京都府乙訓教育局(所管区域 向日市・長岡京市・大山崎町)OTOKUNI
〒617-0006 京都府向日市上植野町馬立8   TEL (075)933-5130 FAX(075)933-5229
 

京のまなび教室

 事業紹介
 放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用して、子どもたちの安全・安心な居場所を設け、地域の方々の参画を得て、子どもたちとともに勉強やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取組を実施しています。

事業の特徴としては、
 「小学校で」・・・学校という安全な場所で実施しています。
 「放課後などに」・・・茶道や将棋など、学校の授業では体験できないことを、子どもたちが学習できます。
 「地域の方々が運営」・・・運営の主体は地域の方々です!!子どもたちは地域の様々な年代の方と交流できます。

  ☆管内では、すべての小学校区で実施されています。


 
 

地域社会の教育力の向上を支援

令和元年度 教育局別「子どものための地域連携事業」指導者研修会を開催しました!

令和元年12月5日(木)、乙訓総合庁舎第2会議室で教育局別「子どものための地域連携事業」指導者等研修会を開催しました。

 研修会には、管内の「子どものための地域連携事業」に携わっていただいているコーディネーター等の指導者の方々、市町教育委員会の担当者、学校関係者など20名が参加されました。

 講演では、関西外国語大学教授、人権教育思想研究所長の明石一朗様に、「子どもの心とつながる教育をめざして~子どもの見方、接し方~」と題してお話しいただきました。ユーモアあふれるわかりやすいお話に引き込まれ、あっという間の80分でした。

 その後、グループに分かれ「学校・家庭・地域の連携・協働について~効果と課題~」をテーマに交流協議を行いました。                     
 
 参加者からは、
語りに引き込まれました。子どもに本当の意味で寄り添うことについて考える機会となりました。その子の抱えている生活背景にも目を向けられる自分でありたいです。」、
教員の先輩として、教師としての心構えを教えていただきました。教員にも大勢聴いてもらいたい内容でした。」、
1時間以上の講演でしたが、今までにない講演で引き込まれました。これからの子どもたちへの教育に参考になりました。」
等の感想をいただきました。

 今後も、乙訓地域の子どもたちの健やかな成長のため、地域学校協働活動の推進を支援していきます。



 

地域学校協働活動を支援

 平成30年度「子どものための地域連携事業」指導者等研修会を開催しました。
 平成30年7月26
日(木)に長岡京市中央生涯学習センターで教育局別「子どものための地域連携事業」指導者等研修会を開催しました。

 研修会には管内の「子どものための地域連携事業」に携わっていただいているコーディネーター等の指導者の方々、市町教育委員会の担当者、学校関係者が参加しました。

 研修会では「プログラミング教室」、「防災」の2つの体験を選択して研修しました。

「プログラミング教室」では、NPO法人 CreativeAdventure 安藤実紀子様、プログラミングクラブネットワーク京都南 蘆田昇様にお世話になりました。プログラミング専用パソコンを使い、LEDの点灯・消灯から信号機の点灯、オリジナルゲームづくりまで徐々にレベルアップしながら体験することができました。

「防災」の体験研修では、日本ボーイスカウト京都連盟の中川久徳様にお世話になり、三角巾の使い方、毛布での担架づくり、ロープワーク等、日常生活や災害時に役立つ知恵や方法を学ぶことができました。

参加者からは、「体験をするなかで、指導者としてもわくわく感があったので、子どもたちにもぜひ体験させたいです。」「実際に体験することで、今後の参考になりました。」等の感想をいだだきました。

今後も、乙訓地域の子どもたちの健やかな成長のため地域学校協働活動の推進を支援していきます。

 

家庭や地域社会の教育力の向上を支援

平成29年度第3回「子どものための地域連携事業」指導者等研修会を開催しました。

 平成30年2月1日(木)に長岡京市立中央公民館で、第3回「子どものための地域連携事業」指導者等研修会を開催しました。管内から多数の関係の皆さんに参加をいただきました。

 乙訓地域では、「学校支援地域本部事業」や「京のまなび教室」など社会総がかりで子どもを育む様々な事業に取り組んでいただいています。これからさらに取組を進めていくにあたって、「地域と学校がどのように連携していけばいいのか」「地域学校協働活動とは何か」など明らかにすべき課題が多くあります。そこで、今回、地域の方、学校の先生が一堂に会して地域学校協働活動を学ぶ研修会を計画しました。

 

 第3回目となる今回は、国立教育政策研究所生涯学習政策研究部総括研究官 志々田まなみ様に「地域学校協働活動への展開にむけた課題」と題してご講演いただきました。

変化の激しい社会を生き抜いていく子どもたちを育てていくためには、学校だけでなく社会のあらゆる大人がみんなで子育てについて考えていくことが必要であることや学校と地域が連携・協働していくためには信頼できるチーム作りが重要であることなど具体的な例を挙げて分かりやすくお話いただき、参加者同士の意見交流を通して理解を深めました。

 

参加者からは「地域学校協働活動について具体的なイメージを持つことができました。」「社会教育を通じて、学校・家庭・地域が協働で子どもたちを育てる環境が今後ますます重要になってくると思いました。」などの感想が寄せられました。

 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

令和2年度

◆「乙訓の教育」

◆ 表紙
◆ 乙訓教育局の事業
◆ 管内の概要・行事予定一覧

◆重点事項
*質の高い学力の育成
*教員の人材育成
*心身とも健康な子どもの育成
*地域総がかりの子育て
 

質の高い学力の育成

①授業改善及び授業力の向上を支援
②学校の自主的な取組を支援
③「ことばの力」の育成を支援

リーフレット

平成30年度版
「すべての児童生徒の学力向上を目指して」.
 

教員の人材育成

④若手教員の育成を支援
⑤特別支援教育の推進・インクルーシブ教育システムの構築を支援
⑥学校力の向上を支援
 

心身とも健康な子どもの育成

⑦共生できる力の育成を支援
⑧人権教育の推進を支援
⑨健康でたくましく生きる力の育成を支援
 

地域総がかりの子育て