2019年03月27日
 

平成31年3月24日(日)、木津川市いずみホールで行われた「こどもだってプログラミング」に自然科学部員(中学生・高校生)がスタッフとして参加させていただきました。当日は、NPO法人Creative AdventureやNPO法人やましろきっづサイエンスの講師の先生方と一緒に、参加者の小学生のお手伝いをさせていただきました。

どのように説明すれば、小学生に伝わりやすいのか?。上手く説明できなかった部分も多くあったと思いますが、いろいろと考えながら楽しむことができました。貴重な機会を与えていただきました主催者の先生方に感謝申し上げます。

 
 
 
 
 2019年03月24日
 

平成31年1月26日から4月8日までの約2か月のオーストラリア中期留学に、今年度は本校から2名の生徒が参加しています。オーストラリアでの生活も残るところあと少しですが、留学生徒から留学体験記が届きました!第4弾はQ&A形式の1年8組田口開智くんのインタビューをお届けします。

IMG_2182.JPG1.学校の授業で一番興味のある科目は何ですか。
英語です。最近のニュースについて肯定的な意見と、否定的な意見の記事について、どのような表現が使われているのかを比較するという授業です。日本の国語のような授業だと思っていましたが、内容が全然違うので面白いです。

2.一番難しい科目は何ですか。
地理です。貧困の国についての資料を読み、それについて自分の意見を述べます。資料を読むのに時間がかかりますし、英語で意見を書くのが大変です。

3.南陽高校との違いベスト3
・授業でノートパソコンを使う。
 みんな自分のノートパソコンを持っています。インターネットで調べたり、資料の作成などで使います。
・校内に売店がある。
 物価が高いので、ペットボトルのジュースが3ドル60セント(だいたい300円ぐらい)します。それでも毎日たくさんの人が利用しています。日本でも学校によってはあると思うので、ぜひ南陽高校にも設置してほしいです。
・学校の終了時間が早い。
 放課後の時間が長いので、毎日有意義な時間を過ごせます。


IMG_2234.JPG

4.オーストラリアで食べた一番おいしいものは何ですか。
ハンバーガーです。ハンバーガーショップが多いので、いろいろな種類が楽しめます。

5.使える英語の表現は?
付加疑問文にすることです。分からない時や、あっているか不安な時は語尾を上げて相手に確認できますし、語尾を下げると同意を求める表現になり、会話が続くので便利です。

6.1日のスケジュールを教えてください。
6時に起きて、7時半に授業が始まり、1時前には終わります。放課後は、遊びに行ったり、課題をしたりしています。

7.留学してから気付いた日本の良いところはありますか。
日本のマナーの良さです。バスで学校に通っているのですが、1人で2席分使う人が多く、混んでいるときは隣に人が座らないようにカバンでガードされていて、とても座りにくいです。

8.通っている高校はどのような学校ですか。
先生と生徒の距離が近いです。また、留学生に対してとても親切で、分からないことや困ったことがあればしっかりと対応してくれます。

9.ホームステイしているエリアはどのような雰囲気ですか。
海が近いため、ウォーターアクティビティーが盛んです。週末になるとサーフィンをする人や、釣りをする人、またビーチバレーの大会があったりなど、イベントがたくさんあってにぎやかです。

10.休日には何をしていますか。
ショッピングモールに行ったり、映画を見たり、海に行ったりしています。少し前に友達と都市に行きました。

 
 
 2019年03月24日
 

平成31年1月26日から4月8日までの約2か月のオーストラリア中期留学に、今年度は本校から2名の生徒が参加しています。オーストラリアでの生活も残るところあと少しですが、留学生徒から留学体験記が届きました!第3弾はQ&A形式の1年1組中岡萌さんのインタビューをお届けします。

20190215_140956.jpg
1.学校の授業で一番興味のある科目は何ですか。
ドラマです。名前の通り役を演じるのですが、皆本気なので完成度はかなり高いです。シェイクスピア作品の一部の場面を現代風にしたり、役柄を変えてみたり...。意見交換が活発な教科で楽しいです。

2.一番難しい科目は何ですか。
METという授業です。主に研究活動をしています。グループでは植物、個人ではオーストラリアの外来種をテーマに自由に研究ができます。英語の資料を読むのもそうですが、レポートを書くのが本当に大変です。先生や友達に添削してもらいながらなんとか書いています。


3.南陽高校との違いベスト3

(1) モーニングティーという休み時間がある
小学校の中間休みのようなものです。40分あり、30分の昼休みより長いです。私はこの時間に昼食の半分を食べ ています。ちなみに1限と2限の間に休憩はありません...。
(2)校舎と職員室が多い
AブロックからWブロックまであります。ほとんどの校舎に小さな職員室があり、それぞれ違う先生が使っています。教科担当の先生の職員室はどこなのか把握しておかないと、見つけるのに苦労します。

(3)時間割が個人で異なる
自分のクラスはありますが、クラスメイトとは朝の連絡事項やホームルームくらいしか一緒にいません。選択教科が多いので、同じ教室で授業を受けることがない人もいます。


4.オーストラリアで食べた一番おいしいものは何ですか。
ナチョスという料理です。スナック菓子のコーンチップにミートソースとチーズをのせたもので、よく夕食として出されます。材料にお菓子を使うのに驚きました。


5.使える英語の表現は?
That's all rightは励ましの「大丈夫」として便利です。また、make senseをよく会話で耳にします。「道理にかなう」という意味ですが、説明が十分だったか、言ったことの意味が分かったか尋ねるときに使われます。


6.1日のスケジュールを教えて下さい

7:30 起床、朝食

8:20 出発(ホストマザーが車で送ってくれます)

8:30~14:55 学校

15:30 ホストマザーの両親の家 (宿題やテレビ、買い物と自由に過ごしています)

18:30 夕食

19:30 帰宅、弁当作り

21:30 シャワーなど就寝準備

22:00 就寝 20190218_175207.jpg


7.留学してから気が付いた日本の良いところはありますか。

・清潔なこと

家の中に蟻やハエは当たり前です。

時々蟻の行列を見かけます。

・シャワーの使いやすさ

水が出ない、勝手に止まる、熱湯・冷水、謎の雑音などかなり厄介です。

・食べ物を大切にすること

事も無げに食べ物を投げたりその場に捨てたりするのは本当に衝撃です。


8.通っている高校はどのような学校ですか。

私の滞在している町で一番大きな学校です。

留学生が多く、先生も生徒もいつも気にかけてくれています。


9.ホームステイしているエリアはどのような雰囲気ですか。

ブリズベンから車で2時間と、都会からはなれた静かな町です。

とにかく公園が広いです。


10.休日には何をしていますか。

ホストマザーの両親や親戚の家に行ったり家で映画を見たりしています。親戚に子供が多いので一緒に遊ぶことが多いです。

 
 
 2019年03月20日
 

本日3月20日(水)に終業式が執り行われました。

初めに校長先生より、

 「今までの一斉授業や課題を中心とした「教え育てる」時代は終わり、平成が終わる次の時代は「引き出す」時代である。

 これからは個人に応じた質の高い学びが必要となる。そのときに重要となるのは「主体性」である。南陽高校では自立して学習に向かうために「4つの奨励」など授業以外の様々な仕掛けを用意している。そして今後さらに、課題の縮小など「生徒に時間を返す」ことを実践していく。

 南陽の主体性重視の流れにうまく乗り、単に知識や技能を吸収するだけでなく、「学ぶことの楽しさ」を味わってほしい。」

というお話をいただきました。

次に生徒指導部長、岡本先生より、

 「3月から5月の時期に自転車の事故が多くなるので気をつけてほしい。またSNS、インターネットの健全な使用を心がけてほしい。ロッカーや自転車の鍵の確実な施錠など、言われるからやるのではなく自己管理してほしい。」

というお話が、

次に進路指導部長、井上先生より、

 「卒業生講演会から一週間がたったがどうか。春休みはリフレッシュしつつも、どこかで必ずやる気はだしてほしい。中学生は来年度より後輩が入ってくる。後輩がどのように自分たちの行動を見るかを考えて行動してほしい。」

というお話をいただきました。

次に生徒会より生徒会活動報告とアンケートのよびかけがありました。

最後に、表彰式・壮行会が行われ、多くの生徒が表彰を受けました。

 
 
 
 
 2019年03月13日
 
 
 

平成31年3月9日(土)午後、第2回 附属中学校入学予定者説明会を実施しました。

今回の説明会では、6年一貫教育における教育内容について、担当から説明を行いました。

また説明会の後には白衣の採寸や物品購入、証明写真の撮影が行われ、新しい学校生活に向けて期待感にあふれていました。

 
 
 2019年03月01日
 

本日、第31回卒業証書授与式が執り行われました。

卒業式日和のさわやかな快晴で、天候も卒業生の皆さんの門出を祝福してくれているようでした。

南陽高校三年間の最後となる本日を、皆さんはどのような思いで迎えられたのでしょうか。

31期生の皆さんがそれぞれの道に進み、御活躍されることをお祈りしております。

御卒業おめでとうございます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 2019年02月28日
 

2月28日、明日卒業を迎える3年生の同窓会入会式が行われました。

大竹同窓会長より、「社会に出ること」についての話がありました。また、同窓会からの記念品として卒業証書ホルダーが授与されました。

 
 
 
 
 2019年02月26日
 

2月26日(火)に中学生の球技大会を実施し、スーパードッチ、ボビー(ドッチボールとドッチビー)、王様ドッチの3種目を行いました。

先生方を招待し、ボビーでは生徒チーム対先生チームの対戦もあり、普段では見られない姿を見ることもできました。

実行委員を中心に種目選びからルール検討まで行い、1年の終わりに楽しくかつ、みなで協力できた球技大会となりました。

 
 
 
 
 2019年02月22日
 

オーストラリア中期留学中の生徒からの留学体験記を紹介します。第二弾は1年8組の田口開智くんです。


オーストラリアに滞在して1ヶ月が過ぎようとしていますが、学校生活にはある程度慣れてきました。日本と違い、朝7時半から授業が始まり、70分の授業を4つ受け、なんと12時55分には学校が終わります。朝が苦手ということもあり、慣れるまで少し時間がかかりました。放課後は宿題をしたり、友達と一緒にビーチやショッピングセンターへ行ったりしています。また、週末にはパーティーがあったり、少し遠い所へ遊びに行ったりしています。

授業に関して言うと、生物と数学の授業は、日本で習ったことを英語で復習するような感じです。生物は細胞の範囲を習っています。数学は三角比を習ったかと思ったら、小学生の時に習った分数の計算をしたり...と、とてもバラバラです。どちらもすでに学習した範囲ではあるのですが、一度習ったからといって、簡単というわけではありません。英語でどう言うのかが分かりませんし、問題文を読み切るのにも少し時間がかかりますし、たくさんの用語を覚えなければならないため、とても大変です。他の教科でも知らない単語が多く使われていて、調べながらなんとか頑張っています。

分からないことだらけで、大変で... けどそれが刺激的で毎日が楽しいです。自分が話している英語は間違いだらけに違いありませんが、それでも相手に伝わったときはとてもうれしいです。日本では経験できない高校生活を、残りの一か月も楽しみたいと思います。

IMG_1979.JPG

 
 
 2019年02月22日
 
 
 

平成31年1月26日から4月8日までの約2か月のオーストラリア中期留学に、今年度は本校から2名の生徒が参加しています。オーストラリアでの生活が始まってから数週間が経ち、留学生徒から留学体験記が届きました!第1弾は1年1組の中岡萌さんのエッセイを紹介します。



こちらは毎日30℃超え、日本の冬が恋しくなるくらいの猛暑です。到着後数日は、聞き慣れない発音に苦労しました。オーストラリアの人は本当に"today"を"トゥダイ"と言います!片仮名に変換できるほどはっきりしたトゥダイなんです。初めて聞いたときは何か知らない単語かと思いました...。

学校はとても広いです。私の方向音痴もありますが、今でも校内マップがないと迷子になります。生徒と教師の距離がとても近く、皆のんびりしています。なんと一日70分4時限授業!楽に思うかもしれませんが、70分集中し続けるのは結構大変です。

ホストマザーは仕事があるので、私は毎日彼女の両親の家に帰ります。両親もブラジル人と中国人の留学生を呼んでいて、よく喋ります。英語が母国語でない人達と、英語で他愛もない話ができることが嬉しいです。

週末には外出もします。日曜日に一度教会に行きました。礼拝と言ったら、古い壮大な建物にパイプオルガンというイメージがあったのですが、私が行ったところは建物が新しく、賛美歌(?)がバンド演奏!想像以上に近代的で衝撃を受けました。

早いものでこちらに来てもう3週間。最高の経験だったと思える留学にしたいです。


 
 
 2019年02月21日
 

平成31年2月21日(木)のダ・ヴィンチの授業では「先人に学ぶ」をテーマとして、校長先生に授業をしていただきました。

ゴシック体や明朝体など、日々、我々はさまざまなフォントの文字を目にしています。たとえば、企業名を表すために使われている文字のフォントに注目して下さい。フォントの違いに応じて、同じ文字列でも我々が受ける印象は異なります。

では、いつ誰がどのように、多様なフォントを作り上げたのでしょうか?

STEAM教育を柱にしたダ・ヴィンチの授業では、未知の課題に取り組む力を育みたいと考えています。未知の課題に取り組むためには、学習によって習得したさまざまな知識を活用する必要があります。各教科で学習した知識が今は点と点の状態であっても、将来、それぞれの点を線で結び、新たな発想へとつなげていく。当然、点が少ないと、複雑な線は描けません。

現在、勉強していることは何の役に立つのか・・・。新学期に向け、校長先生から大切なメッセージをいただいた授業でした。

 
 
 
 
 2019年02月20日
 

平成31年2月20日(水)、高校2年生は球技大会でソフトバレーボールを行いました。クラス対抗で行われた試合では、全力でプレーする選手への応援にも熱が入り、クラスの団結力がさらに強まりました。男子は1組・9組、女子は8組・9組が優勝でした。

 
 
 
 
 2019年02月20日
 
 
 

図書委員会のボランティア活動の一つとして、日頃から精華町「いけたに保育所」からお預かりした絵本の修理を行っています。2月6日には、図書委員(整備マイスター班)の8名の生徒たちが「いけたに保育所」を訪問し、園児たちに修理の終わった絵本を返却しました。このボランティア活動は今年で4年目になる取組です。今回は絵本の修理の仕方を園児たちに伝え、絵本の読み聞かせをさせていただきました。園児たちからの「ありがとう」という言葉が心に残る1日になったようでした。

 
 
 2019年02月20日
 

本校ではパナソニック教育財団から助成を受け、「Skypeやオンライン教材を活用した英語コミュニケーション力の育成」をテーマに取組を行っています。

skype授業は今年度3回実施しています。2月8日に行われた3回目の様子が、以下の財団ホームページで紹介されていますので、御覧ください。

http://www.pef.or.jp/school/grant/school_photo/20190220_03/

 
 
 2019年02月20日
 
 
 

伝統文化同行会華道部門では、バレンタインデーにあわせてバレンタインフラワーアレンジメントを作りました。

早春の花々と100円ショップで小物を用意し、デコレーションしてみました。

また、昨年のクリスマスには黄金ヒバを使ったクリスマスリースも作りました。

同行会が発足して1年が経とうとしています。生徒達も花を生ける事に慣れて、感覚をつかめるようになってきました。

季節や行事にあったいろいろな花を生けていくことで、いけばなの楽しみを味わうことが出来たと思います。

3月の卒業式には先輩方にお祝いの気持ちを込めていけばな展示を予定しています。

 
 
 2019年02月12日
 

平成31年2月9日(土)午後、第1回 附属中学校入学予定者説明会を実施しました。

今回の説明会では、学校生活と事務手続きについて、担当から説明を行いました。

また説明会の後には制服の採寸があり、新しい制服に身を包んだ姿が思い描かれ、入学式に向けて期待感にあふれていました。

 
 
 
 
 2019年02月06日
 

平成31年2月6日(水)、第1学年にて球技大会(ソフトバレーボール、ドッジボール、卓球)を行いました。クラス対抗にて行われた各競技では、仲間と一丸となって、楽しく、一方で真剣な試合が繰り広げられました。競技を通じて、クラスの絆がさらに深まった様子でした。

 
 
 
 
 2019年02月04日
 

1月30日(水)の午前中、韓国の光陽高校の生徒20名が本校に訪問しました。光陽高校の訪問は昨年に続き2回目になります。有志生徒を募集しての交流会を実施しました。最初に歓迎のセレモニーを行った後、バディを組んで、それぞれが南陽高校の紹介や施設案内、授業見学を行いました。その後、本校生徒が光陽高校生に対して抹茶のたて方をレクチャーし一緒に楽しみました。

全体交流では本校のなぎなた部の紹介と実演のあとに実際になぎなたに触れてもらいました。またマジック部の披露では歓声が上がってくれました。光陽高校からは有志による歌やダンスのパフォーマンスがあり会場を盛り上げていました。2時間という短い滞在時間でしたが、お互いの文化への理解が深まり、充実した交流となりました。

 
 
 
 
 2019年01月29日
 

平成31年1月26日(土)、けいはんなプラザイベントホールで行われた「けいはんな科学体験フェスティバル2019」に自然科学部が出展しました。当日は、「地震の揺れをゆるめるしくみを知ろう!」をテーマとして、内容説明および参加者の小学生との工作に取り組みました。準備や当日の運営など、部員にとって今後の自信へとつながる取り組みでした。

当日ご参加いただいた方々、お世話になりました運営委員会の方々に感謝申し上げます。