2016年07月26日
 

今年度の夏季サイエンスプログラム社会実習は、学校の近隣をフィールドワークし、地域の魅力や見どころをWikipediaを使って世界に発信する「ウィキペディア・タウン」という内容の実習を行います。

7月9日(土)の事前実習は、国立国会図書館関西館を訪問させていただき、ウィキペディア利用の意義について、図書館での資料検索について、ウィキペディア編集の方法についての講義と演習を行いました。

P1080943.JPG

「ウィキペディア・タウン」の実践をされている青木和人先生からの講義。

Wikipediaは誰でも編集ができるツールであり、これを利用することでさまざまな発信をしていくことができることをお話しいただきました。それゆえに、利用時には注意しなければならないということ、編集時には著作権の侵害等に気をつけなければならないことも講義いただきました。

IMG_5457.JPG

国立国会図書館関西館・文献提供課の伊藤響先生からの講義。

図書館での資料検索は、意外とコツがいるものです。大学の研究では資料検索の技術が求められますが、そのレクチャーをきちんと教わるか教わらないかで研究進度にも大きな差が生まれます。

今回は研究の入口として、やさしく資料検索の方法を教えていただきました。高校生のうちにこのような講義を受けられるのは、大変貴重な経験になったと思います。

この2つの講義の後、Wikipedia編集の練習として、Wikipedia南陽高校のページを編集しました。

自分たちの学校のことを発信するということで、学校紹介のパンフレットを参照したり、文章の表現を考えたり...

和気あいあいと、そして真剣に取り組む様子が見られました。

P1080960.JPG

P1080930.JPG

今回の編集の成果は、Wikipedia南陽高校のページにアップロードされています。

(まだまだこれからも編集を続けていく予定です。)

最後に、次回7月28日(木)の本実習のフィールドワークに向けて、学校近隣の集落「乾谷」と「柘榴」の資料探しを行いました。

P1080965.JPG

28日にガイドでお世話になるNPO法人「精華町ふるさと案内人の会」の皆さまにも駆けつけていただき、生徒たちの資料検索のお手伝いをしていただきました。

P1080966.JPG

28日は、4つの班が2グループずつ、「乾谷」と「柘榴」のフィールドワークを行い、その成果をウィキペディアの記事にします。

さて、どんな記事が出来上がるでしょうか。

どうぞお楽しみに。