Loading…
 2017年07月20日
 

サイエンスリサーチ科1年生夏季実習「超伝導実習」グループは、7月8日(土)に京都大学大学院理学研究科米澤先生のご協力のもと事前学習会を行いました。

次回からの実験に向けて、液体窒素の基礎知識や取り扱い時の注意点、超伝導現象の理論についてを学んだ後、実際に液体窒素を用いて 77 K の低温の世界を体験しました。

バラを粉々に砕く、バナナで釘を打つ、ゴムボールを砕くなど、実験1つ1つに驚きの声が上がっていました。また、代表的な超伝導現象であるマイスナー効果やピン留め効果を利用した浮遊実験もでき、生徒にとって貴重な経験となりました。