Loading…
 2014年09月20日
 
 
 

夏季サイエンスプログラム実習発表会
 平成26年9月21日、サイエンスリサーチ科の1年生が、夏季サイエンスプログラム実習の発表会を行いました。「英語で日本紹介実習」「ワタの栽培と糸紡ぎ」「植物園実習」「舞鶴臨海実習」「ラボステイ」の5つのテーマに分かれて8月上旬に行った実習の集大成です。テーマごとに実習の成果や新たに調べたことなどをパネルにまとめて発表をした後、各テーマの代表グループがサイエンスリサーチ科1年生全員の前で発表を行いました。
 代表グループは緊張した面持ちで発表に臨んでいました。どのグループも聴衆にわかりやすく発表しようという姿勢がみられました。

英語で日本紹介実習
 清水寺周辺で外国人観光客に挨拶などの日本語をうちわに書いてもらい英語で交流を深めた様子を発表しました。

ワタの栽培と糸紡ぎ
 ワタの栽培をするとともに、ワタから糸を紡ぎ、山城郷土資料館で自分たちで紡いだ糸を織っていきました。その栽培の様子や体験を発表しました。

植物園実習
 京都大学植物園で採集した樹木の形態や特徴について、京都大学での講義やグループで調べたことをもとに発表しました。

舞鶴実習
 由良川沖で行ったフィールドワークで採取した海洋生物の分類や、ポイントによる海水の透明度や水温の違いについて、グラフや写真を用いて発表しました。

ラボステイ
 奈良先端科学技術大学院大学の数理情報学研究室で実習した、表面筋電図による電気信号をパワーアシストや筋電義手などへ応用する際に必要な遅延処理についての学習内容を発表しました。