回協議会を開催

第1回「親育ネットおとくに」協議会を開催

 5月19日(金)乙訓総合庁舎で、本年度第1回目の「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。
 この協議会は、「全ての教育の出発点である家庭教育を支援する」という趣旨で平成19年度に発足し11年目を迎えています。
 開会行事後、座長に西村日出男氏(有識者:元帝塚山大学教授)、副座長に大澤満子氏(乙訓にゆかりのある退職校長の会)をそれぞれ選出し、本年度の事業計画などについて審議しました。
 その後は、昨年度の協議のまとめを元に、「活動を通して見える子どもの様子、親の姿」と題して協議を行いました。
 協議を通して、親子体験活動や子どもの自己肯定感を高める取組の重要性の他、高校生と小中保護者が交流する機会の充実など、具体的な方向性が示されました。
 これらの内容は、今後の活動に生かすとともに、協議会で何ができるのか、引き続き話し合いを重ね「親まなびフォーラム」など、学習機会の場に反映させていくことを確認しました。
 

出前講座のご案内

平成29年度「親育ネットおとくに」協議会の出前講座のメニューです。

「親育ネットおとくに」協議会では、「子育て」「親育ち」につながる出前講座を毎年実施しています。

昨年度は、PTA活動の研修会や地域の青少年育成団体主催の研修会、さらには子育て支援NPO団体の活動支援等多くの御依頼をいただきました。

本年度は、新しい講座が増え、12講座で実施します。

 

是非、御活用ください。
  
       平成29年度出前講座ちらし(表紙)  出前講座ちらし(内容) 

 

乙訓親まなびミニフォーラム・第6回協議会を開催

「親育ネットおとくに」協議会設立10周年記念
『乙訓親まなびミニフォーラム』を開催しました。

2月9日(金)に乙訓総合庁舎で、「乙訓親まなびミニフォーラム」を開催しました。

このフォーラムは、京都府教育委員会及び「親育ネットおとくに」協議会が毎年開催しているもので、本年度は乙訓保健所にも加わっていただきました。

当日は、子育て中のお母さんなど約80名の皆さんに参加いただきました。

講演では、京都府立医科大学大学院医学研究科医師の全有耳さんをお招きし、「ほめ上手はしつけ上手」~ほめてほめられ♡ニコニコ子育て♡~と題してお話をいただきました。

ここでは、毎日の生活の中で子どもを認め、肯定的な声かけをしていくこと、更には具体的なほめ方のポイントなど子育てのヒントをたくさんいただきました。

講演の後は、参加者が講師を交えて小グループとなり、日頃の子育ての悩みについて交流することができました。

乙訓親まなびミニフォーラム講演会の終了後には、第6回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

今年度最終の協議会で、1年間の活動について総括するとともに、来年度の方向性について協議をしました

来年度も、これまでにも増して協議会の組織団体・委員が連携を深めるとともに、保護者や地域の方々が、子どもを中心とした『つながり』を広げていけるよう活動内容に工夫していくことを確認しました。


 

乙訓親まなびミニフォーラムの開催

「親育ネットおとくに」協議会設立10周年記念 乙訓親まなびミニフォーラムを開催します。

講演では、京都府立医科大学大学院医学研究科の医師である全 有耳(ぜん ゆい)氏をお招きし、「ほめ上手はしつけ上手」~ほめてほめられ♡ニコニコ子育て♡~と題してお話をいただきます。
 
入場は無料です。保育ルームも有りますのでお気軽にご参加ください。

 ○日時 平成29年2月日(木)午前10時から

 ○場所 乙訓総合庁舎 2階 保健所講堂

 詳しくは、こちらをご覧ください。
                                 
                                          案内チラシ      参加申込書

 

乙訓親まなびフォーラムを開催

乙訓親まなびフォーラムを開催しました。

 11月6日(日)に府立西乙訓高等学校で「乙訓親まなびフォーラム」を開催しました。今年は、「親育ネットおとくに」協議会設立10周年記念として「子どもは地域のたからもの~目をかけ、声かけ、広げよう!家族の笑顔~」のテーマでの開催となりました。管内から500名近くの皆さんに参加をいただきました。
 フォーラムは、「親育ネットおとくに」協議会の西村座長のフォーラム宣言でスタートを切りました。
 その後、一般財団法人児童虐待防止機構理事長であり、兵庫県児童虐待等対等専門アドバイザーの島田妙子さんから「大人が元気で子どもも元気」と題してご講演をいただきました。島田さんは、アンガーマネージメント・ファシリテーターとして御活躍をされており、ご自身の子育てを例に「怒る」という感情を通した子どもとのコミュニケーションについてお話をいただきました。

「かっとなる時」のシステムや怒った時の対処法など、身近な内容で、参加者からは「普段悩んでいたことが聞けてとても面白かったです。先生の壮絶な人生体験に驚きましたが、先生の親しみやすい雰囲気が素敵でした。心の器を大きくすることや6秒間やり過ごすなどこれからやってみたいと思います。」「躾糸(しつけいと)の話がとてもよかったです。ぜひ、子どもたちや身の回りの人に伝えたいです。」など多くの感想をいただきました。

講演の後は、「親子で心と体を動かすレクリエーション」や「乙訓の竹をつかったお箸づくり」などの親子体験講座や「人形劇による読書のすすめ」、「料理を通した親同士の交流」など9つの「親まなび講座」に分かれて、まなびを深めました。また、日頃の子育ての悩みや思いを気軽に相談できる就学前のお子さんの親を対象にした講座とともに、本協議会の10年間のあゆみや協議会所属企業紹介の展示コーナーも開設しました。

親まなび講座の参加者からは、「ミニシアターまるの人形劇に対する熱意に感動しました。引き込まれました。本の大切さを改めて感じました。」「災害のことを改めて考え直す機会となりました。非常時にもご飯が食べられる体験は大変勉強になりました。」など多くの感想が寄せられました。



 

出前講座を展開中

出前講座を実施中です。
 「親育ネットおとくに」協議会では出前講座を実施しています。

 今回は向日市立第5向陽小学校PTA主催の人権研修会で御利用いただきました。

1013日(木)に向日市立第5向陽小学校でPTA主催のPTA人権研修会が開催されました。保護者の皆さん約30名の参加がありました。

研修会では、京都西山短期大学の松阪 崇久先生による「動物の育児から、ヒトの子育てを考える」と題した講演会が行われました。

松阪先生は野生のチンパンジーの子どもの発達について研究をされています。講演では、野生のチンパンジーの母子関係と育児、チンパンジーとヒトの子育ての比較について映像をもとに話されました。

参加者は熱心に耳を傾け、講演後にはチンパンジーの子離れや父親の子育て参加など活発な質問や感想などが出され交流をされました。

 

「親育ネットおとくに」協議会の開催

第4回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。
 1013日(木)に府立西乙訓高等学校で「親育ネットおとくに」協議会の第4回協議会を開催しました。

 府立西乙訓高等学校は、来る11月6日(日)に開催する「親育ネットおとくに」協議会設立10周年記念「乙訓親まなびフォーラム」の会場です。

 協議会では、西村座長からの挨拶に続き、府立西乙訓高等学校の吉川校長先生にもご挨拶いただきました。


 今回の協議会では、講演会場や「親まなび講座」会場の下見をするとともに、当日の運営に関わる役割分担や準備物の確認など、フォーラム成功に向け意思統一を図りました。

 

乙訓親まなびフォーラム

  「親育ネットおとくに」協議会10周年記念 

乙訓親まなびフォーラムを開催します!

 11月6日(日)午後1時から、府立西乙訓高等学校で乙訓親まなびフォーラムを開催します。
 今年度の乙訓親まなびフォーラムは「親育ネットおとくに」協議会10周年記念大会として開催します。最初に、一般財団法人児童虐待防止機構理事長、兵庫県児童虐待等対応専門アドバイザーの島田 妙子(しまだ たえこ)氏をお招きして、「大人が元気で 子どもも元気」と題してご講演をいただきます。
 講演の後には、「親まなび講座」で学びを深めていただきます。
 保護者の方が、講演や親まなび講座に参加されている間、子どもたちが過ごす場として「子どもふれあい広場」や未就学児のための保育ルームを用意しています。
 どなたでも参加できますのでお気軽にご参加ください。

  詳しくは、こちらをご覧ください。 → 参加募集チラシ1
                            参加募集チラシ2
 

「親育ネットおとくに」協議会の開催

 9月16日(金)に乙訓総合庁舎で「親育ネットおとくに」協議会の第3回協議会を開催しました。

 
今回は、京都府教育委員会から畑教育長職務代理者、平塚委員、上原委員、安藤委員の4名の教育委員さんにお越しをいただきました。
 はじめに、協議会委員でもある『スマイルプレイス~ for every childparent~』の幸山由佳さん、『日本ボーイスカウト京都連盟』の中川久徳さんから「活動を通して見える子どもの様子、親の姿」と題して、親がリラックスし、安心して子育てができる環境づくりや体験活動の重要性について発表していただきました。
 その後は、府教育委員4名にも参加をいただき、グループに分かれて、地域社会の力を活かして子どもをはぐくむためにどのようなことができるのかをテーマに協議をしました。
 ここでは、「親と子に働きかけることも大事であるが、親への教育について見直す必要がある。」コミュニケーションは家庭で育むことが基本であり、子どもと感動を分かち合える機会を増やす必要がある。」という意見が出され、「「親育ネットおとくに」協議会としては、家庭が孤立されないよう切れ目のない親への総合的な支援をしていくべき」というまとめを行うことができました。
 その後は、11月6日(日)開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」の持ち方や運営などについて協議・確認しました。



 

「親育ネットおとくに」協議会の開催

第2回協議会を開催しました。
 7月29日(金)長岡京市立開田保育所で第2回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

 はじめに、今年4月、神足小学校に新しく併設された開田保育所と保育所内に開設されている長岡京市地域子育て支援センター「エンゼル」を見学しました。
 
見学後には委員による交流協議を行いました。ここでは、前回協議のまとめも参考にしながら、家庭教育の充実に向け、小・中・高等学校の親だけでなく、幼稚園、保育園の親も含めた総合的な支援を行うことや、子育てにあまり積極的でない親へのアプローチなど今後「親育ネットおとくに」協議会としてできることをまとめました。
 
その後は、11月6日(日)府立西乙訓高等学校で開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」について協議を深めました。
 

出前講座を展開

「親育ネットおとくに」協議会の出前講座が好評です。

7月6日(水)に長岡第六小学校で長岡第六小学校区社会教育連絡協議会主催の研修会が開催されました。保護者の皆さんなど60名を超える参加者がありました。

今回の研修会では、「親育ネットおとくに」協議会の出前講座を採用いただきました。講座は協議会座長・西村日出男氏による「子育て・親育ち-体験と理論-」。西村さんからは、家庭教育に関わる体験を元にした「西村子ども新聞」、地域活動である「滝ノ町ふれあい文化サロン」や「すくすくキッズテン」などの取組を軸に、「誰もが、誰もの、成長に関わることのできる地域社会の実現」に向けた想いを熱く語っていただきました。

参加者は熱心に耳を傾けられ、講演後には活発な質問や感想などで交流をされました。

本年度の「親育ネットおとくに」協議会の出前講座は、子育てや読書など12講座を用意しています。是非ご活用ください。

 

親育ネットおとくに協議会の開催

 「親育ネットおとくに」協議会 第1回協議会を開催しました。

 623日(木)乙訓総合庁舎で、本年度第1回目の「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。
 この協議会は、「全ての教育の出発点である家庭教育を支援する」という趣旨で平成19年度に発足し10年目を迎えています。
 開会行事後、座長に西村日出男氏(有識者:元帝塚山大学教授)、副座長に大澤満子氏(乙訓にゆかりのある退職校長の会)をそれぞれ選出し、本年度の事業計画などについて審議しました。
 その後は、グループに分かれ「各団体の活動を通して見える子どもの様子、親の姿」と題して、「生活面」「運動や学習面」「家族の在り方」「地域との関わり」の4つのテーマで協議をしました。
 協議では、「子どもは疲れている」「子どもと親の姿の二極化」「バランスの悪さ」などがキーワードとして示されました。
 これらの内容は、今後の活動に生かすとともに、協議会で何ができるのか、引き続き話し合いを重ね「親まなびフォーラム」など、学習機会の場に反映させていくことを確認しました。

 

出前講座のご案内

平成28年度「親育ネットおとくに」協議会の出前講座メニューです。 
「親育ネットおとくに」協議会では、「子育て」「親育ち」につながる出前講座を毎年実施しています。

本年度は、新しい講座が増え、12講座で実施します。

今後も、本協議会として何ができるのかについて協議を重ね、「親まなびフォーラム」など学習機会の場に反映させていきます。

PTA活動や学校教育活動等に是非、御活用ください。

 平成28年度出前講座チラシ

 

親育ネットおとくに協議会の開催

第6回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました!
 
 2月26日(金)、第2回親まなびミニフォーラム終了後に、「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

6回目となる今回は、今年度最終の協議会となったことから、1年間の活動について総括するとともに、来年度の方向性について協議しました

来年度は、「親育ネットおとくに」協議会発足10年という節目の年に当たります。これまでにも増して協議会組織団体・委員が連携を深めるとともに、保護者や地域の方々が、子どもを中心とした『つながり』を広げていけるよう活動内容に工夫していくことを確認しました。


 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

第2回「親まなびミニフォーラム」を開催しました!

2月26日(金)乙訓総合庁舎で、第2回「親まなびミニフォーラム」を開催しました。

このフォーラムは、京都府教育委員会及び「親育ネットおとくに」協議会が毎年開催しているものです。

当日は、子育て中の母親など約70名もの皆さんにご参加をいただきました。

 一般社団法人カウンセリングルームBig Smile代表理事の大槻久美子さんを招き、「子どもの見方・捉え方」~子どもの心の声が聞こえていますか~と題したお話をいただきました。

 この中では、カウンセラー・THP心理相談員としてのお立場から、具体的な事例やデータをもとに、子どもの発達段階に応じた、子育てのヒントをたくさんいただきました。

参加者からは、「遅れて現れた反抗期の話は、親として、これから学童期・思春期を迎える子どもの育て方を考える良い機会になりました。」「子どもとの関わり方を改めて理解するとともに、余裕を持つことの大切さを感じました。」「聴くということやストレスの違いについてなど、新たな発見がたくさんありました。」などの感想が寄せられました。参加者には、これからの子育てを考える良い機会になりました。
 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

第2回親まなびミニフォーラムを開催します!

 
 本年度第2回となる『親まなびミニフォーラム』では、乙訓地域の保護司であり、一般社団法人カウンセリングルームBig Smile
代表理事の大槻久美子 氏をお招きして、「子どもの見方・捉え方」~子どもの心の声が聞こえていますか~と題したご講演をいただきます。

 入場は無料です。保育ルームも有りますのでお気軽にご参加ください。

 

    ○ 日 時   平成28年2月26日(金)午後1時30分から

    ○ 場 所   乙訓総合庁舎 1階 第2会議室

      ※詳しくは、こちらをご覧ください。 → 第2回ミニFチラシ.pdf

 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

「乙訓親まなびフォーラム」を開催しました!
    ~地域総がかりの子育てに向け500名が参加!~

11月22日(日)に府立乙訓高等学校で「乙訓親まなびフォーラム」を開催しました。今年のテーマは「子どもは地域のたからもの~目をかけ、声かけ、広げよう!家族の笑顔~」。当日は、天候にも恵まれ、500名近くの参加者がありました。
フォーラムは、「親育ネットおとくに」協議会の西村座長のフォーラム宣言でスタートを切りました。
   
    その後、ファザーリング・ジャパン顧問であり、大阪教育大学教育学部准教授の小﨑恭弘氏から「子育て何歳までつづけます?」~みんなで子育て考えよう~と題したご講演をいただきました。ご自身の保育士としての経験や3人の子育てのエピソードを交え、親の役割は、子どもを自立させること、子育ての最終目標は、子離れ・親離れであることなど分かりやすくお話をいただきました。
  
  講演の後は、生菓子作りや救急法、ヨーガなどの親子体験講座や子どもの生活リズム、青少年問題と家庭のあり方、高校生活についてなど8つの「親まなび講座」に分かれて、それぞれまなびを深めました。
  参加者からは、「講演は、あっという間の1時間だった。帰ったら先ず、娘を抱きしめたいと思った。」「こけても良い、立ち直り方を教えてほしいという言葉に、はっと気付かされた。」「生活リズムの改善に向けて、何か一つ、始めてみようと思う。」「携帯のこと、友人関係のことなど不安なことが解消されて良かった。」などの感想が寄せられました。

 

 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

乙訓親まなびフォーラムを開催します!




 11月22日(日)午後1時から、府立乙訓高等学校で乙訓親まなびフォーラムを開催します。
 今年度の乙訓親まなびフォーラムでは、NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問であり大阪教育大学准教授の小﨑 恭弘(こざき やすひろ)氏をお招きし、「子育て何歳までつづけます?」~みんなで子育て考えよう~と題したご講演をいただきます。
 また、講演の後は、「親まなび講座」で学びを深めていただきます。
 保護者の方が、講演や親まなび講座に参加されている間、子どもたちが過ごす場として「子どもふれあい広場」や未就学児のための保育ルームを用意しています。

どなたでも参加できます。お気軽にご参加ください。

  詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。 → 参加者募集チラシ

 

 
家庭や地域社会の教育力の向上を支援

第4回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました!

 10月15日(木)に府立乙訓高等学校で、第4回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。
 府立乙訓高等学校は、来る11月22日(日)開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」会場です。

  今回の協議会では、講演会場や「親まなび講座」会場等の下見とともに、当日の運営に関わる役割分担や準備物の確認など、フォーラム成功に向け意思統一を図りました。
 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

第3回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました!


 
 9月24日(木)、第1回親まなびミニフォーラム終了後に、第3回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。
 協議会では、1122日(日)開催予定の「乙訓親まなびフォーラム」の運営等について協議・確認しました。
 当日の「親まなび講座」については、参加者にとって有意義な内容になるよう各担当者で話し合いました。




 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

第1回「親まなびミニフォーラム」を開催しました

 9月24日(木)乙訓総合庁舎で、第1回「親まなびミニフォーラム」を開催しました。

 このフォーラムは、京都府教育委員会及び「親育ネットおとくに」協議会の主催により、毎年開催しているものです。

 あいにくの天候とウイークデー開催ではありましたが、約30名の皆さんにお集まりいただきました。

 地元、京都西山短期大学の松阪崇久先生を講師に招き、「動物の育児から、ヒトの子育てを考える!」と題したご講演をいただきました。
松阪先生は、野生のチンパンジーを対象とした調査を続けておられ、今回は、チンパンジーとヒトの子育ての比較を通して、ヒトの子育ての特徴を考えてみようという興味深い内容でした。



 参加者からは、「チンパンジーとヒトの子育ての違いから、今何が必要なのか考える良い機会になった。」、「親も積極的に学習しないといけないことがよく分かった。」、「子どもを育てると同時に、自分も親として育っているのだと思った。」などの感想が寄せられ、日常の子育てを振り返る良い機会となりました。

 

家庭や地域社会の教育力向上を支援

平成27年度
第1回親まなびミニフォーラムを開催します!

 1回親まなびミニフォーラムでは、地元の京都西山短期大学から松阪崇久氏をお招きし、

「動物の育児から、ヒトの子育てを考える!」と題したご講演をいただきます。

 入場は無料です。保育ルームも有りますのでお気軽にご参加ください。

    ○ 日 時   平成27年9月24日(木)午後1時30分から

    ○ 場 所   乙訓総合庁舎 2階 保健所講堂

       ※詳しくは、こちらをご覧ください。 → 第1回親まなびミニフォーラム

 

親育ネットおとくに

2「親育ネットおとくに」協議会開催しました!

 
 
7月24日(木)乙訓総合庁舎で、第2回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

 はじめに、ミニフォーラムの内容について協議をしました。協議会委員による「出前講座」や市町での取組を活用したまなびの提供ができないかということをポイントに、子どもたちを取り巻く環境問題や参加者のニーズにも触れた協議となりました。

 次に、1122日(日)開催予定の『乙訓親まなびフォーラム』の内容や運営について協議をしました。

今年度のテーマは「子どもは地域のたからもの~目をかけ、声かけ、広げよう!家族の笑顔~」に決定しました。

 また、講演の後に実施する「親まなび講座」についても意見交流しました。協議会では今後とも「参加者のニーズに合った、魅力的な講座」が提供できるよう検討を重ねていきます。

今年度の協議会委員による「出前講座」は、新講座が3つ増えて12講座になりました。今後も、本協議会として何ができるのかについて協議を重ね、「親まなびフォーラム」など学習機会の場に反映させていくことを確認しました。

9月24日(木)開催の『第1回親まなびミニフォーラム』についての詳細は、こちらをご覧ください。

 

親育ネットおとくに

「親育ネットおとくに」協議会を開催しました

子どもは地域のたからもの~目をかけ、声かけ!ことばで結ぶ地域の絆~

   
 6
5日(金)乙訓総合庁舎で、平成27年度第1回「親育ネットおとくに」協議会を開催しました。

 この協議会は、「全ての教育の出発点である家庭教育を支援する」という趣旨で平成19年度に発足し、本年度で9年目を迎えています。

 



   


 この日は、座長に西村日出男氏(有識者:元帝塚山大学教授)、副座長に大澤満子氏(乙訓にゆかりのある退職校長の会)を選出し、昨年度の取組の報告、本年度の事業計画、内容について審議しました。
平成27年度「親育ネットおとくに」協議会事業








 その後、グループに分かれて「子育て支援の在り方について」「出前講座」についてなど協議・意見交流しました。

その上で、本協議会として何ができるのか、今後も引き続き協議を重ね「親まなびフォーラム」などの学習機会の場に反映させていくことを確認しました。


 
過去の取組
平成26年度の取組はこちら
平成25年度の取組はこちら
 

質の高い学力の育成

①授業改善及び授業力の向上を支援
②学校の自主的な取組を支援
③「ことばの力」の育成を支援


リーフレット
「小中連携の視点から捉えた学力向上」
 

教員の人材育成

④若手教員の育成を支援
⑤特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援
⑥学校力の向上を支援
 

心身とも健康な子どもの育成

⑦共生できる力の育成を支援
⑧人権教育の推進を支援
⑨健康でたくましく生きる力の育成を支援
 

地域総がかりの子育て