京都府乙訓教育局(所管区域 向日市・長岡京市・大山崎町)OTOKUNI
〒617-0006 京都府向日市上植野町馬立8   TEL (075)933-5130 FAX(075)933-5229
 

特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援

「特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援」

通級指導教室担当者研修会Ⅰを実施しました。

6月26日(水)に乙訓総合庁舎で「通級指導教室担当者研修会Ⅰ」を京都府スーパーサポートセンターと共催で実施しました。管内小中学校、向日が丘支援学校から23名の参加がありました。

京都府ス-パーサポートセンタースタッフの先生方、福知山市特別支援教育アドバイザーの奥村康枝氏をお招きし、「児童生徒のアセスメントと指導~自立活動の基礎的な理解~」「通級指導教室でつけたい力」という内容で講義・演習をしていただきました。通級指導教室における自立活動とその視点をもとにした指導について学ぶとともに、具体的な事例を通して内容を深めました。

受講者からは「アセスメント表から①課題の整理、②指導の仮説、③指導目標、④実際の指導の流れがわかり、学びが多かった。」「通級指導教室における担任の先生と保護者との連携について学ぶことができ、大変参考になった。」などの感想が寄せられました。次回は127日を予定しています。

 

特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援

「特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援」

特別支援教育コーディネーター研修を実施しました。

 

6月24日(月)に乙訓総合庁舎で「特別支援教育コーディネーター研修」を実施しました。管内小中学校から22名の参加がありました。

向日が丘相談・支援センタ-地域支援コーディネーターの中村さや香先生、福田真吾先生をお招きし、「発達障害のある児童生徒への学校での支援」という内容で講義をしていただきました。

講義では、「特別支援教育コーディネーターの役割と発達障害のある児童生徒への特性に応じた具体的な支援」、「関係機関との連携」などについて学びました。その後、「校内委員会の進め方」「特別支援教育コーディネーターとしての業務」についてグループごとに実践交流をする演習を行いました。

受講者からは「学校によってコーディネーターの方々が創意工夫されていることがわかった。」「校内委員会のあり方やコーディネーターの仕事など、改めて学ぶ機会となった。また、支援方法の参考になる文献やHPを紹介してもらった。さっそく実践に活かせればと思う。」などの感想が寄せられました。

 

特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援

「特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援」

通常学級担任のための発達障害理解研修Ⅰを実施しました。

 

6月10日(月)に乙訓総合庁舎で「通常学級担任のための発達障害理解研修Ⅰ」を京都府スーパーサポートセンターと共催で実施しました。この研修は、通常学級で支援が必要な児童生徒に対する具体的な対応・指導方法について学ぶことを目的に今年度は3回シリーズで企画しました。今回は28名の参加がありました。

昨年度に引き続き、桃山学院教育大学 松久 眞実 教授(京都府スーパーサポートセンター府専門家チーム)をお招きし、「支援ニーズの高い子どもたちをつつむ学級づくり~特別支援教育の視点から~」という内容で講義を受けました。

講義では、具体的な事例を交えながら「学級担任としての基本的な姿勢・心がけたいこと」等について学びました。受講者からは「松久先生の実体験を聞くことで身近に感じ、よく理解できた。」「事例を通して子どもの状態を見立てたり、集団での手立てを考えたりすることができた。」などの感想が多く寄せられました。

次回の研修は、1021日(月)に実施する予定です。

 

特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援

「特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援」

特別支援学級担任等研修会を実施しました。

 

6月3日(月)に乙訓総合庁舎で「特別支援学級担任等研修会」を実施しました。特別支援学級担任等17名の参加がありました。

向日が丘相談・支援センタ-地域支援コーディネーターの中村さや香先生、福田真吾先生をお招きし、「自立活動について」という内容で講義をしていただきました。

講義では、「自立活動の内容は、各教科等のようにすべてを取り扱うものではなく、個々の子どもの実態に応じて、必要な項目を選んで取り扱うこと」「『自立活動の時間』の指導だけではなく、図工や体育、音楽などの教科や掃除、給食の準備等の中でも、『自立活動』の視点があること」等、具体例をもとに学びました。

受講者からは「自立活動の内容や具体的な実践例を知ることができて、とても勉強になった。やってみたいと思う実践がたくさんあった。」「今、取り組んでいる自立活動の振り返りができた。やったことのない実践も教えてもらったので、やってみようと思った。」などの感想が寄せられました。

 

特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援


平成31年度教育局事業がスタート!

特別支援教育スタートアップ研修
(インクルーシブ教育研修)を実施しました。

 

 

 4月12日(金)に乙訓総合庁舎で「特別支援教育スタートアップ研修(インクルーシブ教育研修)」を実施しました。

この研修会は、受講対象を小中学校で初めて特別支援学級を担任する先生だけでなく全教職員に拡大し、どの先生も今まで以上に特別支援教育の理解を深めることを目的に実施しています。管内の小中学校から20名の先生が受講されました。

本局の特別支援教育担当指導主事から「障害に応じた学習指導・学校生活について」というテーマで講義を受けました。

講義では①児童生徒を理解する時の大切な視点②具体的な指導方法③学級経営で気をつけたいことなどについて、グループ協議を交えながら学びました。

受講者からは「特別支援学級の担任として、基本的な視点が見えてきた。」、「グループ学習に個別の目標を設定していくということが抜けていたので、その都度意識していきたい。」、「他校の先生と話すことができて、具体的な学級経営のあり方など交流することができた。」などの感想が寄せられました。

乙訓教育局では、今年度も学校現場に対応した特別支援教育研修を計画しています。特別支援教育の推進、インクルーシブ教育システムの構築を支援していきます。

 

家庭や地域社会の教育力向上を支援

令和元年度京都府PTA指導者研修会(乙訓会場)及びいじめ・非行防止フォーラムを開催しました

6月22日(土)に長岡京市立中央公民館で「令和元年度京都府PTA指導者研修会(乙訓会場)及びいじめ・非行防止フォーラム」を開催しました。乙訓管内の公立小中学校PTAの皆さんや教職員など約300名が参加しました。

 

オープニング 京都府立西乙訓高等学校吹奏楽部

吹奏楽部によるアンサンブル演奏で開幕しました。参加者からは「西乙訓高校の素敵な演奏でさわやかな風が吹きました。」、「知っている曲を演奏してもらうと、とても心地よい感じがしました。」などの感想が寄せられました。

 

講演

「いつもの暮らしに“もしも”の備え
        ~親子で話そう防災クッキング~」

きょうと食いく先生 キッズキッチン協会認定インストラクター 
        松尾 美知枝 様

家庭でできる減災策や防災クッキングなど具体的で分かりやすく御講演いただき、今後家庭やPTAで災害時について考える機会を与えていただきました。「防災に対する心がけと知識をもつことで対応できることを改めて学ぶことができたので、実践していきたいです。」、「日頃から気を付けることを学び、工夫すればどんなものでも役に立つことがわかりました。」などの感想がありました。

 

分科会 

研修会の後半は、子どもの安心・安全に関わるテーマにそって、薬物やネットトラブルなどの今日的課題や読書、PTA活動の交流などの講座を分科会形式で開催しました。

  

                             薬物に関する講座
 

 
                          読書に関する講座

 

                   ネットトラブルに関する講座

 

                        PTA活動の交流

 

参加されたPTAの皆さんは意欲的に研修に参加され、学習を深めていただくことができました。

 

 

「ことばの力」の育成を支援

       読書活動推進会議を開催しました
 7月3日(水)に大山崎町立大山崎小学校の図書室で「読書活動推進会議」を開催しました。

 会議には管内公立小中学校の読書活動担当教員が参加し、読書に親しむ子どもを育成していくために、効果的な読書活動の方法について学びました。

大阪成蹊大学教育学部 辻村敬三教授にワークショップと交流協議を交えた御講演をいただきました。新学習指導要領実施に向けて、読書活動の進め方や調べ学習に関わるワークショップの実践を通して、効果的な読書指導について考えることができました。 

 参加者からは、「調べ学習が楽しくなるペアワークや情報カードの作り方を教えていただけたので、授業の中で活用しようと思います。」、「何を意識して読書活動に取り組めがばよいかがわかりました。」などの感想が寄せられました。

 この推進会議での内容を活かし、ぜひ各校で広めていただきたいと思います。

 

学校の自主的な取組を支援

第1回乙訓学力向上対策会議を開催しました。

5月10日(金)乙訓総合庁舎で、第1回乙訓学力向上対策会議を開催しました。会議には管内2市1町教育委員会の担当指導主事と乙訓教育局の指導主事等が出席しました。

今年度も昨年度からの重点、「主体的・対話的で深い学びを実現する授業づくりの推進」を継続することを確認しました。

重点を達成するための具体的な方策として①「授業改善セミナ-の開催」、②「国語科の授業改善」、③「読解力の育成」の3点を共通理解しました。

市町教育委員会の担当指導主事と連携して充実した会議にしていきたいと考えています。

第2回会議は、8月に開催する予定です。