掲載情報一覧へ
 平成30年 第1回 京都サイエンスフェスタ

平成30年6月10日(日)
 6月10日(日)、3年7組と2年6組が第1回京都サイエンスフェスタに参加しました。3年7組の2グループが課題研究の成果を発表し、また全員が高校生の行う様々な分野の研究活動の発表を見聞きしました。
 第1回京都サイエンスフェスタが、京都大学で開催されました。京都サイエンスフェスタは、京都のスーパーサイエンスネットワーク校の9校が、互いの研究の成果を発表するという行事です。
 毎年物理・化学・生物・地学・数学その他色々な研究が発表されています。
 今年の西舞鶴高校は、「紙飛行機の研究」と「生き返るチョーク」という2つの研究について、200名近い聴衆と、京都大や教育委員会の先生方に見守られながら発表を行いました。発表は、10分間のプレゼンテーションと、5分間の質疑応答でしたが、しっかりと質問にも答えられていました。
 

開会式(百周年記念ホール)


 2-6生徒2名が司会をしています。


3-7「紙飛行機の研究」の発表


難しい質問にもしっかり答えます。


 3-7の生徒が他校の発表に質問しています。


 3-7「生き返るチョーク」の発表

 

多数の質問が出ましたが、しっかり答えています。

 

京都大学の先生からアドバイスを受けています。
  西舞鶴の発表は、京都大学の先生にアドバイスを受けるなど、好感触だったのですが、各会場の優秀賞受賞には至りませんでした。
 他校の研究活動を知ることで良い刺激となり、2年生にとってはこれから始まる課題研究の良い目標になったと思います。