京都府乙訓教育局(所管区域 向日市・長岡京市・大山崎町)OTOKUNI
〒617-0006 京都府向日市上植野町馬立8   TEL (075)933-5130 FAX(075)933-5229
 
人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。

 9月8日(金)に乙訓総合庁舎 第2会議室で第1回人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。管内2市1町教育委員会の社会教育担当者や人権教育指導員などが参加しました。

 この研究協議会は、人権教育に携わっている社会教育指導者をはじめとする関係者の資質向上を目指して毎年開催しているものです。

 

 第1回目の研究協議会では、各市町での人権教育の取組状況について交流をしました。また、人権教育視聴覚教材を活用しインターネットの人権侵害や高齢者、外国人の人権問題について参加型の研究協議を行いました。参加者からは「相手のことを知り、正しく理解することが大切だと思った。」「相手を知るためにはコミュニケーションが大切。しかし、自分から声をかけることは難しいため、地域の中に人の集まるカフェのような場所が必要ではないか。」「初めて声をかける時には難しさを感じるが、関わっていく中で自然に話ができるようになる。継続して関わっていくことが大切だと思う。」などの意見が出されました。使用したDVDは参加者にとって様々な気付きがあり、その気付きを交流することで新たな気付きや学びへとつなげることができました。

 次回は、11月に、穀雨企画室の渡辺毅先生をお迎えして、京都市東山方面へのフィールドワークを通して学ぶ予定をしています。

 
乙訓地域人権教育研修会を開催しました。

 1月31日(火)に、長岡京市中央生涯学習センターで「平成28年度乙訓地域人権教育研修会」を開催しました。管内2市1町教育委員会の社会教育担当者や公立小中学校の教職員などが参加しました。

 この研修会は、人権教育にたずさわっている社会教育担当者等の資質向上を目的に毎年開催しているものです。


 

 講演では、一般財団法人大阪府人権協会・業務執行理事兼事務局長の柴原浩嗣様をお招きし、「私からはじまる部落問題」と題してお話をいただきました。

 クイズや参加者同士の対話を通して学ぶ参加体験型学習により、知識として知るだけでなく、自分と関わりのある問題としてとらえ行動していくことの大切さに気付くことができました。

 参加者からは、「まだまだ知らないことが多いと感じました。さらに学んでいくことが大切だと思いました。」「最初の『認める』というところが印象に残りました。相手を相手として認めるということがいかに大切かがよく分かりました。」「近くの人とコミュニケーションを取りながらの研修は、受け身でなく、自らの問題として意識することができました。」などの感想が寄せられました。

 
第2回人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。


 10
19日(水)に第2回人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。今回は、南丹市立桜が丘中学校を視察させていただき、授業参観や講演から「子どもの人権問題」について学びを深めました。

 

 授業参観では、個別指導や少人数授業など見学し、子どもたちが一生懸命に学ぶ様子に接することができました。(1)見通しを持って学習に取り組めるよう1時間の学習の流れや1年間の取組が掲示されていること。(2)「分かった」「できた」と感じられるよう理解できたかどうか確かめながら学習が進められていること。(3)できたことや頑張ったことを認め、すぐに声をかけること。など、たくさんの工夫や支援が行われていることが分かりました。

 

授業参観終了後、原禰秀幸校長先生から「桜が丘中学校での教育実践」~一人一人を大切にした教育~と題して、ご講演をいただきました。桜が丘中学校は開校から2年目を迎えられています。その中で試行錯誤を繰り返しながら子どもたちが社会人として自立できることを目標に実践を積み重ねられています。特に、子どもたちが学力を身につけることができるよう指導方法や指導体制を工夫されていること。個に応じた指導・支援ができるよう教師間だけでなく、他機関との連携も大切にされていること。など、子どもたち一人一人を大切にした教育を実践されていることが分かりました。

 

 次回は、1月31日(火)に、一般財団法人大阪府人権協会・業務執行理事兼事務局長の柴原浩嗣さんをお招きして、同和問題について学ぶ予定をしています。 

 
人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。

 7月12日(火)に乙訓保健所講堂で第1回人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催しました。管内2市1町教育委員会の社会教育担当者や人権教育指導員などが参加しました。

 この研究協議会は、人権教育に携わっている社会教育指導者をはじめとする関係者の資質向上を目指して毎年開催しているものです。

 

 第1回目の研究協議会では、各市町での人権教育の取組状況について交流をしました。また、人権教育視聴覚教材を活用し「障害のある人の人権問題」について参加型の研究協議を行いました。参加者からは「差別をなくしていくために大切なことはコミュニケーションと相手を思う気持ち、想像する力だと思う。」「無関心を関心へと変えていくことは難しいが、学校などでの教育を通して変化していくのではないか。」などの意見が出されました。使用したDVDは参加者にとって様々な気付きがあり、その気付きを交流することで新たな気付きや学びへとつなげることができました。

 次回は、10月に南丹市立桜が丘中学校の視察し、施設見学、授業参観などを通した交流から学ぶ予定をしています。
 

乙訓地域人権教育指導者研修会を開催

1221日(月)に、乙訓総合庁舎保健所講堂で平成27年度乙訓地域人権教育研修会を開催しました。管内から市町教育委員会の社会教育担当者や教職員などが参加しました。

この研修会は、人権教育に携わっている社会教育指導者等の資質向上を目指して毎年開催しているものです。

 講師には、「NPO法人山科醍醐こどものひろば」理事長の村井琢哉氏をお招きして、「子どもの貧困問題にどう向き合うか」~「子どもと地域」の豊かな発展を願って~と題した御講演をいただきました。

村井理事長の「子どもを真ん中に」を合い言葉にした地域に根ざした体験活動や学習支援、居場所づくり等の活動は、「子どもの困った」の解決を目指されているもので、参加者の課題意識を大きく変えるものとなりました。

参加者からは「今の立場でできることを考えるべきだという言葉が印象に残りました。」「自分にできることは何か、子どもに困ったことはないか、子どもの身近なところにいる私たちだからできることを考えていきたい。」等といった感想が寄せられました。

 
 講演の後には、第3回人権教育(教育局別)行政担当者等研究協議会を開催し、講演の感想や市町での取組状況等について交流しました。


 

お知らせ

平成27年度乙訓地域人権教育研修会を開催します。

本年度は、子どもの貧困問題に焦点をあて「子どもの人権」について考えていきます。

講師として、NPO法人山科醍醐こどものひろば理事長の村井琢哉氏をお迎えし、『子どもの貧困問題にどう向き合うか~「子どもと地域」の豊かな発展を願って~』と題して御講演をいただきます。

○ 日 時  平成271221日(月) 13:3015:00

○ 会 場  乙訓総合庁舎 2階 保健所講堂


詳しくはこちらをご覧ください  案内チラシ


 

 

 

 

乙訓地域人権教育研修会を開催しました

平成26年度乙訓地域人権研修会を開催しました
          ~家庭や地域における人権問題について考える~


 1月22日(木)に乙訓保健所講堂で、『平成26年度乙訓地域人権研修会』を開催しました。この研修会は、乙訓地域に在住の方や、管内の人権教育行政担当者や学校教育関係者などを対象に、開催しているものです。


 講演では、関西大学社会学部の石元清英教授から「新しい視点から見る同和問題」と題したご講演をいただきました。家庭や地域において、「自分との関わり」が見える身近な人権問題に気付くことを通して、ひとごとではなく、自分の問題としての同和問題を考えていく大切さを知ることができました。




 参加者からは、「小・中学校において、一人ひとりを大切にした人権教育が行われることの重要性を知ることができた。」「『misogyny』という相手に対する見下し意識の概念を知り、今後の教育活動での今日的課題への対応に、見通しを持つことができた。」「差別されている地域・人たちを特定する根拠の無さを理解することができた。」などの感想が寄せられました。

 

お知らせ

平成26年度 乙訓地域人権教育研修会を開催します

日時:平成27年1月22日(木)午後2時から同3時35分まで
会場:乙訓総合庁舎内2階 保健所講堂
内容:講演「新しい視点から見る同和問題」
   講師 関西大学社会学部 教授 石元清英 氏

   

  開催要項       チラシ
 
過去の取組
平成25年度以前の取組についてはコチラ
 

質の高い学力の育成

①授業改善及び授業力の向上を支援
②学校の自主的な取組を支援
③「ことばの力」の育成を支援


リーフレット
「小中連携の視点から捉えた学力向上」
 

教員の人材育成

④若手教員の育成を支援
⑤特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援
⑥学校力の向上を支援
 

心身とも健康な子どもの育成

⑦共生できる力の育成を支援
⑧人権教育の推進を支援
⑨健康でたくましく生きる力の育成を支援
 

地域総がかりの子育て