Loading…
 2019年03月24日
 

平成31年1月26日から4月8日までの約2か月のオーストラリア中期留学に、今年度は本校から2名の生徒が参加しています。オーストラリアでの生活も残るところあと少しですが、留学生徒から留学体験記が届きました!第3弾はQ&A形式の1年1組中岡萌さんのインタビューをお届けします。

20190215_140956.jpg
1.学校の授業で一番興味のある科目は何ですか。
ドラマです。名前の通り役を演じるのですが、皆本気なので完成度はかなり高いです。シェイクスピア作品の一部の場面を現代風にしたり、役柄を変えてみたり...。意見交換が活発な教科で楽しいです。

2.一番難しい科目は何ですか。
METという授業です。主に研究活動をしています。グループでは植物、個人ではオーストラリアの外来種をテーマに自由に研究ができます。英語の資料を読むのもそうですが、レポートを書くのが本当に大変です。先生や友達に添削してもらいながらなんとか書いています。


3.南陽高校との違いベスト3

(1) モーニングティーという休み時間がある
小学校の中間休みのようなものです。40分あり、30分の昼休みより長いです。私はこの時間に昼食の半分を食べ ています。ちなみに1限と2限の間に休憩はありません...。
(2)校舎と職員室が多い
AブロックからWブロックまであります。ほとんどの校舎に小さな職員室があり、それぞれ違う先生が使っています。教科担当の先生の職員室はどこなのか把握しておかないと、見つけるのに苦労します。

(3)時間割が個人で異なる
自分のクラスはありますが、クラスメイトとは朝の連絡事項やホームルームくらいしか一緒にいません。選択教科が多いので、同じ教室で授業を受けることがない人もいます。


4.オーストラリアで食べた一番おいしいものは何ですか。
ナチョスという料理です。スナック菓子のコーンチップにミートソースとチーズをのせたもので、よく夕食として出されます。材料にお菓子を使うのに驚きました。


5.使える英語の表現は?
That's all rightは励ましの「大丈夫」として便利です。また、make senseをよく会話で耳にします。「道理にかなう」という意味ですが、説明が十分だったか、言ったことの意味が分かったか尋ねるときに使われます。


6.1日のスケジュールを教えて下さい

7:30 起床、朝食

8:20 出発(ホストマザーが車で送ってくれます)

8:30~14:55 学校

15:30 ホストマザーの両親の家 (宿題やテレビ、買い物と自由に過ごしています)

18:30 夕食

19:30 帰宅、弁当作り

21:30 シャワーなど就寝準備

22:00 就寝 20190218_175207.jpg


7.留学してから気が付いた日本の良いところはありますか。

・清潔なこと

家の中に蟻やハエは当たり前です。

時々蟻の行列を見かけます。

・シャワーの使いやすさ

水が出ない、勝手に止まる、熱湯・冷水、謎の雑音などかなり厄介です。

・食べ物を大切にすること

事も無げに食べ物を投げたりその場に捨てたりするのは本当に衝撃です。


8.通っている高校はどのような学校ですか。

私の滞在している町で一番大きな学校です。

留学生が多く、先生も生徒もいつも気にかけてくれています。


9.ホームステイしているエリアはどのような雰囲気ですか。

ブリズベンから車で2時間と、都会からはなれた静かな町です。

とにかく公園が広いです。


10.休日には何をしていますか。

ホストマザーの両親や親戚の家に行ったり家で映画を見たりしています。親戚に子供が多いので一緒に遊ぶことが多いです。