掲載情報一覧へ
 理数探究科2年生

フィールド調査に向けての事前学習会
 平成30年6月23日(土)
 
 

理数探究科2年生は、京都大学フィールド科学教育研究センターの先生方や大学院生の皆さんに指導を受けながら、綾部市や舞鶴市の森林や河川、舞鶴湾などの水質や生物の野外調査を行い、森林・川・海のつながりについて考察し、発表する取組を行っています。本年度は7月23日(月)と24日(火)の2日間にわたり、2−6の生徒40名が京都大学フィールド科学教育研究センターの先生方の指導のもと、森班と海班に分かれてフィールドワークを行います。

 6月23日(土)には、本校にて事前学習として、中西先生から森の話を、鈴木先生からは海の話を主に聞きました。
 研究のヒントとなる言葉が随所に込められた内容でした。この知識を元にして、調査を行い、夏期進学課外授業などの時間にデータ分析や発表準備を行い、9月22日(土)に校内にて発表会を行う予定です。

生徒の感想より
今日の事前学習ですごく興味を持つことができたので、実習がすごく楽しみになった。しっかりと調査していい発表になるようにきっちりとやり切りたい。

海の中も森も、少し場所が変わると、環境も生態も大きく変わっていて、おもしろいなと感じました。

 
森班担当 フィールド科学教育研究センター 中西先生から講義を受けています。
 
 海班担当 フィールド科学教育研究センター(舞鶴水産実験所) 鈴木先生から講義を受けています。