平成30年度 1学期終業式
平成30年7月23日(月)

平成30年7月23日(月)、1学期の終業式が行われました。


校歌斉唱


校長式辞


 先日の豪雨の被害から1日も早い復興を祈るとともに、熱中症等、危機を回避する行動をとることや、周りを助けること、しんどいと言う勇気を持とう、と呼びかけられました。
 また、サルトルの「人間は自由の刑に処せられている」「人間は自らつくるもの以外の何物でもない」という2つの言葉を用い、明日からの夏季休業中の自由な時間を、夢をかなえるために、未来を自分で作るという意思を持ち、主体的に計画を立てて過ごそう、と話されました。

伝達表彰・激励会

 閉式後、部活動の伝達表彰式・選手激励会があり、1学期に特に優秀な成績を収めた生徒の表彰と、これから近畿・全国大会に出場する選手の激励が行われました。



 両丹総体総合準優勝の表彰

  男女バドミントン部主将が代表して賞状を受け取りました。



 近畿大会に出場する囲碁将棋部の生徒





 生徒も汗をぬぐいながら暑い中での式でした。休校等で様々な対応が必要でしたが、節目の式を全校で行うことができました。




2年 松田さん(卓球部) 近畿大会へ出場
3年 柏原くん(バドミントン部) インターハイへ出場



 健闘を祈って校長、生徒会長から激励の言葉がおくられました。

 式後の大掃除
 
 LHR前には大掃除を行い、1学期間の汚れをしっかり落としました。
 
 運動部員集合
 また、7月21日(金)には運動部員集合があり、 夏季休業中の活動の注意事項について話がありました。

 保健体育科 戸井田先生
 夏休み中の体育施設の使用マナー、練習時の水分補給など注意点を確認しました。



 全運動部員が集まりました。