Loading…
 2016年10月13日
 
 
 

名前 : 橋本 まつり
留学先 : オーストラリア・アデレード

 私は「オーストラリア語学研修プログラム」に参加し、2週間オーストラリアにホームステイしました。
これは私の初めての海外だったので、とても緊張しましたが、何か今までの自分ままではいけないと感じさせられた、充実した2週間になりました。

 私はもともと引っ込み思案な性格で、初めてホストファミリーに会った時、何を話せばいいのかわかりませんでした。しかし、毎晩意識して自分の部屋にこもらないようにしたら、自然と会話が増えていきました。そしてだんだん相手のことが分かり、徐々に自分のこともわかってもらえるようになりました。

 オーストラリアで私は大切なことを学びました。1つ目は「相手の目を見て話す」ことです。私が話した人に、目をそらして話す人はいませんでした。目線を合わせて話すことは、気持ちが伝わりやすく、聞いてもらいやすくなります。2つ目は「曖昧な返事をしないこと」です。日本では迷った時や遠慮したい時などに、はっきりした返事をしないことがあります。しかし海外ではこういった返事は返事とは受け止められません。自分の意思表示がどれほど大切であるかを身をもって理解することができました。

 海外に行くことで、日本で英語を勉強するより英語力がつくというのはもちろんですが、気持ちの面でも強くなることを実感しました。また日本と外国の違いを感じ、日本という国を外から見ることで、あらゆる面で視野が広がったような気がします。この留学で経験し学んだことを忘れることなく、これから活用していきたいと思います。