京都府乙訓教育局(所管区域 向日市・長岡京市・大山崎町)OTOKUNI
〒617-0006 京都府向日市上植野町馬立8   TEL (075)933-5130 FAX(075)933-5229
 

学務課

学務課4840

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅲ


~若手教員の育成を支援~

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅲを実施しました。

 

 1024日(火)に乙訓総合庁舎で「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅲを実施しました。

  この研修は、管内公立小中学校の若手教員に初任者研修終了後も継続的な支援を行い、教育実践力の向上を目指すことを目的に実施しているものです。

  今回は、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、「評価のあり方を考えることを通して授業改善を図ること」をねらいとして、本局総括指導主事による講義及びペアワーク等の研修を行いました。

受講者からは、「ねらいを決めることの大切さやゴールに向けて見通しをもって課題を設定していくことの大切さを知ることができた。」、「実際に指導案を作ったため、よく理解することができました。日々の生活の中で、パフォーマンス課題のヒントを見つけていきたいと思いました。」等の感想が寄せられました。

 

本年度の「3年目教員ステップアップ研修」講座は今回の研修をもって終了いたしました。本研修講座の内容も参考にしながら、参加された先生方が今後もさらに充実した教育実践を積み重ねていかれることを期待しています。

 

教職員の働き方改革「トーク会」

教職員の働き方改革「トーク会」を開催します

 

 平成29年9月29日(金)15:3016:30に向日市立西ノ岡中学校において『教職員の働き方改革「トーク会」』を開催します。

 この取組は、新しい時代の教育に向けた「教職員の働き方改革」の実現を目指して、教職員の意識を改革し、保護者や府民の理解を深めるために開催するものです。

 一般の方の傍聴が可能ですので、傍聴を希望される場合は開催日の前日までに当局へ電話又はFAXで申し込んでください。

 なお、定員は5名とし、先着順とします。

 また、受付後は『教職員の働き方改革「トーク会」傍聴要領』を必ず御確認ください。

 

 

 

■『教職員の働き方改革「トーク会」広報資料』←こちらをクリック

■『教職員の働き方改革「トーク会」傍聴要領』←こちらをクリック

 

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅱ


~若手教員の育成を支援~

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅱを実施しました。

 

 8月23日(水)に乙訓総合庁舎で「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅱを実施しました。

  この研修は、管内公立小中学校の若手教員に初任者研修終了後も継続的な支援を行い、教育実践力の向上を目指すことを目的に実施しているものです。

  今回は、新学習指導要領の趣旨や京都府の掲げる質の高い学力について理解し、コミュニケーション能力を重点に授業力等の向上を図ることをねらいとして、本局指導主事による講義及びグループに分かれての事例協議、校種別での模擬授業を行うなど演習を多く取り入れた研修を行いました。


  受講者からは、「児童とのコミュニケーションにおいて、共有・共感することの大切さを再確認できた」「意図することが上手く伝わることで、わかりやすい授業が進めることができるので、日々のコミュニケーションを大事にしたい」等の感想が寄せられました。

  本年度の「3年目教員ステップアップ研修」講座は年3回実施することとしており、次回は10月下旬に実施する予定です。

 

「講師ステップアップ講座」2

~教員として必要な知識や技術を学ぶ~

「講師ステップアップ講座」2 を実施しました。

 

 7月27日(木)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ講座」2を実施しました。

 講座には、管内公立小中学校から約30名の参加がありました。

 教育局担当指導主事からの講義「人権教育を推進するために」では、人権感覚は人権学習の時にだけ必要だというわけではなく、あらゆる教育活動を通じた日常の学校生活の中から始まるということを学びました。



 また、人権感覚チェックリストを用いながらのワークショップや「教師として大切にしなければならないこととは何か」について校種を交えたグループ協議を行い、自らの教育実践について振り返る良い機会となりました。

          

 

 受講者からは、「自らの行動や言動、人権感覚を見直す良い機会となった」「今ある当たり前に疑問を持ち、教師としてのねらいを大切にしていきたい」などの感想が寄せられ、これからの実践へとつながる貴重な学びとなりました。

 次回は12月下旬に実施する予定です。

 

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰ


~若手教員の育成を支援~

「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰを実施しました。

 

 6月26日(月)に乙訓総合庁舎で「3年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰを実施しました。

  この研修は、管内公立小中学校の若手教員に初任者研修終了後も継続的な支援を行い、教育実践力の向上を目指すことを目的に実施しているものです。

  今回は、3年目教員として知っておきたいこと、考えておきたいことについて「特別支援教育の視点を軸にして考えてみる」ということをねらいとして、本局指導主事による講義及びグループに分かれての事例協議、まとめとしてポスターセッションによる交流等の研修を行いました。


  受講者からは、「自分が担任している生徒に当てはまることがたくさんありとても参考になりました」「決めつけて考えてはいけないことや困っている子どもが何に困っているのか、様々な視点で考えることにより良い支援ができることがわかった」等の感想が寄せられました。
 
本年度の「3年目教員ステップアップ研修」講座は年3回実施することとしており、次回は8月下旬に実施する予定です。



 

「2年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰ


~若手教員の育成を支援~


「2年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰを実施しました。

 

 6月19日(月)に乙訓総合庁舎で「2年目教員ステップアップ研修」講座Ⅰを実施しました。

この研修は、管内公立小中学校の若手教員に初任者研修終了後も継続的な支援を行い、教育実践力の向上を目指すことを目的に実施しているものです。

今回は、「学校現場で起こる児童生徒の問題行動や問題事象についての対応力の向上を図る」ことをねらいとして、本局指導主事による講義及びグループに分かれての事例協議による研修を行いました。


   受講者からは、「まさに保護者対応や生徒指導でいろいろと悩んでいたので、今日学んだことを生かせるように頑張りたいと思います」「グループワークを通して改めて組織の大切さを考えさせられた」などの感想が寄せられました。

本年度の「2年目教員ステップアップ研修」講座は年2回実施することとしており、次回は1月中旬に実施する予定です。

 


 

 

「講師ステップアップ講座」1

 ~教員として必要な知識や技術を学ぶ~

 「講師ステップアップ講座」1 を実施しました。

 5月16日(火)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ講座」1を実施しました。

この講座は、教職員として必要な知識や技術を学ぶことを目的として実施しているもので、管内公立小中学校から約50名の参加がありました。

講話「これからの乙訓・京都府の学校を支える皆さんへ」では、学習指導要領を基に「生きる力」を育成するための視点・観点についての話や、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて必要となる学習活動の話がありました。

その中でも特に「指導力の向上のために」の話では、熱心にメモをとる受講者の姿が目立ちました。

講義「服務について」では、「京都府公立学校教職員コンプライアンスハンドブック」や「心がけのススメ」などの資料を用いながら、教職員として知っておかなければならないこと、守るべき義務について学びました。

受講者からは、「教員としての在り方をもう一度見直すことが出来た」「忙しいことに対して課題意識を持つことが大切だと思った」「教育に携わる者としてふさわしい品位と能力を養い、常に良識ある行動を取らなければならないと再認識した」などの感想が寄せられ、これからの実践へとつながる貴重な学びとなりました。

本年度の「講師ステップアップ講座」は年3回実施することとしており、次回は7月下旬に実施する予定です。

 

 

 
平成28年度文部科学大臣優秀教職員表彰

文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞報告に来られました


 3月8日(水)に長岡京市立長岡第九小学校の古市恭子先生が
文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞報告のため鈴木校長先生とともに来局されました。
 古市先生は、教師力養成講座の担当教員として受講者指導にあたられ、また道徳教育推進教師として現任校のみならず、乙訓教育局管内の道徳教育を牽引していただいています。
 今年度は、学年主任として若手教員へ適切なアドバイスを送るなど、人材育成にも尽力されています。
 ご受賞おめでとうございます。
 

「講師ステップアップ講座」3

~教員として必要な知識や技術を学ぶ~

講師ステップアップ講座」3 を実施しました。

 1226日(月)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ講座」3を実施しました。
 管内の公立小中学校から40名を超える参加がありました。
 講座では、教育局の担当指導主事から「児童生徒理解」の視点から「生徒指導」及び「特別支援教育」について講義・演習を受けました。
 「生徒指導」講座では、管内における問題事象の状況を把握することから始まり、いじめの定義や認知など正しく理解し、学校組織として迅速に対応することの重要性について学びました。
 また、事例からその対応手順などについてグループ協議を行いました。
 受講者からは、「生徒指導とは何かあった時の対応ではなく、常日頃からの積み重ねが大切だと感じました」「広いアンテナを持って子どもたちを見ていかないといけないと思った」などの感想が寄せられました。
 「特別支援教育」講座では、時代の変化とともに特別支援教育の充実が求められている背景や課題について学びました。 
  グループ協議ではいくつかのケースを用いて、推測できるつまずきの要因や、具体的な指導方法について考え、受講者それぞれが発表・意見交流を行うことで指導の引き出しを増やすことができました。

 
 受講者からは、「一人一人に合った対応が必要だと改めて理解することができた」「子どもの特性を理解し、その子と関わることが大切だと思いました」などの感想が寄せられました。
 受講者には、今後への実践へとつながる貴重な学びとなりました。

 

 

 

初任者研修


初任者研修「人権研修」「生徒指導」を実施

~教育力の向上と実践的指導力を育成~

 

 8月19日(金)に乙訓総合庁舎で初任者・新規採用者を対象とした「人権教育」「生徒指導」講座を実施しました。

 この講座は府総合教育センターが教育局別に実施しているもので、管内公立小中学校及び府立学校から延べ69名が受講しました。                                                                                       

     
 「人権教育」講座では、人権教育の基本的な考え方や人権問題の重要な柱である同和問題について講義を受けた後に、乙訓教育局担当指導主事から「地域に根ざした人権教育」と題した講義を受けました。

 ここでは、管内の人権教育で大切にしてきたことや、人権感覚を高めるには子どもたちの気持ちを想像しながら、意図した発言や行動をしていくことが大切だと学びました。

 受講者からは「児童生徒一人一人のことを親身になって考え寄り添うことが重要だと感じました」などの感想が寄せられました。

 「生徒指導」講座では、乙訓教育局総括指導主事から「管内における生徒指導上の課題とその克服に向けて」と題した講義を受けました。

 ここでは、問題事象の現状や課題とともに、未然防止と解決への具体的方策について学びました。演習では、いじめ問題に関する事例を用いながらグループごとで協議しました。

 グループで協議し交流することで、様々な角度や視点から物事を考えることの重要性に気づきました。

 
 受講者からは「常にいじめが起こるのではないかという認識を持つことが大切だと感じた」
「生徒指導とは何か事象が起こってから取り組むのではなく、授業や全ての教育活動の中で取り組むことだと学びました」「いじめ問題については家庭や他の教職員と連携をし、学校全体として対応することの大切さを痛感した」などの感想が寄せられました。

 

「講師ステップアップ講座」2


~教員として必要な知識や技術を学ぶ~

 

「講師ステップアップ講座」2 を実施しました。

 

 7月29日(金)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ

講座」2を実施しました。

講座には、管内の公立小中学校から30名を超える参加が
あり
ました。

教育局担当指導主事からの講義「人権教育を推進するた
めに」では、「一人一人を大切
にする教育」を主題に、価
値的・態度的側面や技能的側面など
が人権感覚に深く関わ
っていることや、人権教育は日常の学校生活のあらゆる教育活動を通じて始まるということを学びました。
                
 
また、人権感覚チェックリストを用いながらのワークショップやグループ協議を行いました。
 
ここでは教職員の発言、態度や行動が児童生徒の人権感覚に大きな影響を与えているということに気づき、自らの教育実践について振り返る良い機会となりました。

 


 
 受講者からは「子ども一人一人を大切に思う気持ちの大切さに改めて気づくことができました」「人権学習の時間だけでなく日々生活の中で育てていかなくてはならないのだと思った」「教師の人権感覚を見直す良い機会となった」などの感想が寄せられました。

次回は12月下旬に実施する予定です。

 

新任管理職研修

      新任管理職研修を実施しました
                   ~学校力の向上を支援~

7月4日(月)に乙訓総合庁舎で「平成28年度新任管理職研修」を実施しました。

管内公立小中学校から新任校長、新任教頭が受講しました。

 まず最初に、奥野局長から開講あいさつとして「管理職としての基本姿勢」や「危機管理体制について」などの話がありました。

山田局次長からは「人材育成」や教育改革に係る

「国や京都府の動き」などの講話がありました。

その後は、校長、教頭に分かれての研究協議を行い、

それぞれの職務に対する見識を深めました。

 

「講師ステップアップ講座」1

~教員として必要な知識や技術を学ぶ~


「講師ステップアップ講座」1 を実施しました。


5月16日(月)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ講座」1を実施しました。

この講座は、教職員として必要な知識や技術を学ぶことを目的として実施しているもので、管内公立小中学校から約60名の参加がありました。

講話「乙訓の教育について」では、教育基本法を基に、教師の仕事について、小中学校9年間を意識した教育など具体的な話となりました。

その中で「よい教師とは」の話には、しきりにメモをする受講者の姿が目立ちました。                                                                        



講義「服務について」では、「京都府公立学校教職員コンプライアンスハンドブック」や「心がけのススメ」などの資料を用いながら、教職員として仕事をするに当たって守るべき義務について学びました。


 受講者からは、「乙訓の教育方針など求められていることを確認できた」「児童・生徒一人一人の目標に対して支援すべきだと感じた」「教育公務員として自覚すべきことについて理解できた」などの感想が寄せられ、これからの実践へとつながる貴重な学びとなりました。

本年度の「講師ステップアップ講座」は年3回実施することとしており、次回は7月下旬に実施する予定です。

 

新規採用教職員及び管内転入者等オリエンテーション

新規採用予定教職員及び管内転入者等オリエンテーションを開催しました。

 3月
28日(月)に乙訓保健所講堂で、平成28年度乙訓教育局新規採用予定教職員及び管内転入者等オリエンテーションを開催しました。
 4月から新しく管内公立小中学校の教職員となる
68名が出席しました。
 最初に奥野局長から「若いエネルギーと新しい感覚で管内に新風を巻き起こしてほしい」と挨拶があり、川上総括指導主事から「乙訓の教育について」、大上学務課長から「服務について」の話がありました。
 皆さんには今後の教育実践に期待しています。


 

平成27年度文部科学大臣優秀教職員表彰


 文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞報告に来られました

 この度、長岡京市立長岡第五小学校の國永千里教諭が文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞されました。
 1月25日(月)に鳥居校長先生とともに受賞報告のため来局されました。
  國永先生は、国語科を中心とした授業改善に取り組まれ、児童の学力向上に大きく貢献をされています。今年度は教務主任として学校運営に関わり活躍をされています。
 ご受賞おめでとうございます。
 

講師研修会

~児童生徒理解を深める~
 「講師ステップアップ」講座2を実施しました。

 12月24日(木)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ」講座2を実施しました。この講座は、管内小中学校の講師等を対象として実施しているもので約40名が参加しました。当日は、「児童生徒理解」を主題に「生徒指導」と「特別支援教育」の視点から選択講座を実施しました。

 「生徒指導」では、「生徒指導って何?」という問いから始まり、京都府教育委員会等が発行している資料をもとにした講義を受けた後、1つの事例から対応手順等についてグループ協議しました。




  「特別支援教育」では、「発達障害」  の定義の他、「障害理解」とともに「特性理解」の大切さについて学びました。また、「自分の実践」を6つの視点から振り返るポイントについても学びました。

 実践交流・研究協議では、受講者自身が考える「教員として学びたいこと。身につけたいこと。」を交流し、それぞれの経験から成功談や失敗談など活発な実践交流となりました。また、この実践交流からは今後どのような実践をしていきたいかについて考えることもできました。
 受講者からは、「子どもたちを理解するためには、アンテナをしっかりと張り、子どもたちへの声かけをしていきたいと思いました。」「どのような教育実践をされているのか交流・共有できたことは、新たな知識や自分の実践の確認にもなりました。とてもよい刺激となりました。」「今困っていることについて、自分が考えていた視点とは違った視点やアドバイスをいただいた。早速実践してみたい。」などの感想が寄せられました。
 受講者には、3学期の実践へとつながる貴重な学びとなりました。

 

初任者研修

情熱“HEART”ある教職員に育てる~
 初任者研修「人権教育」・「生徒指導」講座を実施しました。

 8月17日(月)に乙訓総合庁舎で初任者・新規採用者研修共通「人権教育」講座及び初任者研修「生徒指導」講座を実施しました。
 午前中の「人権教育」講座では、総合教育センター職員から「京都府の人権教育」、乙訓教育局担当指導主事から「地域に根ざした人権教育」について講義を受けました。教育局管内の人権教育で大切にしてきたことや校種間連携等の重要性について、更には人権感覚を高めるためには「気付き」や「想像力」が必要であることについて学びました。受講者からは、「教師一人ひとりの人権感覚を高める必要がある。」「自分自身の言動を改めて見直す機会となった。」「これからは多角的に物事を捉えていきたい。」などの感想が寄せられました。
 午後からの「生徒指導」講座では、乙訓教育局担当指導主事から「管内における生徒指導上の課題とその対応について」の講義を受け、問題事象の現状と課題とともに、生徒指導の在り方について学びました。
 また、向日町警察署生活安全課少年係長の齋藤均警部補を講師にお招きし「子どもたちを取り巻くサイバー犯罪の現状と対策」として、向日町警察署管内における非行少年等の検挙・補導状況についてお話を聞きました。この中では、少年非行問題を解決するための方策、特に近年増加しているインターネットトラブルとしてスマートフォンに関わるトラブルから子どもたちを守るための方策について学びました。
 受講者からは「子どもたちのスマートフォンの普及率の高さやネット犯罪等への被害等を知り想像以上の現状に驚いた。」「スマートフォンの正しい利用方法はもちろんのこと、家庭と連携して子どもたちを守ることの重要性を学んだ。」などの感想が寄せられました。

 1日を通じての研修はハードなものでしたが、2学期からの実践へとつながる確かな学びとなりました。
 

新任管理職研修

新任管理職研修を実施しました。
~学校力の向上を支援~

 7月2日(木)に乙訓総合庁舎で「平成27年度新任管理職研修」を実施しました。
 管内公立小中学校から新任校長2名、新任教頭3名が受講しました。
 まず最初に、局長から「管理職としての基本姿勢」などの話があり、局次長からは「人材育成」や「国や京都府の動き」など講話がありました。
 その後は、校長、教頭に分かれての研究協議があり、局長との個別面談で終了しました。

 

「講師ステップアップ」講座1

「講師ステップアップ」講座1を実施しました。
 ~教師力向上「若手教員育成プログラム」による支援をスタート~


 5月14日(木)に乙訓総合庁舎で「講師ステップアップ」講座1を実施しました。
この講座は、教師力向上「若手育成プログラム」の一環として実施しているもので、40名を超える参加がありました。講話「教師としてのスタートに当たって」では、教育基本法を基に、教師の仕事について、講師経験を交えた具体的な内容となりました。「よい教師とは」の話には、しきりにメモする受講者の姿が目立ちました。
 講義「服務について」では、「京都府公立学校教職員コンプライアンスハンドブック」や「心がけのススメ」等の資料を用いながら、教職員として仕事をするに当たって守るべき義務等について学びました。受講者からは、「どのような教師を目指すのか改めて考えることができた。」「現在困っていることについて話をして下さったので意欲がわきました。」「服務について、今一度自分の言動を振り返る良い機会となりました。」「自分の言動を今まで以上に意識する必要があることを感じました。」などの感想が寄せられました。
 
受講者にとっては、これからの実践へとつながる貴重な学びとなりました。
 次回の「講師ステップアップ」講座2は12月に実施する予定です。


 

平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰

 

平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰
受賞者が報告のため来局されました

 向日市立勝山中学校 今井孝弘教諭が、平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞され、その報告のため、中條校長先生とともに来局されました。 
 この表彰は、学校教育における教育実践等に顕著な成果を上げた教職員について、その功績を表彰するとともに広く周知し、併せて教職員の意欲及び資質能力の向上に資することを目的とされています。
 今井教諭におかれましては、進路指導、英語科教育等において、特に顕著な成果を上げられ今回の受賞が決定しました。


勝山中学校 中條校長先生 今井教諭     奥野局長

※平成26年度文部科学大臣優秀教職員表彰については、こちらからご覧ください。


 

講師ステップアップ講座2

       ~教員としての知識や技術を学ぶ~
         教師力の向上「若手育成プログラム」
         「講師ステップアップ」講座2 を開催しました。

12月25日(木)に乙訓総合庁舎で臨時的任用職員を対象とした「講師ステップアップ」講座2を開催しました。
 この講座は、教師力の向上「若手育成プログラム」の一環として開催しているもので、年末の忙しい時期ではありましたが、50名を超える参加がありました。
 講座では、3つの講義と実践交流・研究協議を行いました。
講義「生徒指導について」では、中学生へのアンケート結果からうかがえる目指す教師像をもとに生徒指導の在り方について学びました。
講義「人権教育について」では、「人権感覚」を持つことによって、目の前にいる児童生徒に対する理解や見方が変わることについて学びました。
講義「道徳教育について」では、教科化に向けて「道徳の時間」とは何かから始まり、基本的な考え方について学び、読み物資料を用いた模擬授業を行っての資料分析や授業の進め方など実践的な講義となりました。
実践交流・研究協議では、これまでの実践の中で学んだこと、気づいたことや今後学びたいこと等について交流し、自らの教育実践を振り返りました。
受講者からは、「講師の実体験を交えた具体的な話でわかりやすかった。」「現在関わっている子どもや保護者の思いを考えるきっかけとなった。」「授業の進め方がわかり今日の学びを実践に役立てたい。」「いろいろな先生の体験談を聞くことができ、共感できることや今後に生かせることがたくさんあった。」などの感想が寄せられました。受講者には、3学期の実践へとつながる貴重な学びとなりました。


 

初任者研修

                   期待に応える教職員を目指して


 初任者・新規採用者共通「人権教育」講座及び
初任者研修「生徒指導」講座を開催しました。
                    
 8月18日(月)に乙訓総合庁舎で初任者・新規採用者研修共通「人権教育」講座及び初任者研修「生徒指導導」講座を開催しました。
 「人権教育」講座では、総合教育センター職員から「京都府の人権教育」で京都府の人権教育の基本的な考え方について、乙訓教育局担当指導主事から「地域に根ざした人権教育」として、教育局管内の人権教育で大切にしてきたことや校種間連携等の重要性について学びました。受講者からは、「日常的に目にしていることに対して『人権』という視点で意識していなかったことに気づいた。」「指導者が意図していなくても、子どもに伝わってしまうこともあるので、自分自身の人権感覚を磨くことが大切だと感じた。」「児童生徒と接する際の言葉遣いを2学期から意識していきたい。」などの感想が寄せられました。

 「生徒指導」講座では、乙訓教育局指導主事から「管内における生徒指導上の課題」として問題事象の現状と課題等について学びました。具体的な経験談を交えながらの講義や研究協議から「いじめやトラブル等を見抜くことができるのは毎日をともに過ごす教師の役割であることを改めて感じた。」「日々の児童理解を大切にし、子どもの言
動の変化に気をつけたい。」「問題事象から逃げず、生徒のことを考え、しっかり見守ることを意識していきたい。」など活発な意見が出ていました。
 
 残暑厳しい中、1日を通じての研修は、2学期の実践へとつながる貴重な学びとなりました。



 

 


 

講師ステップアップ講座1

 教師力向上「若手育成プログラム」         
「講師ステップアップ」講座を開催しました。
 
 乙訓教育局では管内小中学校の常勤講師及び非常勤講師を対象に、「教職員としての必要な知識や技術を学ぶことにより資質能力の向上を図る」ことを目的とした研修会を実施しています。
 6月4日(水)に乙訓総合庁舎保健所講堂で開催した「講師ステップアップ」講座1には、乙訓教育局管内の小中学校から70名近くの受講者が集まりました。
 第一部では『「教師としてのスタート」にあたって』と題して、教育局の総括指導主事が「教えることのプロ」としての意識の持ち方や、教材研究の在り方などについて講話を行いました。
 第二部は「服務」についての研修で、具体的な事例に基づき教育公務員として必要な知識を学びました。
  受講者からは、「これからの授業のヒントが見つかったので是非試してみたい。」「教材研究がまだまだ甘く、子どもたちをわくわくさせられていないな、と反省しました。」「教員の信用失墜行為などの新聞記
事を通して、改めて責任の重さを自覚するこ
とができた。」などの感想が寄せられました。
 

質の高い学力の育成

①授業改善及び授業力の向上を支援
②学校の自主的な取組を支援
③「ことばの力」の育成を支援


リーフレット
「小中連携の視点から捉えた学力向上」
 

教員の人材育成

④若手教員の育成を支援
⑤特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援
⑥学校力の向上を支援
 

心身とも健康な子どもの育成

⑦共生できる力の育成を支援
⑧人権教育の推進を支援
⑨健康でたくましく生きる力の育成を支援
 

地域総がかりの子育て