土曜授業「鴨沂の探究」において、1年生は、防災をテーマに「身近な危険箇所を探し改善策を考える」について、クラスでのグループワーク、クラスでの発表を経て、最後は武道場でクラス代表が学年全体の場で発表しました。どのクラス代表も堂々とプレゼンテーションをパワーポイントやkeynoteを用いて行っていました。今後もこのようなプレゼンの場を設定し、生徒の表現力を育成します。

2年生は、「志望理由書対策ガイダンス」の後、人文学、法学、工学、農学、医療・看護など様々な分野の講義を同志社大学や鳥取大学などの先生に行っていただきました。生徒たちは真剣にその講義を受け、進路に向けてのモチベーションを高めたことと思います。

3年生は、進路指導部長からの入試についての話の後、各クラスグループに分かれて、身近な課題を設定し、その課題をいかにして解決に導くかについてグループワークを行いました。今後社会に出て要求される課題解決能力を身に付けるよう、探究学習に取り組んでいきます。