南丹高校の最近の出来事をおしらせします 
  トピックス
  トピックスについて

 南丹高校の校内行事や校外のイベント等で生徒が
 活躍する姿を掲載しています。

 学校行事・生徒会行事・PTA行事

 産業社会と人間、学校設定科目、総合的な学習
   の時間の取組等、授業での特色ある取組

 地域の祭や行事への参加、大学等との連携事業

 本校の進学説明会やオープンハイスクール

 平成30年度のトピックスはこちら← 
 
 
      2月28日

令和元年度 第39回卒業証書授与式を挙行しました。

卒業生入場 1組
令和元年度 第39回卒業証書授与式を本校体育館で挙行しました。

 担任の先導で生徒が入場し、1人1人の呼名を行いました。卒業証書は代表の生徒が受け取りました。

校長式辞、在校生送辞、卒業生答辞と続き、厳粛な雰囲気の中、式が進行しました。

卒業式の閉式後、学校表彰が行なわれ、最後に蛍の光の曲の中、卒業生が会場を出て、新しい進路に向って巣立っていきました。 

卒業生入場 2組

卒業生入場 3組

卒業生入場 4組

卒業生入場 5組

卒業生入場 6組
 
卒業生の呼名 起立

卒業証書授与
 
校長式辞

在校生送辞

卒業生答辞

卒業生から学校への記念品贈呈

学校表彰 部活動表彰

学校表彰 皆勤賞

卒業生退場
   
      2月22日

総合学科研究発表会を開催しました。

オープニングは学校設定科目「京都文化学入門」で学んだ地元の郷土芸能「出雲風流花踊り」の発表です。
総合学科の学びのまとめとして、研究、実践の成果を発表するの総合学科研究発表会を本校、体育館で開催しました。

亀岡市長様、府教育委員会の方をはじめ、大学、中学校の先生方、保護者の方々等多数、ご来場いただきました。

1年の産業社会と人間では、夏季自主体験学習での職場インタビューを中心としたライフプランの発表、2年生の総合的な学習の時間から、地域の活性化プロジェクトの発表がありました。

3年生では本校での3年間と総合学科での学びを振り返ってをテーマにした発表がありました。

会の運営や進行も生徒の実行委員が主体的に取り組み、1年間の総まとめとなる発表会となりました。 

1年生の発表 「『先生』としての3日間」
夏休みの保育園での体験から将来の職業を考えました。

3年生の発表 SDG's(持続可能な発展目標)に関して
地元の古民家での古着の再利用について

受付や会場の案内をする生徒たち

会場内には3年生の研究成果を展示しました。

「3年間を振り返って」の発表

亀岡市長様から講評をいただきました。
   
        1月31日

テクニカル工学系列の課題研究発表会を開催しました。     

発表会は本校視聴覚室で開催しました。
サポート企業の方々も来られていました。
テクニカル工学系列の3年生が、ものづくりを学んできた3年間の集大成として、課題研究の発表をしました。

工学系列の2年生の生徒と南丹高校の教職員の他にサポート企業からも参観に来られました。

3つのテーマに分かれて取り組んだ内容を発表しました。

「トロッコの製作」…人力で自作レールの上を進む
            金属製のトロッコを作りました。

「亀岡市、南丹市と連携した商品製作」…
    明智光秀を題材にしたスマホスタンド等のアクリル
    製品、園部藩を題材にした時計等を製作し、販売
    を委託しました。

「千代川小学校へのプログラミング教室」…
    パソコン上でプログラムできて、センサーとモーター
    やギヤで自走できるロボットを作成し、高校生が
    小学生にプログラミングの授業を行いました。

トロッコの製作についての発表です。

金属板を加工して車体をつくります。

車輪にはテーパーがかかっていますが、レールの曲率に追随できなかったため、車台を分離した設計に修正しました。

ベルトをつかった手回し型と、ラチェット機構を使った
シーソー式の2種類のトロッコをつくりました。

商品製作班の発表

今年完成した京都スタジアムでの製品販売の委託

のぼりの形をしたスマホスタンド 光秀の句も書いた

「商品」としての納期や品質への責任、厳しさを実感しました

小学校でのプログラミング教室の班の発表

来年度からのプログラミング教育の先取りとして課題を設定

プログラムを開発、研究する担当生徒

ロボットを自作する担当生徒

出前授業の時はテレビの取材も受けました。
 
これからの発展の一つとして自作ドローンの演示
   
     1月23日

2年生の総合的な学習の時間で学年発表会を開催しました。

交通網の整備のメリットとデメリットをデータをもとに説明
2年生の総合的な学習の時間では、地元亀岡市の活性化をテーマに課題研究に取り組んでいます。

クラス内で各個人・グループが発表して、優秀であった研究を各クラス2つずつ発表するのが学年発表会です。

商業施設の誘致とそれに伴う交通インフラの整備や新しくできたスタジアムの活用法、亀岡市のアピール方法から保育施設の充実やプラスチックバッグ(レジ袋)の条例など生活を中心にしたテーマまで、高校生らしい視点で多面的に研究した成果が披露され、完成度も高く、考えさせられる内容が多かったです。

今回の学年発表会で優秀と認められた研究は、2月に全校行事として開かれる、総合学科研究発表会で全校生徒と招待した教育関係者の方に向けて発表されます。

今年制定されたレジ袋に関する条例についての発表

ゆるキャラ「明智かめまる」とVtuber明智との比較
   
     1月20日

3年生の生活と福祉の授業で手話の体験をしました。

耳の障害や講師の方の体験についてのお話
3年生の生活と福祉の授業で、口丹聴覚障害者協会亀岡支部から、聴覚障害の方と手話通訳の方を講師に招いて講演を聞き、手話を体験しました。

手話体験では、簡単な自己紹介や趣味などの表現を学び、生徒同士で手話で意志を伝える練習などをしました。

<生徒の感想より>
・声を出しながら手話をするとわかりやすいとわかった。表情が大切なんだなと思った。
・小学校高学年の時に手話で歌をうたったことがありました。その時のことを思い出して楽しく勉強できました。
・補聴器をつかえば聞こえるようになると思っていたけど、逆にうるさく聞こえてしまったり、うまく聞こえなかったりするので手話の重要性を改めて感じた。
・自分は将来、社会福祉士として、人と関わる機会が多くなると思うので、手話をできるようになりたいと思った。

手話で言葉を伝えてみる体験

手話で伝言ゲームをしました。
   
     12月23日

テクニカル工学系列の生徒が課題研究で製作した時計を南丹市に贈呈しました。

  記念時計の完成状態
 テクニカル工学系列の3年生7人が、課題研究として時計製作に取り組み、園部藩の立藩400年を記念した時計を、南丹市に贈呈しました。

時計はA4サイズで、黒色のアクリル板にレーザー加工機で模様や文字を刻んであります。

背景の絵は江戸時代の参勤交代を表したとされる行列図をもとに武士や馬の姿が描かれています。

最終的な完成品の状態になるまでに何度もデザインを考え、試してみたため、製作にはかなり時間がかかりましたが、美しくできたと思います。

背景のアクリル板の加工時の状態(デザイン案の一つ)

レーザー加工機(右の機械)
   
     12月23日

吹奏楽部がガレリアデイサービスで演奏しました。

場所はガレリアかめおかのバラ園の入口あたりです。
本校の吹奏楽部の生徒が、社会福祉法人亀岡市社会福祉協議会の運営するガレリアかめおかデイサービスセンターに行き、演奏をしました。

いつも演奏している曲のほかに「パプリカ」や童謡「ふるさと」など、親しみやすい曲、動きを伴う曲を演奏し、楽しんでいただきました。

手拍子や手を振るなどの運動もしていただき、盛り上がったステージでした。

手拍子や動きを紙に書いて示し、一緒にしてもらいました。

演奏後のあいさつ
   
     12月11日

3年生対象の性教育講演会を開催しました。

演題「あなたのみんなの生と性、もっと大切に、もっと幸せに」
3年生を対象に、生徒が正しい知識に基づいて主体的に考え、自らも相手も大切にすることを前提にして適切に行動できるよう、京都教育大学の関口久志教授を講師として招いて性教育を実施しました。


<生徒の感想から>
「同意が大事だと思った。性教育は命を守る大切なことなんだと思いました。男女でこんなにも考え方が違うんだと思った。」

「恋愛することに対して、相互の安心・安全・信頼が不可欠であるということが分かりました。性についてあまり知らなかったので、このような機会があって良かったし、これからの人生にいかしたいと思います。」

「他人事だと思わないで、いつ自分の事になってもおかしくないと思わないといけないと思った。自分の事も相手の事も同等に大事にできる・してくれるお付き合いをしたいと思った。」

パワーポイントをつかっての講演

京都教育大学 関口久志教授
   
     12月7日

PTAワイワイ教室で防災・備災教室を開催しました。

防災、備災(災害に備える)についての講演
南丹高校PTAの教養文化委員会では、PTA会員の交流を深め、楽しみながらお互いの趣味や知識、教養を広げるため、「ワイワイ教室」を開催しています。

今年は、明治国際医療大学保健医療学部救急救命学科の 坂梨秀地 准教授にお越しいただき、『防災・備災教室~災害時に役立つ!身近なモノで乗り越える知恵~』をテーマに講演と実習を指導をしていただきました。

近年、台風や大雨などの災害が身近に起こり、避難や救護の可能性も高まっています。また、地震に備えるためにも、大変有益な催しとなりました。

毛布の端を丸めて担架をつくる

骨折した場合、厚い本や段ボール、傘等で副木をつくる
   
    11月25日

小学校でプログラミング教室を実施しました。

小学校のコンピュータ教室で紹介
本校テクニカル工学系列の3年生の生徒が、近くにある亀岡市立千代川小学校に行き、6年生を対象にコンピュータのプログラミング教室を開催しました。

小学校にあるデスクトップ型のパソコンを使って、マイコンを搭載した車の動きをプログラミングします。

光センサーや触覚センサーからの入力を判断して、両輪のモーターを制御する仕組みで、マウスでプログラムのパーツを並べる方式で、順次実行、条件判断、繰り返しなどのプログラムの基本を学べます。

プログラムした車を実際に走らせると、小学生のみなさんは大変喜んでいました。小学校で学ぶ、プログラム教育の助けになれば幸いです。

プログラムのパーツの置き方などの説明

試しに走らせて、プログラムの動作を確認

うまく動かないときは原因を考えて直します。

うまくプログラムが働いて走るのを見ると、感動します。
   
    11月25日

ワークスおーいで交流体験をしました。

そうじを手伝いました。
3年生の家庭科目『生活と福祉』を選択している生徒達が、障害者支援施設「かしのき ワークスおーい」に行き、掃除や作業の手伝いを通して交流体験をしました。

生徒の感想より
「そうじは大変だったけど、休憩の時間にたくさん話しかけてくださって楽しかった。」

「タオルたたみなど、みなさんと作業をしながらも、たくさん話していただいて、とても楽しかった。夢の話とかをたくさん聞くことができた。」

「意外と細かい作業とかが多くて難しいことをされているんだなと思った。」

こうして、実際に見て、体験したことが生徒たちの福祉についての勉強になったことと思います。

箱を組み立てる作業を体験しました

ベーカリー&カフェぱすてるの準備を手伝いました。
   
    11月23日

かめおかサイエンスフェスタに参加しました。

ポン菓子機は外のテントで演示しました。
亀岡市の「地域ふれあいサイエンスフェスタ2019」に南丹高校の生徒と教職員が参加しました。

テクニカル工学系列の生徒と工業科の職員は、「自作ポン菓子機の実演」をして、できたポン菓子を配布して大人気でした。

もう一つは、南丹高校の理科の教員が、「輪ゴムで動くミニカーをつくろう」として、ペットボトルを材料にしたゴムで動くおもちゃを、子どもと一緒につくるコーナーを出しました。

このイベントをきっかけに、科学やものづくりの楽しさや不思議に触れ、関心を持っていただければと思います。

ポン菓子製造機のフタをあける瞬間、大きな音が出ます。

ペットボトルと輪ゴムを使ったミニカーをつくります。
   
    11月21日 

3年総合的な学習の時間で、古民家フリーマーケットの手伝いをしました。

古民家の一室が会場です。
3年生総合的な学習の時間の人間科学分野の生徒が亀岡市内の古民家で、フリーマーケットを中心としたイベントでの手伝いをしました。

南丹高校内で皆さんに寄付していただいた古着や小物の提供、古民家のカフェKIRI CAFEのお手伝い、高校生がデザインし、作成したエコバックの提供、英語で京都を紹介したフリーペーパーの配布などをしました。

この活動は、世界、日本及び自分たちの地域の現状・課題を知り、その一員としての自覚と責任に気づくことを目的にした活動の一部で、今回は食を通して地域活性化に尽力されている方と交流しました。


手作りの看板

お客さんへの対応
   
    11月20日

PTA登校指導を実施しました。

朝8時 あいさつと打ち合わせ
南丹高校PTAの生活厚生委員を中心に、本年度第2回登校指導を実施しました。

PTA役員の方以外に、亀岡市役所自治防災課、亀岡警察署、亀岡交通安全協会の方々にも御協力をいただきました。

通学路に立って、生徒の通学状況の観察と自転車等のマナーの指導等を行いました。

この日は天気がよく、自転車で登校する生徒が多くみられました。二人乗りなどの違反をする生徒はいませんでしたが、走行中に耳にイヤホンをしているなどの行為があり、何件か注意されていました。

これからも交通安全に注意して登校、下校をしてほしいと思います。

学校西側 雨の日は送迎車の多い地点です。

学校東側 農道からの横断に注意が必要です。
   
     11月20日

1年生産業社会と人間の学年発表会を開催しました。
1年生の総合学科必修科目「産業社会と人間」では、自分自身を見つめ、ライフプラン・将来の目標を具体化していく取組みをしています。

夏休みに自主体験学習として大学や専門学校、職業について生徒自身が調べた成果を9~10月にクラス内で一人ずつ発表しました。

その中で各クラス2人ずつ選ばれた代表が、学年全体の前で発表しました。

生徒たちは、自分がその職業、進路に興味を持った理由、調べたこと、インタビューで聞いたこと、見学して知ったことなどを整理し、まとめた内容を発表し、発表を見る生徒も真剣な表情で聞いていました。
   
   11月18日

地域研究の授業で穴太寺と金剛寺に行きました。
学校設定科目「地域研究」では、亀岡市や京都丹波地域の歴史、地理、風土等をフィールドワークを通して学んでいます。

今回は、亀岡市曽我部町にある「穴太寺」と「金剛寺」を訪ねました。

 「穴太寺」は古くから西国三十三ヶ所観音霊場の札所として多くの信仰を集めているお寺で、立派なお堂や庭園があります。

「金剛寺」は、江戸時代の絵師円山応挙(まるやまおうきょ)のお寺として有名で、実際に応挙の絵を見ながら住職のお話を聞かせていただきました。
   
   11月16日

第4回オープンハイスクールを開催しました。

全体会 約60名の参加がありました。
今年度4回目のオープンハイスクールを開催しました。

中学生・保護者合わせて約60名の参加がありました。

今回は、全体会での説明と施設見学を行い、その後希望される方は、個別相談を受け付けました。

全体会の説明では、本校教員からの説明の他に、在校生からの南丹高校で学んでの発表もありました。

来春の入学者選抜に向けて、説明を聞く中学生の皆さんの表情にも真剣さを感じました。

今回は授業や部活動の体験はありませんでしたが、この説明会で南丹高校の良さを分かっていただけたらと思います

校舎見学 本校教職員が案内しています
体育館では部活動の様子を見ました。

個別相談
図書館で個別相談を行いました。
   
   11月12~15日

2年生が研修旅行に行きました。 

国内研修 新幹線
国内は京都駅から新幹線で九州に向かいました。
11月12日(火)~15日(金)に第2学年が研修旅行に行きました。行き先は国内または海外の選択制です。

国内のグループは長崎、福岡を中心に、ハウステンボスや長崎平和公園、大宰府天満宮等の見学と、民泊で長崎松浦市今福地区の民家に泊めていただき、漁業や農林業等の体験をしました。

海外のグループは、台湾に行き、現地の国立政治大学付属高校との学校交流、現地大学生の案内による班別研修の他に、士林夜市、故宮博物院、九份等の見学に行きました。

どちらの研修旅行も、普段の授業や家族や友人だけの旅行ではできない体験ができ、充実した内容となっていました。

※研修旅行のより詳しい内容を別ページに掲載しています 
    ⇒国内研修旅行     ⇒海外研修旅行

国内研修 ハウステンボス
一日目の宿泊がハウステンボス内のホテルでしたので、夜のイルミネーションがゆっくり見られました。

海外研修
交流先の高校での南丹高校生のパフォーマンス
日本の折り紙を紹介しました。

国内研修 長崎
平和祈念像の前で集合写真を撮りました。

海外研修 九ふん(にんべんに分)
急な斜面に狭い道があって独特の雰囲気です。

国内研修 長崎県松浦での体験活動
この写真の船釣りの他に、かご漁、タコ漁、ミカン収穫、魚のおろし方などがありました

海外研修 故宮博物院
中国の歴代王朝の時代の宝物が展示されています。
建物の外で集合写真を撮りました。

国内研修 太宰府天満宮
学問の神様でもある菅原道真を祀っています。

海外研修 台北市内
車が右側通行です。
  
    10月31日

子どもの発達と保育の授業で、川東保育園に保育実習に行きました。

ダンスを一緒にしました
同じ保育園で2回目の保育実習です。

今回は絵本を自分たちで一からつくって持っていき、読み聞かせもしました。

生徒の感想には、「自分たちが作った絵本を一生懸命聞いてくれて、面白かったと言ってもらえてとても嬉しかった」、「2回目で園児たちが覚えてくれていて、子どもたちの方から話しかけてきてくれて話ができたので、心が通じた気がして楽しく過ごせた」等の良かった点や、「緊張して、少し読み間違いをしてしまったので、もう少し大きな声でゆっくり読めればよかった」という反省等がありました。

保育園での体験は、高校生たちの成長にもプラスになっているようです。

絵本の読み聞かせ

お昼を一緒に食べました
   
    10月30日

 京都文化学入門の授業で2回目の華道実習をしました。

花材の性質を考えながらハサミを入れます
学校設定科目「京都文化学入門」で2回目の華道実習を行いました。

前回は初めての華道で切って活けるのだけで、精いっぱいでしたが、今回は自分でイメージして、また所々で花材の個性や立体構成についての指導を受けながら活けていきました。

今回の作品も渡り廊下をつかったスペースに展示してありますが、前回よりかなり上手くなっているように思います。

生け花の展示は、南丹高校内に、秋の風情を楽しめる雰囲気を醸し出しています。

所々で、花材や空間構成についてご指導をいただきます

校内に秋の彩りを添えてくれています
   
      10月26日

第3回オープンハイスクールを開催しました。

全体会の様子
今年度3回目のオープンハイスクールを開催しました。
中学生・保護者の方、合わせて108名の参加希望がありました。

全体会では本校の特色と総合学科、テクニカル工学系列、進路状況、入学者選抜等の説明を行いました。

全体会のあとは、ものづくり体験の希望生徒は工業実習棟とコンピュータ室で、アクリルを使ったものづくり体験をしました。

また、希望される保護者の方は、個別相談もありました。

ものづくり体験ではアクリル板を加工した組木細工のキーホルダーをつくり、本校の工業科の教員の指導のもと、テクニカル工学系列の生徒も手伝いました。

参加された皆さん

全体会 系列についての説明

CAD(コンピュータ支援製図)で設計図を見ました

レーザー加工機の説明

レーザー加工機で切り出したアクリル板

アクリル板を組み合わせます

ドローンの展示飛行もしました

ドローンのコントローラー操作を体験
   
   10月24日

体育祭を開催しました。  

開会式
前日夜からの雨が、当日朝に上がり、グラウンドも実施可能な状況でしたので、体育祭を開催しました。

今年は新種目のスポーツ雪合戦を加え、生徒会と体育委員、部活動生徒を中心に生徒が運営と進行に頑張りました。

大縄跳び、棒引き、クラス対抗リレー等仲間とともに、一生懸命に走る姿や応援する姿が見られました。

100名を超える保護者の方が来られ、声援を送っていただきました。また玉入れへの参加、PTA役員の方による給水所の運営等ご協力をいただき、ありがとうございました。

午後から雨のため、中止となりましたが、生徒が頑張って運営し、積極的に参加した充実した体育祭となり、スポーツの秋を楽しむことができました。

100m走

大縄跳び

大縄に、順に入って跳ぶ八の字跳び

騎馬戦

スポーツ雪合戦 今年初めてのオリジナル競技

棒引き

棒引き

クラス対抗リレー

玉入れ

玉入れ PTAチーム

部活動対抗リレー
 
PTA役員の方には給水所を運営いただきました
   
   10月21日

地域研究の授業で亀岡祭と亀岡の城下町のフィールドワークに行きました。

旧亀山城の前にある南郷公園で予定・コースを説明
学校設定科目「地域研究」では、亀岡市や京都丹波地域の歴史、地理、風土等をフィールドワークを通して学んでいます。

今回は、亀岡市中心部にある亀山城周辺の城下町の名残を残す町並みと、10月25日に開催される亀岡祭について実地見学をしました。

口丹波の祇園祭として親しまれている亀岡祭は、鍬山神社の鍬山宮・八幡宮二社の例祭でで、亀岡最大の秋祭りとして、賑わいます

現在の祭りの形態は、延宝八年(1681)、当時の亀山郷長杉原守親が『丹波桑田郡矢田郷矢田社之祭法』を撰し、旧規に基づき復興されました。

祭の期間中、山鉾の装飾物が展示されるのも京都の祇園祭と同様で、生徒たちはこれらを見て回り、亀岡の歴史と伝統について学びました。

亀山城の内堀 今は南郷公園の一部です

亀岡祭の山鉾の展示場所

25日の本祭には11基の山鉾が市内を巡行します

今年の巡行は25日が雨天のため中止となりました
   
   10月21日

生活と福祉の授業で亀岡園に訪問実習に行きました。

○×クイズ 問題を書いて持って行きました
3年生の選択科目「生活と福祉」は家庭科の科目で、健康と生活についての学習と、高齢者の支援や介護,福祉等についての知識と技術の習得を目標としています。

今回は、南丹高校の近くにある高齢者福祉施設「亀岡園」に行きました。

施設の概要や注意事項について説明を受けた後、各班に分かれて、○×クイズ、塗り絵、風船バレー等で交流しました。

事前に学校の授業でクイズの問題や、紙とペン、風船などの準備をし、説明の方法や進め方などを練習してきましたが、実際のお年寄りとの会話では難しいところもあり、考えながら勧めていたようです。

この実習でふれあう機会を持ったことで、高齢者への理解が深まることと思います。

紙ちぎり 紙をちぎって形をつくります

風船バレー
   
   10月10日

3年生の総合的な学習の時間で農園実習に行きました。
また、トレーニングの出前授業を受けました。   

夏に種をまいた野菜が育っています
3年生の総合的な学習の時間の課題研究をしていますが、テーマにSDG’s(持続可能な開発目標)をあげています。

課題テーマが生活科学分野の生徒は今年の春から行っている農園で、夏に植えた葉物野菜の収穫をしたり、冬物野菜の苗を植えたりしました。

スポーツ健康分野では、ユニバーサルスポーツとしてだれもが長い期間楽しめるスポーツということでキンボールスポーツについて学びました。

総合的な学習の時間では、このように課題研究の各分野で体験的、探究的な取組を続けています。

葉物野菜を収穫しました

ねぎなどの冬の野菜の苗を植えます

京都トレーニングセンターの講師の方に来ていただきました

トレーニングセンターの馬渕博行先生、 徳田貴士先生です

今回は中学校のアンケートでわかった「中学生が身に付けたい力」を強化するためのトレーニング法を学びました

この授業では、自分たちが学ぶだけでなく、さらに人に教えられるように方法を考えます
   
   10月9日

京都文化学入門の授業で、華道実習をしました。

華道の歴史等についての講義
2年生の学校設定科目「京都文化学入門」で華道を体験しました。この科目では、日本及び京都の伝統文化を学んでいます。

華道についは、10月から11月に、4回の実習を華道家元池坊の久納博子先生に御指導いただいています。

ほとんどの生徒が花を活けるのは初めてで、ハサミで花を切るのも恐々としている感じでしたが、これから回を重ねるうちに、上達してくることと思います。

活けた花は校内の廊下に展示して、行きかう人にも伝統文化の良さを感じさせるものになっています。

初めて花を活けます

花材は季節のもので、今回は洋花が主です
   
   10月5日

PTA研修旅行で伊勢神宮方面に行きました。      

南丹高校を8時20分に出発して11時過ぎに着きました。
PTA会員の研修旅行として、伊勢神宮方面に行きました。

この研修会は日頃できない体験をして見聞を広めることや会員相互の親睦を深めることを目的として毎年開催しています。

今回はバスで伊勢神宮まで行き、宇治橋や五十鈴川、内宮を見たり、門前町のおはらい横丁やおかげ横丁を散策しました。

当日は絶好の行楽日和で、やや汗ばむ気候で、お伊勢さんの近くは、人も多く賑やかな感じでした。

ところどころで、バスガイドさん説明を聞きながらの旅は、お話も楽しく、PTA会員同士の親睦を深める旅行となりました。

宇治橋前の鳥居の前で記念写真を撮りました。

ガイドさんから宇治橋と五十鈴川の説明を聞きました。

おはらい横丁は江戸時代の雰囲気が再現してあります。

おかげ横丁は建物が新しいですが、江戸時代風です。
   
    10月3日

3年生「子どもの発達と保育」で保育実習に行きました。

園児たちと手をつないで、園庭をお散歩
3年生の家庭科目 「子どもの発達と保育」の授業で、生徒が川東保育園に行きました。

この科目では1学期に一度保育体験を実施していて、今回で2回目です。

園児と触れ合う高校生も少し慣れてきたようで、子どもたちと遊ぶときにも、緊張の中にも笑顔がみられました。

秋らしい気候で、園庭でお散歩やドッジボールをしました。

昼食の時間にはお茶入れなどの準備をし、高校生は自分たちの弁当を広げて園児たちと一緒にお昼ご飯を食べました。

高校生たちは、こうした体験を通して子どもを理解し、また将来の職業選択の一つとして、保育士の仕事を考えてみることができたと思います。

ドッジボールをしました.。

いっしょに昼食をとります
   
   10月2日

1年生産業社会と人間でクラス発表を行いました。   

保育所に行って調べたことを発表しています。
1年生の「産業社会と人間」は総合学科の原則履修科目で、自分たちの将来を考え、ライフプランを策定する大切な授業です。

今回は夏季自主研究で訪ねたいろいろな施設、大学、保育園、企業などについて、その内容と自分が調べて分かったことをクラス全員の前で、一人ずつ発表しました。

夏休み前に自分で興味のあるテーマ、行先を設定し、実際に行ってみて、説明を聞いたり、インタビューしてわかったことをまとめてプレゼンテーションをします。

情報を集めて、整理して深めたものを発表するという作業は時間と労力がかかりますが、こうした自主的、探究的な活動で得たものが他の科目の勉強にも役立ちます。

クラスごとに異なる教室で発表しています。

仕事について、働いている方から聞いた話をまとめました。

大学や専門学校の勉強内容についての発表

人の発表を聞いて、内容を書き、評価もします。
   
   10月1日

京都府農林水産技術センター農林センタ―の方の講演を聞きました。  

耕作地の割合や耕作放棄地についてグラフで説明
3年生の生物の選択生徒を対象に、京都府農林水産技術センター農林センタ―園芸部の松本静治部長に来ていただいて、「京都府の農業と研究機関における取組」をテーマに講演をしていただきました。

京都府の農業生産の内訳の特徴の話から、農林水産技術センターで研究している内容など、興味深い話を聞くことができました。

生徒は京都府の農業の現状と課題について学ぶとともに、自治体の研究期間の取組及び研究の進め方についても理解を深めることができたことと思います。

センターで取り組んでおられる研究内容等

講演は1~2限の時間にお願いしました
   
     9月26日

3年生総合的な学習の時間で、キンボールスポーツ、農園実習に行きました。

キンボールスポーツについての説明を聞きます。
3年生の総合的な学習の時間の課題研究をしていますが、テーマにSDG’s(持続可能な開発目標)をあげています。

スポーツ健康分野では、ユニバーサルスポーツとしてだれもが長い期間楽しめるスポーツということでキンボールスポーツについて学びました。

京都府キンボールスポーツ連盟から講師の方に来ていただいて、キンボールスポーツの由来や楽しみ方等を聞き、実際に体験しました。

総学の生活科学分野の生徒は今年の春から行っている農園で、水やりや剪定など畑の世話をし、種をを植えたりしました。

総合的な学習の時間では、このように課題研究の各分野で体験的、探究的な取組を続けています。

実際にボールを持ってみて、大きさや柔らかさを体感します

みんなで協力してボールを打ち出してみました

春から来ていますが、季節につれて様子がかわります。

秋から冬の野菜の種をまきました。

苗に水をやりました。

剪定作業も体験しました。
   
     9月25日

生徒会役員選挙を実施しました。  

生徒会役員選挙は選挙管理委員が進行します。
6限目の時間帯に生徒会役員選挙を実施しました。

南丹高校では生徒会役員の任期が10月1日から翌年の9月30日までとなっており、例年9月末に選挙を行ないます。

今年は、生徒会長以下、生徒会役員に6名が立候補し、信任投票となりました。

体育館に全校生徒が集まり、各候補について、推薦者から推薦の言葉があり、その後本人の演説がありました。

全員の演説後、教室に戻って投票を行ない、立候補者全員が信任されました。

推薦者と立候補者は並んで、順に演説します。

会長,副会長,会計,書記,代議委員長の候補が演説しました
   
       9月21日

第2回オープンハイスクールを開催しました。



 (⇒第3回オープンハイスクールの申込ページへ)

全体会 総合学科について
中学3年生を対象とした第2回オープンハイスクールを開催しました。

中学生105名、・保護者40名の参加申込がありました。

全体会では本校の特色と総合学科の魅力、入学者選抜(高校入試)、特進クラス、進路状況に加え、本校生徒のよる特進クラスや学校生活に関する発表をしました。

授業体験は2種類あり、1つめは総合学科の原則履修科目「産業社会と人間」を体験しました。
2つめを国語、社会、数学、理科、英語の5科目に分かれて、体験しました。

最後に部活動体験もありました。

中学校までとは違う、高校らしい授業や部活動を体験し、来年度の進学への意欲を高めていただけたことと思います。

全体会 生徒発表

全体会 進路状況について

全体会 入学者選抜について

授業体験 産業社会と人間

授業体験 理科 「遺伝子の正体」

授業体験 理科 DNAの模型をつくりました

授業体験 国語 「現代文読解の方法を学ぶ」

授業体験 英語 「高校英語入門」

部活動体験 女子バレーボール部

部活動体験 卓球部

部活動体験 サッカー部

部活動体験 工学クラブ
   
    9月18日

2年生の総合的な学習の時間で亀岡市長の講演を聞きました。
2年生の総合的な学習の時間(総学)に桂川亀岡市長に来校いただき、亀岡市の現状と課題、取組等についての講演を生徒にしていただきました。

2年生の総学では課題研究のテーマとして1学期は南丹高校の現状と課題について考えてきましたが、2学期は範囲を広げて、亀岡市について考えていきます。

市長からは、今世界でも環境問題として注目されているプラスチックごみの問題と、亀岡を流れる保津川の現状と亀岡市の取組や、定住する人を増やす取組など、亀岡を取り巻く現状と課題、行政、地域の人々、ボランティア活動などについてのお話がありました。

地元の課題について、直接市の代表者から聞くことができ、身近な問題についての生徒の関心が高まったことと思います。
   
    9月17日

学校設定科目「地域研究」でフィールドワークに行きました。  

出雲大神宮は南丹高校から、東へ2.5kmほど行ったところにあります。
学校設定科目「地域研究」では、亀岡市や京都丹波地域の歴史、地理、風土等をフィールドワークを通して学んでいます。

今回は、亀岡市千歳町にある出雲大神宮を訪ねました。

由緒のある神社で、鎌倉時代には「出雲神社」と言えば、現在の島根にあるものではなく、この神社を指していたそうです。

兼好法師により著された『徒然草』の236段には、出雲大神宮の事が記載されていて、ここを訪れた人が、狛犬の向きが反対を向いていたのに大変感動したが、実は子どものいたずらであったという話が載っています。

また、境内の湧き水も有名で、大阪など遠方から汲みにくる人もいるようです。

このような神社の縁起や由来、行事などについて調べました。

途中に車塚古墳があり、この辺りは古代から人が住んでいたようです。

出雲大神宮の鳥居

真名井のいずみ

舞殿と本殿 右に狛犬

徒然草には狛犬の話がでていますが、現在のものは、子供が動かせるような重さではないようです。

神社の一角を借りて、調べたことをまとめました。
   
    9月10,11日

第40回文化祭を開催しましました。


 (⇒文化祭のページへ)   
 9月10日と11日、南丹高校第40回文化祭を開催
しました。
    
文化祭では、学年別に、クラス発表をしました。

  1年 体育館 合唱とパフォーマンス
  2年 視聴覚室 演劇
  3年 体育館 演劇

クラスの発表の他にも文化系部活動の発表として、
吹奏楽部の演奏や茶道部のお茶会、美術部、
書道部、華道同好会などの展示、さらにESS部
や工学クラブの発表等もありました。
文化祭のさらに詳しい内容は
⇒文化祭のページに掲載しています。
   
      8月20日

第1回オープンハイスクールを開催しました。  



全体会 校長挨拶
中学生を対象に、オープンハイスクールを開催しました。

参加者は中学生186名、保護者64名でした。

全体会では、教員から本校の特色や総合学科及び入学者選抜についての説明を行い、本校1年生の生徒が「1学期授業を受けてみて」、3年生徒が「身についた力」をテーマに話しました。

硬式野球部、卓球部、陸上競技部などの体育系部活動と吹奏楽部、茶道部、書道部などの文化系部活動、あわせて14の部で部活体験をしました。

参加した中学生からは「とてもきれいな学校だと思った。」、「高校生に親切に教えてもらえた」などの感想をいただきました。進路を決める参考になったことと思います。

全体会 3年生の発表「身についた力」

全体会 1年生の発表「1学期授業を受けてみて」

部活体験 ソフトテニス部

部活体験 陸上競技部

部活体験 サッカー部

部活体験 卓球部

部活体験 バスケットボール部
 
部活体験 吹奏楽部
   
      7月29日

 京都先端科学大学で高大連携授業を実施しました。

細野祐希准教授の講義
1年生の特進クラス(総合知的探究系列)の生徒が、高大連携で京都学園大学に行きました。

午前は健康医療学部健康スポーツ学科の細野祐希準教授の講義で、「運動神経が良いとは?」をテーマに、体育館でコーディネーション能力を向上させるトレーニングを体験しました。

午後は、バイオ環境学部バイオサイエンス学科の高瀬尚文教授の授業で、「バイオワールドにようこそ」をテーマに、家庭にある材料と道具をつかって、たまねぎからDNAを取り出す実験をしました。

普段の高校の授業とは違って、整った大学の施設の中で学問の世界に触れ、知的好奇心を刺激する内容でした。

大学での学びと、進路について考える機会になったことと思います。

コーディネーション能力を向上させるトレーニング

高瀬尚文教授による実験の説明

野菜をすりおろしてDNAを抽出する

試料に抽出液を加えてDNAを取り出す
   
     7月11日

 3年生の総合的な学習の時間で龍谷大学の大学生とともに探究活動を行いました

龍谷大学地域協働総合センター
リサーチ・アシスタント 風岡宗人氏
3年生の総合的な学習の時間では、グループに分かれて、課題研究を行っています。

自然科学グループでは、龍谷大学の先生と学生さんに来ていただき、温暖化ガス、プラスチックごみ等の環境問題について学びました。

温暖化ガスの排出量やそれを減らす方策、燃料電池などの話から、ごみ、特に最近取り上げられることの多いマイクロプラスチックに関係する海洋ごみの話など、環境に関する講義を聞きました。

そのあと、生徒どうしで対策などについて話し合い、出たアイデアを整理するなどのグループワークを行いました。

1年間を通して学び、研究した内容は2学期後半からまとめに入り、発表する予定です。

ごみ問題についての資料提示

龍谷大学政策学部准教授 大石尚子氏(中央)
   
     7月7日 

野球部が夏の大会京都予選1回戦で勝ちました。
硬式野球部が夏の大会の京都予選(第101回全国高校野球選手権京都大会)の1回戦に勝ちました。

試合はあやべ球場で行われました。対戦相手は京都府立城陽高校です。

試合は、南丹高校が1回の裏4点を先取したあと、3回、4回に2点ずつ入れられ、4-4の同点で11回延長となり、11回裏に南丹高校が得点を入れてサヨナラ勝ちでした。

南丹高校からあやべ球場までは少し距離がありますが、当日は日曜日であったこともあり、多くの生徒、教職員が応援に行きました。

ご声援ありがとうございました。
   
     6月27日 

「子どもの発達と保育」の授業で保育実習に行きました。  

園児たちに自己紹介
3年生の家庭科の選択科目「子どもの発達と保育」の授業で、千代川保育園に保育実習に行きました。

この日は雨が降っていたため、外での遊びができず、室内での紹介とお遊戯をしました。

南丹高校の生徒たちは子どもといっしょに遊戯をするほかに、一緒に昼食をとるなど、保育士さんの仕事を体験してみました。

普段の学校での授業では、発達段階や子どもの心身の特徴などの知識を学んでいますが、こうして実際の保育を体験することは大変貴重な機会で、南丹高校の生徒達も張り切って保育を体験していました

いっしょにお遊戯

昼食を一緒に食べました
   
      6月23日

京都市・乙訓地域合同説明に参加しました。

今回の会場は3階の第3展示場でした
 京都市勧業館みやこめっせで開催された公立高校の合同説明会に参加しました。

この説明会は、京都市内や乙訓地域の公立高校が一同に会して、中学生や保護者に対して説明や展示、相談会等を行うものです。

京都市・乙訓地域以外にある高校で専門学科のある学校も展示・相談会を行います。南丹高校は総合学科として、他の専門学科高校とともに、参加しました。

京都市内から遠いように思える本校ですが、JRを使えば京都駅から最寄の千代川駅まで33分、快速では27分で来ることができ、駅から高校まで徒歩13分程度ですので、十分通学できます。

進路希望と興味・関心に応じて様々な科目を選択できる南丹高校を一度見てみませんか。

説明用のパネルと工学系列の作品を展示しました

中学生の進学相談にも答えました。
  
      6月20日

3年生の団体鑑賞で宝塚劇場に行きました。
3年生の団体鑑賞では宝塚歌劇を鑑賞しています.。
今回は、宝塚歌劇雪組公演の『壬生義士伝』を鑑賞しました。

学校から宝塚劇場まではバスを使うと1時間もかからないので、時間に余裕をもって鑑賞することができます。

団体鑑賞は、演劇鑑賞を通して豊かな感性と知性を養い、また、文化祭でのクラス演劇の参考とすることも目的にしています。

豪華で迫力ある舞台と一流の演出に生徒は感動していました。本物から得られた感動は、生徒の文化的な関心を高めることと思います。
 
  
       6月10日

生活と福祉の授業で、学校から駅まで車いすで行ってみました。

学校から駅への歩道 小さな段差も気になります
前回の『生活と福祉』の授業では、老人ホームの職員の方から、 車いすの操作方法や注意点などの説明を聞き、実際に車いすで校内を移動しました。

今回は車いすで、学校から約1km離れたJRの駅まで行ってみました。

普段は徒歩や自転車で通学する道を車いすで移動すると、歩道の段差や、橋までの傾斜による上り坂と下り坂、踏切の線路すきまなど結構大変なことに気づきます。

駅周辺では、公衆電話や自動販売機など普段の生活では何気なく使っているものも、車いすでは使いにくい部分があることを実感しました。

共生社会に向けて、どういったことが必要なのかを体感し、考えることのできた授業でした。

信号待ち あまり前で待つと通過する車を怖く感じます

踏切を渡るとき一人だと怖いだろう思いました

公衆電話のドアを自分で開けるのは難しく感じます

自動販売機のボタンには届きにくいものもあります
   
     6月10日

地域研究の授業で亀山城周辺に行きました。   

南郷公園 亀山城址の堀に沿ってある公園です
今年、明智光秀の像が建てられました
3年生の学校設定科目『地域研究』で亀山城周辺にフィールドワークに行きました。

亀山城は明智光秀が築いた城です。天正8 年(1580)に丹波国を拝領した光秀は、本格的な城下町の整備と領国経営に着手しますが、その2 年後に「本能寺の変」が起こります。

亀山城はその後、羽柴秀俊(小早川秀秋)によって修築され、慶長15 年(1610)岡部長盛の代に天下普請により近世城郭としての亀山城が完成しました。

現在は宗教法人大本の所有となり、天守等の建物は残っていませんが、石垣は大本によって修復されており、見学を申し込むと内堀跡や本丸付近の石垣を見学することが可能です。

今回のフィールドワークでは南郷公園から亀山城跡に向かって歩き、石垣を中心に見学しました。

南郷公園で本校教員から亀山城の説明を聞きます

亀山城址の説明は大本の職員の方にしていただきました

石垣の説明を聞きます

天下普請の名残 刻印のある石
   
     6月8日

中学生対象のものづくり教室を開催しました。   

今からつくるものについての説明
中学生を対象としたものづくり教室を開催しました。

参加者は中学生12名で、本校からは工業科の教員が指導にあたり、テクニカル工学系列の生徒が指導を補助しました。

サイコロ型のプラスチックの箱に、電池とLED,抵抗、スイッチ等の部品をつけた基盤を入れてサイコロLEDを作ります。

万力ややすり、ラジオペンチ、ハンダごてなど、工作道具を初めて使う中学生も多く、少し難しく感じる工程もありましたが、それだけにLEDライトがついたときの喜びはひとしおだったと思います。

こうした体験を通して、自分ものをつくる喜びを感じてもらえたらうれしいです。

はんだ付けの練習をします

やすりで基盤のバリ(ふちのはみだし部分)を取ります

電動ドリルでプラスチックに穴をあけます

穴をあけたプラスチックの箱(サイコロ)

基盤に部品をはんだ付けします

基盤を箱に入れます

スイッチ押すとLEDが点灯するかチェック

最後に箱にふたをつけて完成です
   
     6月6日

球技大会を開催しました。    

前日までの雲も消え、晴天のもと始まりました。
 球技大会は生徒が企画,・運営する生徒会行事です。

生徒会役員、体育委員や部活動生徒達が種目のエントリーから対戦表の作成、各会場や用具の準備等までこなします。

1年生はサッカーとバレーボールで学年内で試合をします。2,3年生は学年混合でバスケットボール、サッカー、バレーボール、バドミントンの4種目で試合をします。

各競技で勝ち点を決めておいて、クラスごとに成績を競うクラス対抗の形になっています。

総合成績は、1年の部:優勝1年4組、準優勝1年2組 2・3年生の部:優勝3年5組、準優勝3年1組、三位3年3組でした。

前日までは曇り空で、天気が少し心配でしたが、当日は雲一つない晴天で、30℃を越える暑さの中、生徒達は熱戦を繰りひろげていました。

開会式

準備体操

サッカー

サッカー

バレーボール

バレーボール

女子バスケットボール

男子バスケットボール

バドミントン

閉会式 表彰
   
     6月5日

PTA登校指導を実施しました。

8時前に校門に集合しました。
PTA生活厚生委員の取組である登校指導を朝の登校時間に実施しました。

PTA役員の方以外に、亀岡警察署、亀岡交通安全協会、亀岡市の方々に御参加いただきました。

朝の登校時の通学路に立ち、歩道に広がらない、信号、横断歩道を守る、自転車のマナー等を指導しました。

南丹高校前の道路は直線区間が長く、車のスピードが出やすいこと、また朝夕の通勤・通学時間帯の交通量が多いため、生徒の通学、特に車道を走る自転車通学には危険が伴います。

側道にも見通しが良くないところがあり、気をつけて通行しないと危険ですので、交通法規、交通マナーを守ることが大切です。

PTA生活厚生委員のみなさん

月よみばし東側の交差点

学校西側かど

学校東側T字路

学校東側かど

校門前の歩道西側
   
    6月2日

ガレリアかめおかで開催された口丹高校合同説明会に参加しました。     

ガレリアかめおかの2階大広間3が南丹高校の会場です
口丹高校合同説明会は口丹通学圏内の6つの高校と1つの支援学校が共同で、中学生とその保護者を対象に説明会を行うものです。

南丹高校では総合学科の魅力や系列、学校行事、入学者選抜等についてそれぞれ説明を行いました。

来場者の受付や案内、司会とそれぞれの説明は、ボランティアで参加した生徒によって運営されました。

生徒の原稿を見ないで自分の言葉で話す、しっかりとした説明は来場者にも好評でした。

会場内には、部活動の写真や課題研究の展示もあり、個別相談、テクニカル工学系列によるものづくり体験も開催しました。

当日は1回目130名、2回目90名、3回目40名の来場があり、合計約260人の来場者がありました。

生徒が頑張って、受付や案内をしていました

パネルや壁面に写真、課題研究成果等を展示しました

校長あいさつ 午前中の会場内は満席でした

総合学科についての説明

系列については1系列ごとに説明しました

学校行事の説明

園部高校、亀岡高校は本校と同じ2階が会場でした

1階を会場とする学校もありました
   
    5月30日

3年生の総合的な学習の時間で貸し農園に行き、農業に関する学習をしました。
3年生の総合的な学習の時間の課題研究です。

生活科学分野のうち13名は学校の近くにある農園「にのうみファクトリー」に行きました。

そこで、農家の高齢化と後継者問題、耕作放棄地、地産地消などについての説明を聞いた後、実際に苗を植える作業を体験しました。

用意してある畑に苗を植え、添え木を立てる等の作業ですが、初めて農作業をする生徒も多く、新鮮な体験だったようです。

今後、継続的に様子を見て世話をしていき、収穫できれば調理にも挑戦していきます。
   
    5月30日

3年生の総合的な学習の時間でソーラーシェアリング圃場の見学に行きました。

カーボンマイナスプロジェクトについての講義
3年生の総合的な学習の時間では、グループに分かれて課題研究を行っています。

自然科学分野の21名は環境問題について研究しています。

今回は龍谷大学地域協働総合センターから講師の方に来ていただき、カーボンマイナスプロジェクトについての説明を聞いた後、南丹高校の近くにあるソーラーシェアリング圃場の視察に行きました。

ここでは、太陽電池を高い位置に設置し、その下の部分で作物をつくる等のクルベジに取り組んでいます。

設備や圃場に関する説明を聞いた後、地面の温度の測定等を行いました。

ソーラーシェアリング圃場まで歩いて行きました

太陽光発電装置の下で説明を受けます

放射温度計で地面の表面温度を測定します

地表の少し下の温度も測りました
   
    5月27日

家庭科目『生活と福祉』の授業で車いす体験をしました。

亀岡園の職員の方から車いすの使用法を聞きます
3年生の選択科目『生活と福祉』の授業で、南丹高校の近くにある老人ホーム「亀岡園」の職員の方に来ていただいて、高齢者の生活や身体的特徴を理解し、接する上での留意点等について学びました。

認知症関係の知識、お年寄りの身体の特徴などについての講義を聴いた後、 車いすの操作方法、注意点などの説明を聞き、実際に車いすを体験しました。

生徒同士で乗る役と押す役を交代しながら校内を移動しました。

初めて乗る生徒も多く、特に段差を超えるときなどはかなり不安に思うことにも気づきました。

この授業では2学期には高齢者との交流をする予定です。

段差の乗り越える場合について説明を聞きます

生徒同士で車いすを押して体験してみました
   
    5月27日

学校設定科目『地域研究』で保津川下りに行きました

出発前に保津川下りの歴史等の説明を聞きます
3年生の学校設定科目『地域研究』では、フィールドワークで校外で寺社や城跡、古墳、古い町並みなどを実際に見学して、地元の歴史や文化を学びます。

今回は保津川下りを体験しました。

はじめに保津川遊船の方から保津川下りの歴史、南丹地域の木材や米などを都である京都に運ぶ水運であったこと、川が拡幅や切削で整備されていることなどを学びました。

実際に船に乗って、途中にある綱のあとなどで、昔は船を上流に戻すのに人力で引っ張っていた話などを聞きながら、流れの緩やかなところで櫓を持たせてもらったりしました。

約1時間半かけて京都嵐山に到着しました。 地域研究は2講座あり、2週に分けて保津川下りを体験しました。

保津川に降りていきます

乗船していきます。他の船には一般の方も見えます

出発してしばらくは、緩やかな流れです

櫓(ろ)の使い方を教えてもらっています

ちょっと様になってきました

保津峡の中盤では流れの急なところもあります

山肌に昨年の大雨や台風の被害が残っていました

トロッコ列車が通ると手を振ってくれます

嵐山につくとお菓子などを売る船が近づいてきます

最後に記念写真を撮りました
   
     5月20日

後援会総会・PTA総会を開催しました。

後援会総会
令和元年度の後援会総会を開催しました。

昨年度の事業報告、決算報告、監査報告後、今年度の役員、事業計画、予算の提案がありました。
いずれも原案通り承認されました。

続いて、PTA総会が午後2時30分から開催されました。

事業報告、決算報告、監査報告及び今年度の役員、事業計画、予算が提案され、いずれも原案どおり承認されました。

PTA講演会は「今時の若いモンとの付き合い方」を演題に認定コミュニケーション・トレーナーの竹内博士氏に講演いただきました。

午後4時からは各学年ごとに学年PTAを開催しました。

後援会総会

PTA総会

PTA総会 新役員紹介

PTA講演会 
   
    5月15日

生徒総会を開催しました。  
令和元年度の生徒総会が開催されました。

生徒が体育館に集合し、各クラスの代議員が出欠を確認し、 総会が成立することを確認した後、生徒会長が開会を宣言しました。

生徒会執行部から昨年度の生徒会費決算報告、今年度の生徒会費の予算案報告があり、承認されました。

その後、 新監査委員の紹介、年間行事計画の発表 執行部の紹介があり、最後に 各委員会の委員長による年間計画の発表がありました。

この総会によって生徒会予算、行事計画等が承認されたことで、今年度の生徒会の活動が本格化します。
   
       4月26日

3年生が遠足でひらかたパークに行きました。
3年生はひらかたパークに行きました。

午前10時にひらかたパークのゲート周辺に集合し、出欠確認をした後、入場してグループごとに行動しました。

パーク内での行動は事前に学校で計画を立てておいて、アトラクションを楽しみ、昼食もグループごとに取りました。

幸い天気に恵まれて、帰るころには曇ってきましたが、昼間は暑いぐらいの好天で、遊園地を満喫できました。

3年生になってクラス替えもあって緊張していたり、勉強も難しくなってきて、進路について考えることも多くなってきた新学期ですが、遠足のひと時を楽しく過ごすことで、これから一年間、最終学年を頑張っていく意欲が湧いてきたことと思います。
   
       4月24日

2年生が遠足でアクトパル宇治に行きました。
 2年生が遠足でアクトパル宇治に行き、バーベキューをして親睦を深めました。

当日は、学校のある亀岡では雨模様でしたが、現地では雨は降らず、ちょうど良い気候でした。

新しいクラスでちょっと緊張していた生徒達も、クラスごとにバスで移動し、バーベキューをするうちに打ちとけて、親睦を深めることができました。
   
      4月8日

第41回入学式を挙行しました。 

第41回入学式
平成31年度 第41回入学式を午後2時より、本校体育館で挙行しました。

担任に先導されて新入生180名が入場し、呼名後、校長から本校への入学を許可されました。

新入生宣誓、校長式辞、来賓紹介、祝文・祝電披露と厳粛な雰囲気の中、式が進行しました。

義務教育であった中学生までと違い、高校生として一歩踏み出した新入生は、まだ緊張した面持ちでしたが、積極的に学び、部活動にも頑張り、高校生活を充実したものにしてほしいと思います。
入場 1組
入場 2組

入場 3組

入場 4組

入場 5組

入場 6組

平成31年度 入学生 180名

入学生呼名 入学許可

入学生宣誓

校長式辞

担任紹介

入学生退場
   
   3月30日

文化系部活動発表会をガレリアかめおかで開催しました。    

響ホール入口 書道部展示
 ガレリアかめおかで書道部、美術部、吹奏楽部、ESS部、合唱同好会の合同発表会を開催しました。

会場には書道や美術の展示をして、ステージではダンスやミュージカル風の朗読劇、歌の発表などをしました。

午前10時から午後3時半までの展示で、演奏や合唱の発表は11時半と午後2時の2回しました。

土曜日で休日にも関わらず、多くの皆さんが見に来てくれました。ありがとうございました。

美術の授業作品
 
書道の授業作品 「かなの手鑑」

歌とダンス 「perfect」
 
ミュージカル風朗読劇「白雪姫」

合唱部 「桜の季節」
 
出演者全員そろっての挨拶