Loading…
 2018年12月21日
 

本日、12月21日(金)に終業式が執り行われました。

初めに校長先生より、「すぐ」やる、「まず」やる、「ざっくりと」やる、その大切さについてお話をいただきました。

 「すぐ」について、「今はムリ」などと言わず、余裕を待たないで「すぐ」やることが大切である。

 「まず」について、「今は基本を」などと言って逃げないで、まずやって、失敗して、改善をする。この繰り返しで成長していかなければいけない。

 「ざっくりと」について、失敗を恐れて完璧にしようとせず、致命的にならない限り失敗をしてもいいということを覚えておいてほしい。

 私たちの最終目標は失敗ではなく成功。そのために小さな「失敗」を繰り返そう。

といったお話でした。

その後、生徒指導部長の岡本先生より、

 冬休みも普段と同様に交通マナー、ルールに気をつけてほしいということと、冬休みは自由な時間がたくさんあるが、それは自分で責任を持たなければいけない時間も多くあるということだと自覚してほしい。

との話がありました。

その後、進路指導部長の井上先生より、

 1年の締めとして、自分を振り返る時間を少しでもよいので作り課題を見つけよう。3年生はセンター1ヶ月前となったが、結果に結びつかないことがあっても、自分の頑張りは必ず身になるので今のがんばりを続けてほしい。1・2年生は講習が来週から始まるが、「新たな力を身につけてやろう」という意識を持って参加してほしい。 

との話がありました。

最後に、成績報告会・表彰式が行われ、多くの生徒が表彰を受けました。

寒い折ですので健康に気をつけて、何でも「すぐ」「まず」「ざっくりと」やる有意義な冬休みとしましょう!