綾部市立 西八田小学校
 

新着情報

 

学校長あいさつ

 今年度、新一年生9名を迎え、全校児童77名、8学級で令和2年度の教育活動をスタートしました。
 一人一人の子どもたちに八田ブロック共通の教育目標である「未来を切り拓く子どもの育成」を目指し、全教職員が「チームNisiyata」として一丸となって教育活動を進めてまいります。
 
さて、小学校では今年度から新学習指導要領が全面実施となりました。  
 大きな変更として、1つめは、英語が小学校3年生から、「外国語活動」として導入されます。3・4年生では、英語に慣れ親しむことを主な目的とし、「聞く」「話す」のコミュニケーションを中心に、週1時間授業を行います。
5・6年生では、「外国語科」という教科として、週2時間に増えます。また。評価も伴い、成績もつきます。「聞く」「話す」に加え、大文字・小文字の文字指導(活字体)、語順の違いや文構造への気づきなども指導します。 
 もう1つは、プログラミング教育の導入です。AI(人工知能)や情報化の急速な進化に対応できるよう、小学校から情報やコンピューターを学習し、中学高校へと更に充実化を図ります。
 
児童がプログラミングを実際に体験したり、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けたりするための学習活動が教科の中に組み込まれます。
 
この新学習指導要領には、「学校で学んだことが、子どもたちの『生きる力』となって、明日に、そしてその先の人生につながってほしい。」、「これからの社会が、どんなに変化して予測困難になっても、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。」という願いが込められています。
 この『生きる力』を育むには、学校での学びを日常生活で活用したり、家庭での経験を学校生活に生かしたりすることがとても大切です。そういう意味では、保護者や地域の皆さまの働きかけが、子どもたちの「生きる力」を育む大きな原動力となります。例えば、「家庭や地域での会話や関わりを増やす」、「テレビを見たり、ゲームをしたりする時間などのルールを決める」、「本や新聞を読むように進める」などが考えられます。学校と家庭、そして地域がそれぞれの役割を果たしながら、共に協力し、協働することが未来を切り拓く子どもの育成につながります。今後とも保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願い申しあげます。
綾部市立西八田小学校
校長 小嶋 康弘

 

 

学校所在地

〒623-0114
京都府綾部市岡安町家ノ下10

TEL
0773-44-0145
FAX
0773-44-0551

MAIL
ayabe55-nisiyata@kyoto-be.ne.jp
 

学校所在地図