南丹高校の部活動 
    部活動一覧
    南丹高校の部活動を紹介します。
   文化系

美術部
吹奏楽部
ESS部
簿記部
科学部
茶道部
書道部
演劇部
ボランティア部
放送部
合唱同好会
家庭科同好会

 各部紹介 (南丹高校後援会報 『丹のかぜ』 (平成31年3月発行)より)
 
  

硬式野球部


 平成30年度も充実した活動・運営ができたことを大変感謝しております。部活動への御理解・御協力誠にありがとうございます。

本年度の夏の京都府予選は、ベスト8をかけて鳥羽高校との対戦でした。先制し、5回までは相手打線を1安打に抑えていました。

しかし、連戦の疲れもあり後半一気の追い上げにあい力尽きてしまいました。南丹高校創部以来のベスト8を目指しましたが、後一歩及びませんでしたが、このチームは秋・夏とベスト16に入ることができ、次の代につながる戦いをしてくれました。

新チームは、まだまだこれから時間をかけて成長するチームだと感じています。秋季大会もゾーン決勝で京都学園高校に2−6で敗れてしまいました。

この悔しさと自信を糧として、来年度ベスト16を目標に掲げ冬場の充実したトレーニングに励んでいます。

平成31年度も多くの人に喜んでいただけるよう活動をしていきたいと思います。御支援よろしくお願いします。

 

女子バレーボール部


日頃は、部活動へのご理解とご協力誠にありがとうございます。平成30年6月に3年生が引退し2年生6人、1年生1人で活動をしています。

少ない人数ではありますが、「応援されるチーム」を作るため、お互いに励まし合い、時にはぶつかりあって日々の練習に取り組んでいます。

平成31年1月の新人戦では目標としていたベスト16に届かず悔しい思いもしました。その思いを糧にさらに強いチームを作るため、今年は「自立」をテーマに掲げました。バレーボールを通して、自ら気づき、考え、行動する力を育てていきたいです。

インターハイ予選に向けて前向きに、謙虚に一歩一歩進んでいきます。応援してくださる皆様にバレーボールで感動を与えられるように頑張っていきますので、今後とも暖かいご支援をいただきますよう、よろしくお願い致します。

  
 男子バスケットボール部


平成30年度の男子バスケットボール部は、部員15名で活動を行ってきました。
3年生を中心に、目標としていたインターハイ京都予選ベスト8を実現すべく、基礎・基本の練習を中心に取り組みました。
一方で、他校との練習試合や春休みの遠征等で、実戦的なスキル・戦術の習得にも励みました。

春のインターハイ京都予選の最終結果は、目標としていたベスト8入りはならず、ベスト20に留まることになりました。

この悔しさをバネに夏の府立高校大会では、34年ぶりとなるベスト4に入ることができ、大きな自信になりました。

続く冬のウィンターカップでは強豪チームとあたることになり、新たな戦術にも取り組みました。結果は強豪チームに敗れてしまいましたが、3年生が残してくれたものを、次を担う2年生が受け取ってくれたと信じています。

新チームとして出発し、まだまだチームとして未熟な部分もありますが、日々少しずつでも成長できるように頑張っています。今後ともご支援いただきますよう、お願いいたします。

  
 女子バスケットボール部


平成30年度は2年生5名、1年生2名の計7名で活動しています。

目標はベスト16を目指し、その目標を達成するために前向きに、明るい雰囲気を継続し、そして練習中にはお互いに具体的な声かけをしながら練習に日々励んでいます。

また結果だけではなく、『全ての人に応援されるチーム』をモットーに、当たり前のことが当たり前にできる人・チームを目指しています。今後とも応援よろしくお願いいたします。

  
 サッカー部


いつもサッカー部の活動にご理解・ご協力いただき誠にありがとうございます。

サッカー部が毎日当たり前のように活動できていることは、保護者、後援会、学校関係者や地域のみなさま方のたくさんの応援、支えがあってのことと感謝しております。

平成30年度の主要大会では、インターハイ予選、選手権予選とも京都府ベスト16を目標に頑張ってきましたが、あと1歩及ばず、力の差を大きく感じる1年となりました。

また新チームで戦った新人戦では、決勝トーナメント1回戦で今年度選手権大会京都代表校の東山高校と対戦し、0−2で完全に力負けをしました。この厳しい現実を受け入れながらも、しっかりと次につなげていきたいと思います。

今年度の悔しい思いを決して忘れることなく、日々のトレーニングはもとより、学校生活においてもサッカー部としての自覚を持ち、サッカー選手としても高校生としても府内トップレベルを目指してチャレンジし続けていきたいと思います。
今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

  
 陸上競技部

日頃より陸上競技部を応援して頂き、誠にありがとうございます。

平成31年度のシーズンは、インターハイ京都予選の男子やり投げにおいて5位に入賞し、近畿大会に出場することができました。男子の駅伝においても、チーム新記録&過去最高順位の11位で終えることができ、一時は8位争いをするなど見せ場を作ることができました。

これらの結果は、生徒達が日々グラウンドで汗をかき、努力を積み重ねた結果であり、担任・教科担当の先生方をはじめとする学校関係者や、保護者・後援会等たくさんの方々にご理解とご支援を頂いた結果であると捉えております。

 「一流の競技者である前に、一人前の人間であれ」をモットーに、挨拶・礼儀・マナー・身だしなみを徹底させ、陸上競技をさせて頂けることに感謝したいと思います。

現在は冬季練習で身体作りを行い、来年度のシーズンに向けて力を蓄えています。今後も向上心と高い目標をもって、何事にも積極的にチャレンジしていきたいと考えております。これからもご声援のほど、よろしくお願い致します。

  
 男子ソフトテニス部

男子ソフトテニス部は、平成30年度は2年生1名、1年生5名の計6名で活動をしております。月曜日以外、毎日練習をしています。

今年度は、個人戦1ペアがブロック予選を勝ち抜き、秋の府大会に出場することができました。

団体戦でも、ブロック予選を勝ち抜き、春秋ともに府大会へ進むことができました。来年度は、府大会への出場とともに、府大会での上位入賞を狙っていきます。

来年度の春の大会に向けて、冬の間は、基礎練習を中心に、体作りをしています。ソフトテニスに興味のある人は、見学に来てください。今後とも、応援のほどよろしくお願いいたします。

 
  
 女子ソフトテニス部
女子ソフトテニス部は、平成30年度は2年生2名、1年生1名の計3名で、月曜日以外毎日練習をしています。

少ない人数ですが基本を中心とした練習を積み重ね、1つでも多くの勝利が得られるよう努力をしています。

部員が少ないため、大会は個人戦での出場のみとなっていますが、新しい年度になって、新しい部員たちとともに団体戦にも出場できるよう個々の技術を伸ばしたいと思っていますので、応援をよろしくお願いいたします。
  
 卓球部


卓球部は、現在1年生男子6名が所属しており、1棟4階の多目的室で月〜金に練習をしています。

基礎技術を中心に日々練習に励み、努力しています。本部は主体的で対話的な部活動を目指しています。

個々に目標を持ち、その達成に向けて日々トレーニングを行っています。時には部員全員で技の研究をしたり、個々の課題に合わせたメニューを取り入れたりしています。

このように、部員全員のスキルアップのために一人ひとりが自分だけでなく周りを意識しながら取り組んでいます。


平成30年度は残念ながら満足のいく結果を残すことはできませんでした。しかしながら、公式戦(春季大会・秋季大会・公立校大会)や亀岡市の卓球大会に積極的に参加し、個々が足りない部分を感じながら成長を続けています。

この1年間で技術面でも精神面でも大きく向上しました。来年度に向けてさらなる向上を目指し、練習を積み重ね、試合で結果を残せるように努力を続けていきます。


 
  
 バドミントン部

バドミントン部は、1年生5名、2年生8名で活動しています。

高校からバドミントンを始めた初心者が多いのですが、OBの先輩たちが指導してくださったり、近隣の学校と合同練習をしたりしながら、府下大会出場を目指して頑張っています。

練習は平日放課後が週3回と土曜日で練習時間が少ないながらも、練習のない日は自主練習に取り組んだり、土曜日には内容の濃い練習ができるよう努めています。

また、バドミントン部では文武両道を目指しており、多くの先輩方が希望の進路を実現しています。

先輩たちに続けるよう、これからも部員一同頑張っていきますので、応援をよろしくお願いします。

  
 剣道部

剣道部は現在2年生2名で活動しています。

1名は初段、もう1名は初心者で公式戦では団体戦には出場できず、個人戦のみの参加となっています。

来年5月の京都総体、6月の全国総体京都府予選の個人戦で1つでも多く勝ち進むことを目標に練習に励んでいます。そして、4月に入学する新入生の入部でなんとか団体戦にも出場したいと思っています。少ない人数での活動となっていますが、昨年より週1回、外部からコーチを招き、指導していただくことで、着実に技術も向上しています。

  
 ソフトボール部


現在、2年生1人、1年生7人の計8人でベスト10になることを目標に日々練習しています。

人数は少ない中ですが、1人1人が“どんな人間になりたいか”、“どんな大人になりたいか”を考え、目標を明確にし、毎日取り組んでいます。

チームの目標に全員で向き合い、さらに努力を続けていきます。

  

体操競技部


今年度の部員数は2年生1名、3年生1名でした。

今年度も、京都府予選を勝ち抜き、近畿インターハイ(大阪府)、全国インターハイ(静岡県)に京都府代表として個人選手権に出場しました。

結果は、近畿インターハイでは、個人総合2位となりました。また、全国インターハイでは上位入賞は逃しましたが、精一杯健闘しました。

練習は、校内には設備がありませんので校外で行っています。日々の練習は厳しく、辛い時もありますが、自分のベストの演技を目指し、お互いに研鑽しながら頑張っています。これからも応援よろしくお願いします。


 
  
 美術部

 
平成30年は、3年1名、2年6名、1年1名で活動しました。

主に、毎週水曜日放課後に美術室で、色鉛筆や水彩絵の具、イラストマーカーなどを使ってイラストを描いています。

文化祭では、毎年渡り廊下に、モノクロや色鉛筆、コンピュータで製作した作品などを展示し、文化祭最終日には、吹奏楽部、書道部との初めてのコラボで、吹奏楽部の演奏に合わせて、舞台上で大型のイラストを描くというパフォーマンスに挑戦しました。

新入生の入部だけでなく、新2年・新3年の途中入部も大歓迎です。

  
 吹奏楽部


日頃より吹奏楽部の活動にご理解・ご協力頂き誠にありがとうございます。

平成30年度は、2年生1名、3年生2名の計3名で活動を行ってきました。

大変少人数ではありましたが、その分一人ひとりができることを考え積極的に活動する事ができました。

校内での演奏活動をはじめ、地域の福祉施設での演奏など、多くの舞台を経験することができました。

いずれの舞台においても心のこもった演奏を観客の皆様にお届けし、楽しい時間を共有できるよう頑張って参りました。

これからも、素敵な演奏をお届けできるよう努力するとともに、少しでも部員が増えるよう頑張っていきたいと思います。

  
 ESS部
ESS部には現在1年生2名(男女)2年生2名(女子)の生徒が所属しており、AETのパウリナ先生と一緒に英語でのコミュニケーション活動を行っています。

週に一回、木曜日の放課後に英語で話をしたり、手作りの雪だるまを作ったり、3月の文科系クラブの発表会に向けて、歌やダンスの練習をしたりしています。他にも吹き替えなしで英語の映画の鑑賞や、英語を使ったゲームもしています。

部員たちは普段から積極的にパウリナ先生と英語でコミュニケーションをとっていて、2月は、バレンタインデーに向けて、カードを作ります。

また、3月には他校のESSとの交流会を企画中で、嵯峨嵐山周辺で集まる計画をしています。

ESS部は、生徒が授業以外の場でAETの先生と触れ合うことのできる貴重な場であり、AETの先生にとっても日本の生徒の普段の姿が見られるよい機会でもありますので、これからも様々な活動を積極的に続けていきたいと考えています。

今後ともESS部の活動に御支援と御協力をよろしくお願いいたします。


  

科学部


現在2年生1名だけでロボットのプログラミングの活動しています。

人数が少ないのですが、昨年10月には3年生の協力も得て、亀岡市主催サイエンスフェスタへのブース出展しました。

多くの小学生にプログラミングの楽しさを伝えられたと思います。

まだまだ、ロボットの改造、プログラミングの構築、方位センサーをはじめとする各種センサーの扱い方など、課題もたくさんありますが、一つ一つクリアしながら、頑張っていきたいと思います。

  

茶道部


茶道部は週1回の活動で本格的なお点前を学んでいます。

今年度の部員は1年1名、2年5名、3年2名の計8名で、学年を越えて楽しく活動しています。

文化祭では、日頃の成果を発表するため、立礼を野点で振る舞います。当日は浴衣を着ますので、浴衣の着付けも学ぶことができます。

また、文化祭だけでなく、南丹キッズパーク等でも、学んだことを披露しております。

日常生活に必要な礼儀作法などについて御指導いただく中で、日本の文化の美しさや奥深さを感じる充実した活動を行っています。

今後とも、御支援と御協力をよろしくお願い致します。

  
 書道部


日頃より書道部の活動にご理解・ご協力いただき誠にありがとうございます。

平成30年度は、3年生1名・2年生1名と部員は少ないですが、お互い刺激し合いながら、より完成度の高い作品の制作を目指して活動してきました。

文化祭では作品展示に加えて「書道パフォーマンス」に挑戦しました。部員が少ないため、書道パフォーマンスは3年生の有志2名も参加してくれました。

見ている人たちに書道の楽しさや魅力を伝えられるようなパフォーマンスをするということを目標にし、練習に励みました。

台風の影響を受け、例年よりも練習時間が少なく思うようにできないこともありましたが、当日は天候に恵まれ、生徒達は音楽に乗って4m×9mの紙面に思い切って書きあげました。

次年度は新入部員獲得に力を入れ、さらにレベルアップを目指して活気のあるクラブにしていきたいと思っています。今後とも温かいご支援のほどよろしくお願い致します。

  
 ボランティア部

少人数ながら自分たちで何ができるか考え、校内の活動としては、環境美化のために昇降口に花を植えたプランターを置いたり、プルタブの回収をしたり、大きな災害の際には被災地への募金を呼びかけたりもしました。

また、地域の要請で校外でのボランティア活動にも参加してきました。

この2年間は新入部員の加入がなく、今年度は3年生のみとなってしまいました。

そのため、ボランティア部としての活動はほとんどできませんでしたが、来年度以降部員の勧誘にも力を入れて、Think globally, act locally.をモットーに、今後も部としてできることの可能性を探りながら、活動していきたいと思います。

  
 演劇部

(今年度(平成30年度)は文章がありません)

  
 工学クラブ


工学クラブは、3年生2名、2年生2名の合計4名で活動してます。

活動内容は、イベントに出展するものづくりをしています。

授業で学んだ知識・技術だけではなく、クラブで新しい技術も学んでいます。

それを生かし、時間をかけてものづくりに取り組んでいます。

今年度は、地域のイベントへの参加だけでなく、自作三輪車の4時間耐久レースである南丹市のサンサン祭りに初めて参加しました。

入賞には、ほど遠かったですが、ものづくりの醍醐味とチームとしての団結力を大きく感じました。

これからもものづくりを外に実践していきたいと思います

  
  放 送 部


放送部の今年度の部員は2年生が2名です。

週1回昼休みに校内放送で音楽の紹介と放送をしています。

昼休みの放送の他に、生徒会行事である球技大会、文化祭、体育祭の運営を手伝い、放送機材の設営や場内の放送をしています。

学校行事にもボランティアで協力し、オープンハイスクール等で司会を担当しています。

マイクの前できれいな発音で話すのは練習がいり、テレビのアナウンサーのようにはなかなかできませんが、上手くできるようになると楽しいと思います。

アンプやデッキなどの機械が好きな人や放送で話すことの好きな方の入部を待っています。

  
 合唱同好会
 しばらくの間、部員がいなくて廃部となっていた合唱部ですが、平成30年度より合唱同好会として復活しました。

メンバーは7名と少人数ではありますが、地域の皆さまに素敵な歌声を届けるため、日々練習に取り組んでいます。

今後も多くの方々に聞いて頂けるよう頑張ります。
  
 家庭科同好会 
 平成31年度より新たに発足しました。
現在2名のメンバーで活動し、内容としては、調理をメインに被服製作なども行っています。
今後ますます発展させ、地域の方々とのつながりをもち、校外に発信できるよう頑張ります。