Loading…
 2017年07月24日
 

やましろ未来っ子サイエンスラリーの一貫として、南陽高校では、小学4~6年生の20名を対象に「音」の授業を行いました。 自然科学部の高校生もティーチングアシスタントとして参加し、小学生の実験の補助をしました。

・「音」を目で見てみよう

・人の聞こえる音の範囲

・音の干渉

・たたかなくても鳴る楽器

・身近なもので楽器を作ってみよう

という5つのテーマで実験を行いました。楽器作りでは、ストロー笛の長さを変えると音の高さが変わるなど身の回りにあるもので、いろいろな音が作れることを学びました。当たり前に聞いている音にも「なぜ」「不思議」と思うことがたくさんあると感じてもらえたと思います。

ぜひ、また南陽高校にお越しください。