学校紹介ビデオ

25周年記念






京都府立農芸高等学校教育後援会 会長あいさつ

皆さんこんにちは!
農芸高校教育後援会のホームページにようこそお越しいただきました。
 この教育後援会は、農芸高校に学ぶ生徒を主として精神面・経済面で支援し、各行事や部活動・校外活動の活性化を図ることを目的として結成され、農芸高校の歴史とともに歩んでいます。
 本会では毎年「会報」を発行し、御支援いただいた御浄財がどのように農芸高校の生徒達に反映しているかを、会員の皆様にお知らせし御理解をいただいております。しかし、卒業生が増え、会員数も増加し、うれしく思うところですが、「会報」の発送料が莫大に膨れてまいりました。そこで、今年度から卒業後10年以上になる会員の皆様については、このホームページで「会報」及び農芸高校の活動の様子を御覧いただくことといたしました。なにとぞ御理解いただきますようお願いします。あわせて農芸高校のホームページも御覧いただければ、より一層農芸高校の近況がお分かりいただけると思います。
 また、自分のお子さんや府内の知り合いの中学生の中で、農業生産(野菜・草花・作物・植物バイオ・動物バイオ・畜産)を学びたい、造園や農業土木を勉強したい、つまり「生命の大切さを学ぶ農業教育・夢のある生き方を教えてくれる農業教育」を正面から学びたい皆さんに、ホームページを御紹介いただき、農芸高校の様々な活動(学習・寮・実習・部活動)の様子や国内の農業研修、海外(台湾)研修の様子、教育後援会からの支援状況もお話しいただければ幸いです。
 最後になりましたが、今後ともこの教育後援会に対し物心両面にわたる御支援をいただきますようお願い申し上げて、御挨拶といたします。

京都府立農芸高等学校教育後援会 会長 藤田 洋嗣



2016.6.25「草花の寄せ植え講座」

昨年度から教育後援会の事業として始めた「草花の寄せ植え講座」、今年度も6月25日(土)に実施することができました。
草花部3年の赤澤さんが講師を務め、10名の参加していただいた方に花苗の選び方や配置の仕方、作業手順などについてわかりやすく説明してもらいました。
参加者の皆さんは、手際よく作業を進めながら作品を作り上げておられました。特に、今年度は容器を手作りのおしゃれな木製プランターにしたものを使用して仕上げていただきました。
アシスタントには竹井先生、山口先生、井本先生、山内先生、さらに草花部の土肥さん、栗林さんも加わり、細かい作業を手伝っていただきながら立派な寄せ植えを完成させることができました。



2015.6.20「草花の寄せ植え講座」

教育後援会の事業として6月20日(土)に草花の寄せ植え講座を行いました。
農芸高校の草花コースを担当しておられる山口先生に講師を務めていただき、9名の参加者に花苗の選び方や配置の仕方、作業手順などについて説明していただきました。
参加者の皆さんは、基本を押えながらも個性的な作品を作っておられました。
また、アシスタントには竹井先生や井本先生、さらに草花コース3年生の西村さん、福田さんも加わっていただき、細かい作業を手伝っていただきながら立派な寄せ植えを完成させることができました。

教育後援会報(PDF)

これまでの教育後援会報
教育後援会報第32号(PDF)


 TOPページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | リンク