平成30年度 文化祭

2年生 演劇の部
 
 2年生は各クラス、ステージで演劇を行いました。
 
 2-1
「三原色~6色6つのショートストーリー~」
 タイトルの通り、色ごとの6つの設定のショートストーリーを演じました。それぞれの色、設定ごとに訴えかけるテーマがありました。
 
   2-2
「2年2組殺人事件~犯人は白石です~」
 学校を舞台に起こった殺人事件。刑事役がかわいいパトカーに乗って登場し、謎ときをしますが、最後は意外な結末でした。
 
  2-3 
「Cinderella」
 ディズニーの名作を再現しました。布から作ったシンデレラの衣装や、カボチャの馬車など、道具類にも努力のあとが見られました。
 
   2-4 
「五番目の願い事」
 交通事故にあった少女が、5人の天使に願いを叶えてもらうというストーリー。終盤にかけて感動を誘う熱演でした。
 
  2-5
「9人の英雄」
 専制君主の国王を倒すため立ち上がった少年が主人公のストーリー。お城の門番が銀色の全身タイツで現れるなど、笑いを誘う演出もありました。
 
   2-6
「Liar's Magic」
 自分は魔法が使えるという「うそつき」青年の「うそ」を、純粋に信じる村人たちによって魔法のように人々が幸せになっていくというストーリー。ダブル主演で演じきりました。
 
表彰式
  
 審査の結果、2年生演劇の部の最優秀賞、優秀賞、主演女優賞が決まりました。
 
 最優秀賞
2-4 
「五番目の願い事」

代表 2-4 山下くん

優秀賞
2-5
「9人の英雄」

代表 2-5 金浦くん

主演女優賞
2-4 大久保 若葉さん

2-4 大久保さん

 
 審査員 講評
  
講評を読み上げる、生徒会 3年 出立さん(写真中央)
 
 台風や雨天の影響で練習時間が削られ、特にステージでの練習がままならない中、各クラスの個性が出せた演劇でした。例年優秀賞は2クラスですが、今回優秀賞が1クラスであるのは、他のどのクラスも甲乙つけがたかったからです。
 最優秀賞の2年4組は、1人の少女の切ない悲劇を描いた、余韻が心をうつ物語でした。「生きていたい、生きてほしい」と願う人々の思いが、演技を通して非常によく伝わりました。BGMや照明、舞台転換もすばらしかったです。一部音声トラブルもありましたが、即興で演技を繋いだことも良かったと思います。
 優秀賞の2年5組は、ストーリーがよくまとまっていました。舞台袖の音声が聞こえていたのは残念でしたが、堂々と演じきり、背景や衣装の完成度も高かったです。王国の威圧感がより感じられると、更に良くなったと思います。