手ぬい名人 パート2
小学校家庭科のねらい 
    手縫いにより目的に応じた簡単な縫い方を考えて製作ができること
    (簡単な縫い方の例として、なみ縫い、返し縫い、かがり縫いがあります)  

針目をそろえるポイントや、糸の様子が理解しやすいように、網(網戸用)を使ってみました
(なみ縫いは「手ぬい名人になろう」で紹介しています)

本返し縫い
本返し縫い ワンポイントアドバイス

◎丈夫に縫いたいときに使います
◎1針ごとに布を左右に引いて布のしわを取るのがコツです

本返し縫いに挑戦
布の下から針を刺す @ 布の下から針を刺します
上から1針分戻って針を刺す A 上から1針分戻って針を刺します
下から1針分進んで針を出す B 下から2針分進んで針を出します
AとBを連続し、繰り返す C AとBを連続し、繰り返します
   縫い終わりは布の裏で玉どめをします


動画へ

半返し縫い
半返し縫い ワンポイントアドバイス

◎針目をそろえるために、網目を利用しましょう
◎1針ごとに布を左右に引いて布のしわを取るのがコツです

半返し縫いに挑戦
布の下から針を刺す @ 布の下から針を刺します
上から1針の半分戻って針を刺す A 上から1針の半分戻って針を刺します
下から1針分進んで針を出す B 下から1針分進んで針を出します
AとBを連続し,繰り返す C AとBを連続し、繰り返します
   縫い終わりは布の裏で玉どめをします


動画へ

かがり縫い
かがり縫い ワンポイントアドバイス
◎ほつれやすい布端を始末する時に使います
◎針目をそろえるには、針の進み方、布端から針を
 刺す寸法をそろえることがポイントです

かがり縫いに挑戦
布の間から針を出す @ 二枚の布を重ね、布の間から針を出します 
  (玉結びを隠します)
2枚の布端を巻くようにかがる A 二枚の布端を巻くようにかがります
   縫い終わりは布の間で玉どめをします

動画へ

もどる