Loading…
 2019年04月08日
 

 4月8日(月)に、平成31年度京都府立南陽高等学校・附属中学校入学式が厳かに行われました。

  入学式の式辞では、越野校長は「学ぶといふこと」について話されました。「奢らない」「悪用しない」「独り占めしない」とういう3点を挙げられ、勉強は自分のためにするのではなく、人のためするものであるということを新入生に伝えました。

 喜びの言葉として、附属中学校新入生代表生徒は、学校生活で取り組みたいこととして「確かめる」「コミュニケーション」「ホライズン(自分の限界)に挑み続ける」ことをあげていました。また、高等学校新入生代表生徒は、「未来の自分を作るのは自分自身である」という決意と、「高校生活では他者と協力して物事を成し遂げる経験を積む」という目標を話しました。

 入学生の皆様ならびに保護者の皆様、御入学おめでとうございます。また、御出席いただきました御来賓の皆様、本当にありがとうございました。