平成30年度 文化祭
 生徒会企画・閉会式
 
 生徒会企画「のど自慢大会」
 学年をとわず、今年度、生徒会は新しい体制になり「一人ひとりが主役の学校」を目指して活動しています。文化祭では、昨年度まで、クラスでの待機時間となっていた最終演目と閉会式の間の成績審査会の時間を活用して、のど自慢大会を企画・運営しました。文化祭最後の華を飾る生徒会企画です。
 10組がエントリーし、ステージで歌やパフォーマンスを披露しました。
元気いっぱいのアイドルソング  1年生の女性デュエット
最優秀賞①
2年男子トリオの「奏」
 3年7組男子のエグザイル
 のど自慢?
サイリウムを使った曲芸
ギター(ほうき)を片手にB'zを熱唱 
 2年男子 まっすぐな歌声 最優秀賞②
やさしい笑顔でAIの「ハピネス」 
3年男子 ヒューマンビートボックスを披露   ピュアな歌声の1年女子
  司会進行は生徒会長
 
  全校生徒の視線がステージに向けられます。みんないい表情をしています。

  10組全て終了後、ステージ上に全員が登壇しました。どの組が優勝するのか発表を待ちます。


 優勝が読み上げられました。見事優勝した生徒です。
  のど自慢大会は全校生徒がほぼ集合し、体育館が一杯になりました。途中マイクトラブルがありましたが、勇気を出して出場した生徒への賞賛と感謝の気持ちをもって、発表者、来場者、生徒会、全員が楽しみ、会場は一体感に包まれました。のど自慢大会の余韻が冷めない中、閉会式へと進みました。
 
 閉会式
 表彰式
 
 生徒会 3年の牛尾くんが結果発表を行いました。
 
 
(写真左から)司会の2年井上くん 石丸くん
(写真中央)3年出立さん
 生徒会 3年の出立さんが講評を読み上げました。
 
 
 生徒会長 挨拶
 
生徒会長 3年 岡村君
  「みなさん、文化祭お疲れさまでした。ステージ発表・展示など、全てにおいてクオリティーが高く、楽しい文化祭となりました。
 さて、生徒会は今年「一人ひとりが作り上げる文化祭」をモットーに活動してきました。生徒会主催の「のど自慢大会」にも表れていたように、みなさんは積極的に参加してくれました。これは大きな成果です。
 数人から始まった生徒会も、現在は20数名体制となりました。これからも生徒会が中心となり、一人ひとりが主役の学校を作って行きましょう。」と文化祭を締めくくりました。