新体操部

部員数:2人

活動日:週6回 原則土休み

経費:部費 なし

   ユニフォーム代 各自準備

   用具代 各自準備

   遠征費 各自準備

実績:R1全国高等学校体育大会 女子個人総合4位 種目別2位

   京都府高等学校新体操選手権大会 優勝


乙訓高校新体操部は、長岡京市にあるクラブチーム「みやび新体操クラブ」に所属し、西山体育館を拠点として大会に向けて練習に励んでいます。

※一般生徒は入部できません。

近畿大会

日時:令和3年6月12日(土)

場所:和歌山県民体育館


近畿大会は各府県の予選上位6名に出場権が与えられます。

総勢36名の出場者が「フープ」「リボン」の2種目での得点を競いました。


本校からは3名の生徒が近畿大会に駒を進め、

干場 知優里(3年)が14位、

川﨑 早菜(1年)が18位、

堀川 紅葉(1年)が27位の成績を収めました。

kinki.pngkinki2.png

無観客での実施となった今大会は、演技の前後に他の選手を拍手で応援することすら叶いませんでしたが、

1日でも早く以前のような形で大会が開催できるよう、感染対策に協力していきたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。

春季大会(インターハイ予選)

日時:令和3年6月4日(金)

場所:向日市民体育館


【女子個人総合】

干場 知優里(3年) 優勝!  (種目別:フープ1位、リボン2位)

川﨑 早菜(1年)  第2位! (種目別:フープ2位、リボン1位)

堀川 紅葉(1年)  第4位! (種目別:フープ3位、リボン4位)

無題 (2).png


この大会の結果を受け、週末に和歌山県で行われる

近畿大会に3名揃って出場することが決まりました!

また、優勝した干場さんはインターハイへの出場権を獲得しました!


応援よろしくお願いいたします。

全国高等学校新体操選抜大会

日時:令和3年3月25日(木)

場所:北海きたえ~る(北海道立総合体育センター)


インターハイなどの大きな大会が軒並み中止となった令和2年度。

無観客ではありましたが、令和2年度の最後に選抜大会を開催していただくことができました。


本校からは、11月の京都府新人大会を1位で勝ち抜いた2年の干場 知優里が出場し、

「フープ」「ボール」「クラブ」「リボン」の4種目の演技を行いました。

1年生の時にも出場権を獲得していながら、中止となってしまった選抜大会。

彼女にとっては今回が高校生になってから初となる全国の舞台でした。

無題.png

1日に4種目をこなすのは気力・体力ともに端から見ていても至難の業のように思いましたが、

無観客の中での試合運び、前半・後半での気持ちの切り替えや集中の仕方など、

この経験を通してしか感じることのできない何かもあったのではないでしょうか。


4月からは3年生となり、インターハイ出場の最後のチャンスを迎えます。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

京都府高等学校新体操新人選手権大会2020

日時:118日(日)、

場所:向日市民体育館


2年 干場 知優里 個人総合 優勝!

         種目別フープ/リボンの部 優勝!


干場さんは、3月に実施予定の「全国高校選抜大会」への出場権を獲得しています。

昨年度は出場権を獲得しながらも、実施がかなわなかった全国大会。まだまだ全国的に厳しい状況が続く中ですが、今年度こそ、開催されることを祈りたいと思います。


 また、この日は8月に行われた「秋季大会」の特別表彰が行われ、3年の小西 野乃花が「文部科学大臣賞」を、   2年の干場 知優里が「スポーツ庁長官特別賞」を受賞しました。

11.7.png

表彰式では、プロの書士によって書かれた立派な賞状が贈られました。

文化祭 有志発表

令和2910()、乙訓高校文化祭で小西 野乃花(3年)・干場知優里(2年)の2名が有志発表に参加しました。

チーム名は「ELEGANTEENs」。

RADWINPSの「正解」の曲にのせ、約6分の演技を披露しました。

 二人が校内で演技を本格的に見せるのは今回が初めて。踊りの途中には新体操の手具「リボン」を使う場面もあり、リボンさばきを初めて見た生徒・教員たちは圧倒されていました。

 美しい動きと曲のメッセージ性とのマッチに、観客から涙が流れる場面もあり、感動の6分間となりました。

9.10.png

IMG_5129.JPGIMG_5166.JPG

有志の「歌・ダンス 部門」で見事優勝しました!!

京都府民総合体育大会・京都府高等学校新体操秋季大会

日時:令和2810

場所:向日市民体育館


3年 小西 野乃花 優勝!(個人総合:34.350点)

2年 干場 知優里 2位!(個人総合;25.750点) 

IMG_2716 2.jpg

昨年度末の3月に、神戸で行われるはずだった全国選抜大会の中止が決まり、続いて決まった5月のユース大会の延期、さらにはインターハイ、府予選、近畿大会の中止決定は、今年度高校生活をしめくくる選手達にとって絶望以外のなにものでもなかったことと思います。

練習もままならず、何をモチベーションにしていいかもわからない、そんな状況が続いていましたが、協会関係者の尽力のもと、8月にやっとのことで開催されたのがこの府民総体でした。

徹底した密の回避、声援の禁止、来場関係者の体調チェック、演技の合間の換気など、新しい生活様式を意識した大会運営がなされ、無事にすべての選手が演技を終えることができました。

3年生の保護者以外無観客試合となり、新体操の試合では当たり前の光景であった試合前の大声でのエールもない静かな大会でしたが、新しい緊張感の中でもそれぞれが演技できることの喜びを感じていたように思います。

新体操部 新人選手権大会

令和元年11月3日(日)、向日市民体育館において京都府新体操新人選手権大会
開催されました。
京都府での高体連主催の大会としては今年度ラストとなる新人戦は、
3年生が引退し、1,2年生のみの出場となるシーズン初めの大会でもあります。
夏までは「ボール」「クラブ」の2種目でしたが、種目が1つ入れ替わり、
「クラブ」と「リボン」で競技が行われました。

結果・・・
小西 野乃花                干場 知優里
クラブ 17.800 優勝!     クラブ 14.250 第2位!
リボン 18.000 優勝!     リボン 13.000 第2位!
個人総合 35.800優勝!      個人総合 27.250第2位!

上記の成績を残しました!!
なお、今大会は3月に神戸で行われる「全国高等学校選抜大会」の京都府予選会も
兼ねた大会となっていました。
京都府からの出場枠は、インターハイ上位入賞ですでに個人出場資格を獲得している小西さん+1枠。(この枠は6月の近畿大会で1位を獲得した都道府県に割り振られます。)

今大会で干場さんが小西さんに次ぐ2位を獲得したことにより、
2名そろって全国高校選抜大会へ出場が決定致しました!!

干場さんは初出場、小西さんは昨年に引き続き2度目となる全国選抜です。
(選抜は3年生は出場できないため、小西さんにとっては最後の選抜でもあります)

1日に「フープ」「ボール」「クラブ」「リボン」4種目すべて行うという
ハードな大会ですが、それぞれに納得のいく演技ができるよう全力で応援したいと思います。

今年の選抜は3月19日(個人競技)、20日(団体競技)の2日間、
兵庫県のグリーンアリーナ神戸にて開催されます。
トップレベルの選手達の演技を近畿で見られる機会ですので、ぜひ足をお運びください。
今後も応援よろしくお願いします!

京都府民総体

令和元年度8月12日(月)、向日市民体育館で京都府民総合体育大会 新体選手権大会が行われ、
高校1年生の部干場 知優里が、2年生の部小西 野乃花が、
3年生の部植田 あゆ美がそれぞれ個人総合優勝に輝きました!!


インターハイも終わり、他競技では次の年度に向けて新体制がスタートする時期。
この大会をもって、新体操部を卒部し、競技を引退する生徒がいました。
高校3年間の部活動は、生徒達にとって様々な思いがつまったもの。
それゆえに、「引退」という場面に出会うと全く関係のない人でさえ涙腺が緩んでしまいます。
それが、3年間ではなく小さい頃から10年以上も続けてきた競技の引退となると
感慨もひとしおです。

ひとつの演技時間は90秒。これが最後、という余韻に浸るにはあまりに短く
演技中も、選手が手具を投げ上げる瞬間には、思わず「頑張れ!」と言いたくなる緊張が次々と押し寄せ、90秒などあっという間。
だからこそ、演技が終わった時、観客は良い演技だったよ という意味を込めてか
「よーーし!!」と叫び、選手をねぎらう。
そんな、言わば"一連の流れ"を、これまで大会の度に目にしてきました。

この日、植田さんが、新体操競技生活上最後となるボールの演技を終えた時、
いつも声をかけているチームの人たちからの声かけが変わりました。
みんなでそろって、今まで以上に大きな声で、

「お疲れ様ーーーーーーーー!!」「よーーし!!」

目前の演技だけでなく、これまでの植田さんの新体操の活動に対する最大のねぎらいでした。
なんてあたたかい世界なんだろうと、その様子を後ろからみていて、涙がこみあげてきました。

最後の大会を優勝で終えることができた、それはもちろん素晴らしいことですが、
何よりも、演技が始まるときに「勝とう」という意識ではなく、
最後の演技を心から「楽しもう」としているかのように見える、
晴れやかな笑顔で最初のポーズをとる植田さんの姿が印象的でした。

全国の3年生が、勝っても負けてもこれで終わり、という瞬間を経験していることでしょう。
頑張ってきた生徒達に、あたたかい応援と労いの言葉がかけられますように。
卒部おめでとう!これまでお疲れ様でした!!!
部活動の中での学びを、今後、あらゆる場面で発揮してくれることを願います。
応援ありがとうございました。

インターハイ2019@鹿児島アリーナ

令和元年8月6日(火)、全国高等学校総合体育大会 新体操選手権大会が幕を開けた。
令和初となる今年のインターハイは、南九州地方で開催されており、
新体操競技の会場は鹿児島県の「鹿児島アリーナ」。
本校からは昨年に引き続き、小西 野乃花さんが京都府代表として出場しました。


大会の1週間前、どうやら競技日に台風がぶつかる可能性があることがわかりました。
現地入りしてから予報を見ても、ピンポイントで競技の日に南九州地方に上陸する予定とのこと。
このまま開会式だけで終わってしまうなんてことは・・・と不安がる関係者でしたが、
競技開始を2時間遅らせることが発表され、現地の実行委員会の方々の努力があり、
無事に競技を開始することができました。
心配していたお天気も、夜中の台風が嘘のように晴れ渡りました。

試技順は全12グループ48人のうち、第3グループ11番目。
2時間開始が遅れた結果、お昼すぎの本番となりました。
新体操競技は、選手の名前がコールされ、選手がスタート位置に着くまでの間に
観客から応援の声がかけられます。
「◯◯(選手の名前)ーーー!!がんばーーーーー!!」
多くは同じ学校や、同じ都道府県の選手が声をあげますが、
そのあと口々に「ファイト―!!」などの声が会場中から聞こえてきます。
観客席にいて、その声の多さに小西さんが大勢の人から応援されているのだと感じました。

音楽にさほど興味がなくても、一度は聞いたことがあるという人も多いのではないかと思う
「カルミナ・ブラーナ」の有名な冒頭が流れ、会場の視線がフロアに集まりました。
ボールは昨年度のインターハイと同じ曲ですが、素人の私が見ても、
「こんな技、1年前はなかった・・・!!」と驚くものばかり。
惜しくもミスが出てしまったものの、ボール、クラブと演技を終え、この段階でトップに。
試合前の緊張感からは解放されても、まだ37名も控えており、ある意味終わってからの方が
緊張するのではないか、とドキドキしながら後の全選手の演技をみつめました。

結果は、
  種目別〈ボール〉16.300 2位!
  種目別〈クラブ〉15.250 3位!
  個人総合で4位入賞!!
わずか「0.3」点の差で、個人総合では惜しくも表彰台を逃しはしましたが、全部門で入賞!!
本人としては点数的にも、内容的にもただただ悔しい大会となったかもしれません。
月並みではありますが、その悔しい気持ちをバネに、今後も挑み続ける姿を期待したいです。

インターハイ後も、落ち着く暇などなく5日後に府民総体、その4日後にはクラブ選手権と、
10日間に3種類の大会という日程を駆け抜けました。お疲れ様でした!!

また、今大会には、音楽係として1年生の干場さんが帯同しました。
ただ音楽をかけるだけと侮る勿れ、その役割は「マネージャー」もしくは「秘書」のようなもの。
干場さん自身も5日後に大会を控え、インターハイ期間中は全く練習ができない中で、
小西さんに付き添い、役目を全うしてくれました。

今後も、どうぞ応援をよろしくお願い致します。
*「インハイTV」では、全選手の演技が配信されており、PCやスマホからも観ることができます*

近畿高等学校新体操選手権大会

令和元年6月8日(土)、兵庫県姫路市のウインク体育館にて
近畿高等学校新体操選手権大会が行われ、本校から京都府代表として
干場 知優里、小西 野乃花、植田 あゆ美の3名が出場しました。

インターハイ予選からわずか一週間での近畿大会。
「2週連続って大変だね」と言ってしまいそうになりますが、
高体連以外の大会も含めると、実に4週連続大会出場という日程を、彼女たちは駆け抜けました。
常に前を見据えながらの日々だったのではないでしょうか。

各府県から6名ずつ、予選を勝ち抜いた選手が集まる近畿大会。
先週うまくいったから、直前練習でうまくいったからといって、本番で成功するとは限らない。
それはどの競技でも言えることですが、どんな選手でも「絶対」はないのか...という
試合展開に一喜一憂する会場でした。


結果、小西さんが2年連続 個人総合 優勝の成績を収めました!
種目別選手権 ボール:1位!
 
3人とも、おつかれさまでした!!

下記ページの近畿大会レポートに、小西さんのことが掲載されています。
大混戦だった試合経過を、わかりやすく紹介してくださっています。
ぜひご覧ください。
→http://gymlove.net/rgl/topics/report/2019/06/08/2019-39/
(新体操のWebマガジン Rhythmic Gymnastic Loversより)

怒涛の試合シーズンが落ち着くと次は8月。京都府民総体インターハイが控えます。

今後とも、ご声援よろしくお願いいたします。

京都府高校春季新体操選手権大会

令和元年6月2日(日)、向日市民体育館にて
京都府高等学校春季新体操選手権大会が行われ、本校から
1年 干場 知優里、2年 小西 野乃花、3年 植田 あゆ美の3名が出場しました。

なお、今回の大会は、近畿大会及びインターハイの予選を兼ねており、
上位6名に近畿大会の、優勝者にはインターハイの出場権が与えられます。

□ 結果 □
優勝! 小西 野乃花      第2位! 干場 知優里  第3位! 植田 あゆ美
    ボール 18.400 ボール 14.000   ボール 11.750
    クラブ 18.750 クラブ 13.500   クラブ 12.250

 

と、出場した3名で1,2,3フィニッシュを飾りました!この結果を受け、今週末、姫路で開催される
近畿大会に、植田さん・小西さん・干場さん3名の出場が決定致しました!


また、優勝した小西さんは 昨年に引き続き、2年連続でインターハイに出場します!
今年のインターハイは鹿児島県で開催。

より大きな舞台で活躍する彼女たちを、どうぞご期待ください!
今後とも応援よろしくお願いします。

高校総体 新体操の部

令和元年5月19日(日)、向日市民体育館にて
京都府高等学校総合体育大会 新体操の部が開催されました。
本校からは、1年干場 知優里 、2年小西 野乃花、3年植田 あゆ美の3名が出場。

◯結果◯
第1学年の部           第2学年の部
干場 知優里           小西 野乃花 
【個人総合】 25.000 優勝!   【個人総合】 36.450 優勝!
【種目別選手権】        【種目別選手権】
ボール 12.500 第1位!       ボール 18.750 第1位!
クラブ 12.500 第1位!       クラブ 17.700 第1位!
  
第3学年の部
植田 あゆ美 
【個人総合】 26.650 優勝!
【種目別選手権】
ボール 13.200 第1位!
クラブ 13.450 第1位!

各学年に1人ずつ選手が集まり、一段と華やかになりました。
2週間後にはインターハイ予選が開催されます。
今後とも応援よろしくお願い致します。

全国高等学校新体操選抜大会

全国高等学校新体操選抜大会
平成31年3月22日(金)、鳥取県で全国高校選抜大会が行われ、
本校新体操部から 小西 野乃花・植田 あゆ美 の2名が出場しました。

鳥取大砂丘のほど近くにあるコカ・コーラ ボトラーズ ジャパンスポーツパーク。
世界大会のキャンプ地としても使われる陸上競技場や、テニスコート、弓道場などを備える
広大なスポーツ施設の中に、新体操の会場となる県民体育館がありました。
雨の京都を出発し、現地入りすると気温はなんと23度!!
鳥取砂丘でも砂けむりが舞うほどの強風に歓迎されました。(実は春一番だったそう。)

  「1日4種目というのは初めてですが、最後まで集中を切らさず頑張りたい」

大会前、植田さんが話してくれた言葉です。
予選やインターハイなど、高体連主催の大会は通常2種目。
今回の高校選抜は「フープ」「ボール」「クラブ」「リボン」の4種目すべてが行われました。
普段より種目が増える、しかもそれを1日でとなると、植田さんの言葉通り、集中力の持続は
どの選手にとっても大きなポイントとなっていたのではないでしょうか。

競技開始は9:30。植田さんは第2グループ、小西さんは第4グループ。
午前の2種目を終えればお昼休憩とはいかず、そのまま午後2種目の直前練習へ。
アリーナ裏には、自分で競技までの時間を管理しながら集中力を高めていく
選手たちの姿がありました。
全ての演技が終わったのは17:00頃。

結果は、
小西さんが種目別選手権〈リボン〉で優勝!!
全国1位に輝きました!!

聞けば、リボンは会場の湿度によって重さが変化するのだそう...!!
自分のコンディションだけでなく、会場の雰囲気や手具の状態にまで大きく影響される中、
ノーミスで演じきりました。

また、小西さんは個人総合で7位入賞、
種目別〈ボール〉で4位入賞、〈クラブ〉で6位入賞でした。

採点競技である以上、点数と順位に目が行ってしまいますが、数字だけではなく演技を
より多くの方々に観ていただきたいと改めて感じた顧問です。
演技についての反省点は、ストイックな彼女たちにとって恐らく尽きることはないのでしょう。
周りの応援がプレッシャーとなることもあったと思いますが、京都府代表として全国の舞台に立ち、
4種目堂々と演じきった2人に、心から称賛を送ります。おつかれさまでした!


全国で予選を勝ち抜いた選手たちが集った鳥取。来年の高校選抜は兵庫県で行われるそうです。
新年度はじめの大会はもう2ヶ月後に迫ってきました。
美しさと強さを追求し続ける彼女たちに、今後ともご声援をお願いいたします。

京都府新体操新人選手権大会

平成30年11月4日(日)、向日市民体育館にて京都府新体操新人選手権大会が開催されました。

今大会は、高体連主催の大会では新たなシーズンの開幕戦のような位置づけのもので、高校2年生以下が出場します。個人競技の種目も入れ替わり、「ボール」「クラブ」の2種目で競技が行われました。

本校からは2年植田 あゆ美、1年小西 野乃花の2名が出場し、以下の成績を残しました!!
小西 野乃花
【個人総合】36.850 第1位!
【種目別選手権】
  ボール 16.700 第1位!
  クラブ 20.150 第1位!

植田 あゆ美
【個人総合】24.600 第2位!
【種目別選手権】
  ボール 11.900 第2位!
  クラブ 12.700 第2位!


(今回はじめて「クラブ」の演技を観た顧問ですが、手具を使った技のバリエーションの豊富さに圧倒されました。観る度に、新体操という競技の魅力に引き込まれていきます...!)
何より印象的だったのは、種目ごとに全く違った表情、雰囲気で魅せてくれる選手の姿でした。

ふたりとも、本当にお疲れ様でした!!!


また、今大会は3月に鳥取県で行われる高等学校新体操選抜大会の予選会も兼ねて行われていました。
京都府は、インターハイの成績ですでに高校選抜への出場権を獲得している小西さん+1枠の出場枠。
その残り1枠を、今回植田さんが獲得し、2名そろって京都府代表として高校選抜に出場することが決定致しました!!

鳥取の舞台で舞う2人の姿を早く観たい!と、心待ちにしている顧問でした。

今後とも応援をよろしくお願い致します。

京都府民総体

平成30年8月12日(日)、向日市民体育館で京都府民総合体育大会 新体操選手権大会が行われました。

本校からは2年の植田 あゆ美が出場し、高校2年生の部で
〔種目別選手権〕 
 フープ:12.300 第1位
 ボール:11.750 第2位
〔個人総合〕 
  24.050 第2位
の成績を残しました!

大会前日まで、静岡県で行われていたインターハイに帯同して音楽係を務めあげた植田さん。休む間もなく京都に帰り、次の日は大会と、ハードなスケジュールの中本当にお疲れ様でした!!


高体連主催の大会としては、次は11月に新人選手権大会が行われます。
この大会から種目が「ボール」と「クラブ」の2種目に変わるそうで、また「フープ」とは雰囲気の違った演技が見られるのではないかと、今から楽しみにしている顧問です。

今後とも応援よろしくお願いします!

インターハイ@静岡

平成30年8月11日(土)、静岡県静岡市の「このはなアリーナ」で開催された、
全国高等学校総合体育大会 新体操選手権大会に、1年の小西 野乃花が出場しました。

インターハイは、各都道府県から代表1名(開催地静岡県からは2名)に出場権が与えられます。
今季の競技は、フープ・ボールの2種目で行われました。

大会当日は相変わらずの猛暑の中、午後からは突然の豪雨が降り出し、競技会場の中まで鳴り響く雷に緊張感の高まる観客席でした。
演技の1分30秒間、アリーナ360°全方位から、フロア上の1人の選手に視線が注がれます。祈るように見つめる観客の中、選手が背負うプレッシャーの重さはどれほどのものだろうかと考えさせられました。

初めてのインターハイ、小西さんは最終グループのトップバッター。
終わってから本人も笑顔で「めちゃくちゃ緊張した」と話してくれましたが、入場する姿から、離れて見ているこちらにも緊張が伝わってきました。

結果は・・・
個人総合 2位!
種目別はフープ:2位ボール:6位と、すべての部門で入賞!

ノーミスとはいかず、完全に納得のいく演技とは言えなかったようですが、あの瞬間、間違いなく大勢の観客が彼女の演技に惹きつけられ、関係者以外からもあたたかい拍手が送られていました。
本当にお疲れ様でした!!

ひたむきに取り組む彼女の姿勢から、また次どんな演技を観ることができるのだろうと、楽しみにせずにはいられません。

今後もどうぞ、応援をよろしくお願いします。

近畿大会 関連記事

先日行われました近畿大会の大会レポートが、WEBページ「Rhythmic Gymnastics Lovers」に掲載されました。

近畿高等学校新体操大会大会レポート

近畿大会!

平成30年6月9日(土)、東大阪アリーナにて近畿新体操選手権大会が開催されました。

この大会は、5月26日(土)に開催された京都府新体操春季選手権大会(インターハイ予選)において6位以内に入賞した生徒に出場権が与えられます。
本校からは植田 あゆ美と小西 野乃花の2名が、京都府代表として近畿大会に駒を進めました。

各府県から代表が6名ずつ集う近畿大会で、
小西 野乃花が「個人総合」で優勝、種目別でも「フープ」「ボール」ともに1位を受賞しました!

また、インターハイ予選にて1位を獲得した小西 野乃花は、8月11日から静岡で行われる
インターハイへの出場が確定しました!

テスト期間を挟んだにも関わらず、4週連続で試合出場とハードな日程を駆け抜けた2人です。本当にお疲れ様でした!

今後とも応援よろしくお願いいたします。

京都府高校総体

平成30年5月20日(日)、向日市民体育館にて京都府高等学校総合体育大会・新体操の部が開催されました。
この大会では学年別に「フープ」「ボール」の演技が行われ、2種目の合計により総合順位が決定します。

乙訓高校からは2名が出場し、以下の成績を残しました!!

■結果■
 ●新体操女子 2年生の部
  2年6組 植田あゆ美
    フープ 14.250 第1位
    ボール  9.850 第6位
    総合 24.100 第3位

 ●新体操女子 1年生の部
  1年6組 小西野乃花
    フープ 17.950 第1位
    ボール 18.100 第1位
    総合 36.050 第1位

5月26日(土)には、インターハイ予選が行われます。
応援をよろしくお願い致します。

Copyright (C) 京都府立乙訓高等学校 All Rights Reserved.