校訓 『 規律・責任・友情 』


 
八幡市立男山第三中学
 

教育目標


◆校訓


<規律> <責任> <友情>

◆学校教育目標

「主体的に学ぶ力を培い、心豊にたくましく生きる生徒の育成」

◆目指す生徒像

① 自ら課題を見つけ、主体的に考え、判断し、行動する生徒
② 豊かな感性を磨き、共に助け合い、高め合う生徒
③ 規律と責任を重んじ、最後までやり抜く生徒

◆指導の重点
 公教育推進の役割を担う使命と責任を自覚し、学校教育目標の達成をめざして組織的・計画的な学校運営を行う。

1 将来を展望し、自ら進路を切り拓く力を身につけるため「質の高い学力」
 をはぐくむ
 (1)新学習指導要領を円滑に実施し、確かな学力の育成と個々の教育的
   ニーズに応じた指導の充実を図る。 
 (2) ユニバーサルデザインを視点並びに「生徒指導の機能」をいかした授
   業改善を図り、基礎基本の定着に努める。
 (3) 全ての教科・領域で言語活動の充実を図り、主体的、対話的で深い学
   びの実現に向けた指導方法の工夫・改善を行い活用する力を育成す
   る。
 (4) 家庭と連携し、主体的な学習習慣の定着を目指し、「評定1」を克服す
   るためのきめ細やかな支援を行う。
 (5) 京都式少人数授業を推進し、個に応じた指導の充実を図る。
 (6) ICTを活用し、学習意欲の向上に努めるとともに、GIGAスクールにお
   ける学びの充実を図る。
 (7) 進路学習・キャリア教育を充実させる中で、全ての生徒が自ら進路を
   切り拓く力を身につけさせるとともに希望進路の実現に努める。

2 一人ひとりの豊かな人間性を磨く中で、互いに認め合い、高めあう集団
 づくり
 (1) 道徳の教科化を踏まえた道徳教育の推進体制の確立と充実を図り、
   体験活動をいかした多様な指導による心の教育を進める。
 (2) 規律ある生活習慣を確立し、人権尊重を基盤とした自己指導能力を
   育成する。
 (3) どのような資質・能力の育成を目指すのかを明確にし、学校行事・生
   徒会活動・が急活動などの指導を計画的に行う。
 (4)特別な支援を必要とする生徒の教育的ニーズに応じた教育を計画的
   に進めるとともに、正しい理解と支援に努める。 
 (5)「あいさつ運動」を中心とした人と人とのコミュニケーションづくりを大切
   にする教育を実践する。

3 安心・安全で美しい環境の中から育まれる健やかな心と体づくり
 (1)「学校いじめ防止基本方針」に基づいたいじめの未然防止と早期発
   見、適切かつ迅速な対応を組織的に推進する。
 (2)教育相談機能を充実し、個々の状況に応じた効果的な対応を組織的
   に行う中で、不登校生徒の解消を図る。
 (3)危機管理意識を高め、自他の「いのち」と「からだ」を守り、大切にする
   意識を高める取組を充実させる。
 (4)主体的に美しい環境を創り、保ち、広げていく実践に基づく環境教育
   を充実させる。
 (5)食育の充実に伴う健康な身体作りを意識させる取組を進める。

4 地域に開かれ、地域に信頼される学校づくり
 (1)子どものために繋がるべき関係諸機関を整理し、連携協力によって教
   育を推進していく「チーム男山三中」体制を構築する。
 (2)「学校支援地域本部」を中心として地域との連携を図り、社会総がかり
   で取り組む教育を推進する。
 (3)小中一貫教育の充実を目指し、三中キャンパスにおける組織作りな
   ど、一貫教育のための基盤を確立する。
 (4)国際理解教育を通して外国の文化や伝統を理解し、また自国の伝統
   や文化を尊重する生徒を育てる。
 (5)情報通信ネットワークやコンピューターを活用する情報教育を進めると
   ともに、情報モラルやネット社会の危険を正しく理解できる生徒の育成
   に 努める。
 (6)地域・保護者との連携を図り、教職員の働き方改革・学校業務改善に
   向け、長時間勤務の原因分析や業務改善の取組を継続的に行う。