IMG_0461.jpg先を見通すことがますます難しくなってきている社会で、これからの生徒たちが様々な課題に対して、議論を重ね、互いが納得できる解決策を見つけていく力や自分の考えを論理的に表現できる力が身につくように、本校では、土曜授業に取り組んでいます。

1年生の「鴨沂の探究」では、京都大学基礎物理学研究所准教授の村瀬雅俊先生の講義「奇跡を起こす科学教育」を皮切りに、グローバルな視点で課題を設定し、その課題解決のためにICTを活用し、情報収集やデータ分析のための手法をグループワークを通じて学習することにより、よりよく解決していくための資質や能力を育成します。

2、3年生は、キャリア・進路学習をテーマに、自分の進路に関する課題に対して問題意識を持ち、主体的にその課題を解決するために、グループワークによる意見交流や企業・大学等の研究機関との連携により、説得力を持たせることができるようなプレゼンテーション能力を育成します。


土曜授業の取組はこちら