Loading…
 2015年04月23日
 
 
 

 南陽高校には、運動系、文化系合わせて23の部活動と新聞、放送の2つの局があります。部局に加入する生徒は毎年増加し、今年度の加入率は全体の80.6%に達しました。
 4月23日(木)、全部局員が体育館に集結して、南陽高校における部活動の意義を確認する「部局員アッセンブリ」が行われました。小川雅史校長からは、部活動への熱いエールが送られました。
 「部局員アッセンブリ」では毎年、代表生徒による講話が行われます。今年度、講師を務めた西本賢良君(陸上競技部)は全部局員に向けて、「部活動は、学習と両輪です。どちらもおろそかにしては成り立たないと考え、活動することを大事にしています。」と語りかけました。インターハイを目指して日々、努力を重ねる彼の力強い語りに、部局員も真剣に聴き入っていました。