南丹高校の最近の出来事をおしらせします 
  トピックス
  トピックスについて

 南丹高校の校内行事や校外のイベント等で生徒が
 活躍する姿を掲載しています。

 学校行事・生徒会行事・PTA行事

 産業社会と人間、学校設定科目、総合的な学習
   の時間の取組等、授業での特色ある取組

 地域の祭や行事への参加、大学等との連携事業

 本校の進学説明会やオープンハイスクール

 平成31年_令和元年度のトピックスはこちら← 
 
 
     1月15日

「生活と福祉」の授業で、手話体験学習を実施しました。       

マスクをしていると口の形が見えず、表情も読み取りにくいので、この授業では、フェイスマスクを使用しました
3年生の家庭科目「生活と福祉」の授業で、口丹聴覚障害者協会亀岡支部から、亀井智美様を講師として招いて手話体験学習を実施しました。

前半はお話を聞いて、聴覚障害について学びました。

難聴の種類や手話でのコミュニケーションをとるときにも、顔の表情や口の形、手を見て判断すること、日常生活で困ること、たとえば電子レンジ、炊飯器、洗濯機、インターホンなどの音が聞こえないことなどの話を聞きました。

目と耳を使ってわかる方法が増えたら、お年寄りや外国の方にも理解しやすく優しい社会になるのではないかなど、聴覚障害を通して自分たちの生活や社会について考えさせられるお話でした。


後半の手話体験では、言葉ではなく、身振り手振りで内容や文章を伝えるゲームをしたり、自己紹介や趣味などの表現を体験しました。


<生徒の感想より>
・手話って手の動きだけじゃなくて表情とか口パクもつけてつかえることは大事ってわかった。
自分の名前の手話を教えてもらった。

・聴覚障害で、緊急の放送やニュースがわからなかったり、病院の呼び出しが聞こえなくて飛ばされることがあったりなど、毎日周りを気にして過ごさなければならなく、不安になることが印象に残った。

・言葉や意味をを話さずに人に伝えるのはむずかしい。色覚的なものを人に伝えることも難しいことに気づいた。

はじめに、手話ではなく身振り手振りなどで、文章を伝えるゲームをしてみました

自分の名前や趣味などの表現などの手話を体験しました

手話を覚えようと、みんなでやってみました。
   
     12月22日

オリンピックパラリンピック事業で、全日本ブレイキン選手権で第2位の俣野斗亜選手を招き、講演を聞きました。

前半はブレイクダンスについての講演でした
オリンピックパラリンピック教育推進校事業の一環として、第2回全日本ブレイキン選手権で第2位となった本校卒業生の俣野斗亜選手を招き、講演を聞きました。また、パフォーマンス、実技体験も実施していただきました。

ブレイクダンスは、2024年にパリで開催されるオリンピックから正式種目となることが決まり、最近注目が集まっています。

前半は視聴覚室でブレイクダンスについての講演を聞きました。その後体育館に移動し、実技体験を行いました。最後に演技を見せていただきました。

この事業は、オリンピックへの関心を高めること、スポーツに親しむ心を育むこと及び世界を代表するアスリートから自己実現に必要な資質を知り、競技力向上と自己肯定感を高めることを目的に実施していますが、特に今回は本校卒業生の活躍を知ることで、自信を持って、これからの自らの進路を考えていく力になったことと思います。

体育館に移動して実演

生徒たちに基本の動きを指導

逆立ちからの練習

俣野さんの実演は迫力があります
   
     12月17日

亀岡市庁舎で開催された「プラごみゼロアクション 成果報告会」で環境活動を報告しました

発表会には南丹高校と亀岡高校が参加しました
南丹高校と亀岡高校では、亀岡市と家庭用浄水器メーカーBRITA Japanが共同開発した環境をテーマにした教材で環境教育に関する取り組みをしてきました。

この取り組みの成果報告として、12月17日に亀岡庁舎にて、開催された「プラごみアクション成果報告会」で、発表を行いました。

南丹高校では3年生の総合的な学習の時間の全12回の授業で、プラスチックごみ削減に向けて3つのプロジェクトを立ち上げ、市やBRITA Japanからアドバイスをいただきながら、活動してきたことを発表しました。

発表会で桂川亀岡市長並びにBRITA Japan代表マイケル・マギー氏から発表に対するコメントをいただきました。

生徒からは、今後も環境活動に取り組んでいきたいという声が上がっていました。

南丹高校の発表

亀岡市庁舎で感染予防対策をとりながら実施しました

桂川亀岡市長とマギーBRITA Japan代表

発表する南丹高校生

プロジェクトについての説明

BRITA Japanからは記念品をいただきました

環境教育プログラムの修了証をいただきました

南丹高校発表者の記念撮影
   
   11月6日

「生活と福祉」の授業で、松花苑 ワークスおーいを訪問しました。  

クリーニング施設
今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年実施している施設利用者様との交流は実施せず、施設長様による講義と施設見学を行いました。

施設長様から、障がいのある人が、人として主体的に尊厳ある生活を送り、その人らしく安心して暮らすことができるように、ライフステージにそって、必要な支援を提供するという理念や、障がいのある人への支援などのお話を聴く中で、障がいとは何か、また必要な支援はどのようなものかを学びました。

また、ワークスおーいでは、クリーニングやベーカリー&カフェ・「ぱすてる」などの施設を見学し、パンや焼き菓子等を販売されている「ぱすてる」では、特に卵にこだわって製造されていることを知り、説明を聞いた後に生徒は「どのパンがおすすめですか?」などの質問をしていました。

今回の訪問で、障がい者一人ひとりが主体的に働くことや活動に参加していくことができるように支援をされている現状を知るよい機会となりました。

クリーニング施設

ベーカリー&カフェ・ぱすてる
   
    11月1日

京都府高等学校総合文化祭で出雲風流花踊りを披露しました。

本番前練習
学校設定科目「京都文化学入門」では、伝統文化を学び、体験する授業をしています。

伝統文化の一つとして出雲風流花踊りを、京都市東部文化会館(京都市山科区)で開催された京都府高等学校総合文化祭の舞台で披露しました。

出雲風流花踊りは、南丹高校の近く、亀岡市千歳町にある出雲大神宮に奉納される伝統ある踊りで、生徒は花踊り保存会の方に教えていただいて、練習しています。

当日は、花踊り保存会の皆様にも、着付け、踊りの指導に現地まで来ていただき、無事、踊りを披露することができました。

舞台発表

舞台発表
   
   10月29日

体育祭を開催しました。

準備するスタッフ
体育祭を開催しました。

今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため、開会式と閉会式は校内放送を教室で聞く、競技ごとの手洗いや消毒を行う、密にならないように競技を実施する等、例年とは異なる中での開催となりました。

新種目のドッジボールを加えるなど、生徒会と体育委員、部活動生徒を中心に生徒が企画から、運営・進行に頑張りました。

大縄跳びや台風の目、クラス対抗リレーでは、大変に盛り上がり、一生懸命に走る姿や応援する姿が見られました。

少し風が強く、肌寒い時もありましたが、天候に恵まれ、充実した体育祭となりました。

100m走

ドッジボール

スポーツ雪合戦

クラス対抗リレー

玉入れ

台風の目
   
    10月2日

家庭科目の『生活と福祉』で、車いす実習を実施しました。

スロープと段差で上りやすさを比べてみました
家庭科の専門科目『生活と福祉』は、高齢者の健康と生活,介護などに関する知識と技術を学び、自立生活支援と福祉の充実に寄与する能力と態度を育てる科目です。

今回は車いすで、学校から約1km離れたJR千代川駅まで行く体験実習をしました。

普段、通学に使う道を車いすで移動すると、道路の段差や傾斜、踏切の線路すきまなど結構大変なことに気づきます。

また、駅の券売機やコンビニなど普段の生活では何気なく使っているものも、車いすでは使いにくい部分があることを体感しました。

共生社会に向けて、どういったことが必要なのかを体感し、考えることのできた授業でした。

橋への斜面 上り坂を押すのはかなり力がいります

 線路の横の溝が怖く感じます 斜めに進むと衝撃が小さい

券売機 立っているときより押しにくい

補助の人がいないと棚の上の方に届かない
   
    9月26日

中学生対象のオープンハイスクールを開催しました。  

全体会
中学3年生を対象としたオープンハイスクールを開催しました。

はじめに、全体会で本校・総合学科の特色の説明、入学者選抜(高校入試)、総合知的探究系列、進路状況等の説明があり、その後、部活動体験をしました。

また、希望者を対象に個別相談もありました。

今年は、午前・午後の2回に分けて開催し、人数の多い午前の部は3か所に会場を分散して実施しました。

この機会に南丹高校についての理解を深めていただき、来年度の進学への意欲を高めていただければと思います。

部活動体験 サッカー

部活動体験 バスケットボール
   
      9月2・3日

第41回文化祭を開催しました。


3年生 演劇
令和2年度 第41回文化祭を開催しました。

今年のテーマは「破 ~Break common sense~」です。

取組内容は
  1年生 教室企画
  2年生 教室企画
  3年生 演劇(体育館)

このほかに部活動による作品展示、茶道部のお点前等がありました。
 
文化祭テーマ パネル

2年教室企画

1年教室企画
   
     8月9~12日

体操競技部が京都府民総合体育大会体操競技・新体操選手権大会で個人優勝しました。

平均台
8月9日~12日に向日市体育館で開催された京都府民総合体育大会体操競技・新体操選手権大会高校生の部において、本校体操競技部の德次亜優(1年)が個人選手権で第1位となりました。

 <種目別成績>
  跳馬       5位
  平均台      1位
  ゆか       3位
  段違い平行棒   1位

  総合       1位


德次選手は10月に開催予定の全国大会に出場します。

跳馬
(クリックすると動画(mp4)が再生されます)

   
    7月26日

ソフトテニス部が北西ブロック選手権大会で、準優勝・3位の成績を収めました。
       7月25日(土)・26日(日)に開催された令和2年度北西ブロック選手権大会で、本校ソフトテニス部が、準優勝、第3位の成績を収めました。

  白井莉久(3年)・渡邉魁(2年)ペア  準優勝

  千崎優馬(2年)・辻浦拓武(2年)ペア 第3位

上記の2ペアは、ベスト16入りした笹尾・尾崎ペア 橋本・木戸ペアとともに、8月9日(日)に行われる府下大会(福知山三段池テニスコート)へ出場します。
   
     4月8日

第41回入学式を挙行しました。 

第42回入学式
令和2年度 第42回入学式を午後2時より、本校体育館で挙行しました。

新入生137名が入場し、担任による呼名後、校長から本校への入学を許可されました。

新入生宣誓、校長式辞と厳粛な雰囲気の中、式が進行しました。

今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、時間の短縮や間隔をあけての着席、換気等例年と異なる部分もありましたが、新入生には高校に入学したという気持ちを新たにし、積極的に学習に取り組み、仲間をつくり、部活動にも頑張る、充実した高校生活を送ってほしいと思います。

クラス発表

クラス発表

新入生入場 1組

新入生入場 2組

新入生入場 3組

入場 4組

入場 5組

入学生呼名

入学生呼名

入学生呼名

入学生宣誓

校長式辞

担任紹介

入学生退場