私はバドミントンを通して、成長できたと感じています。体育館での練習に加えて、毎日の外周ランニングで力をつけ、初心者でも府下大会出場という目標を達成することができました。また、精神的にも鍛えられたことによって、夜の眠気にも負けず家庭学習にも取り組むことができました。
 私の将来の夢は、助産師として一人でも多くの女性を支えることです。大学では色々なことに挑戦し、たくさんの経験を積みたいと考えています。
 みなさんも自分の夢に向かって頑張ってください。
 



 
  私は高校三年間の中で、多くのボランティアに参加してきました。ボランティア活動を通し、多くの人と関わることで、他者の視点に立ち、物事を考える力が身につきました。受験をするにあたって、先生方の支えや、校舎内に常設されている自習室の存在が大きかったと思います。自習室はとても静かな環境が整っていました。クラス内でも、友達同士で問題を教え合いながら生活することができたと感じています。
 今後は多くの人を助けることができるような看護師を目指していきたいです。将来の夢が決まっていない人でも、高校の活動で見つけることができると思います。みなさん、夢の実現を目指して、頑張ってください。
 



  西舞鶴高校では、勉強以外にも部活動や学校行事を通じてたくさんのことを学ぶことができると思います。特に私は、野球部に三年間所属し、また体育祭では応援リーダーを担わせていただき、チームプレーやリーダーシップを学びました。これらの経験は今の私に大きく生きています。
 これからは、お世話になった舞鶴市のために尽力し、舞鶴市民の方々に寄り添って素晴らしい町にしていきたいと思います。
 西舞鶴高校でたくさんの経験をし、自らの可能性を広げ、自分のやりたいことができる人を目指してください。