1学期終業式が行われました

1学期終業式が行われました

 

7月31日(金)、1学期の終業式が行われました。感染症予防の為、各教室で放送を聞く形での実施でしたが、担任やクラスメイトと一緒に校長先生の話に耳を傾けました。校長先生の話の中では、1学期は2ヶ月という短い間でしたが、「誰かのためになる活動」を頑張った学級が紹介され、自分たちの学級が紹介されると嬉しそうに笑顔を見せる人もいました。

明日からは夏休みです。3週間という短い期間ではありますが、しっかり休んで英気を養い、また2学期には元気な笑顔に会えることを楽しみにしています。


放送で話をする校長先生




教室で話を聞きました。






 

6月の入学式

6月の入学式

 6
19()4月の入学式を感染症予防のため、欠席した生徒の入学式を行いました。
 中学部2名、高等部4名の生徒と、その保護者の方にも参加していただき、4月と同じ式次第で、入学を祝いました。
 (18日の給食も、お赤飯と、紅白なます、お祝いデザートでした)






 

マスク寄贈

マスク寄贈

 先日、本校卒業生の保護者様からマスクを頂きました。

小学部1組~6組児童が学校用として使用させていただく
こととしました。







早速本日そのマスクを着用して登校する
児童の姿も見られました。
マスクを寄贈していただき、誠にありがとうございました。
 

七夕飾り

七夕飾り

 七夕(たなばた)に向け、今年も「長岡京市環境の都づくり会議」の皆さんが,立派な竹を提供してくださいました。
 竹を選び、切り出して、数人がかりで肩にかついで学校まで運んでくださいました。学校に着くと枝を落とし、七夕の飾りを飾り付けて玄関に立てました。
 小さい枝は廊下や各教室でも飾られ、学校中が七夕の雰囲気になりました。









 

「第2回ラジオ授業」放送

「第2回ラジオ授業」放送
 

 521日(木)FMおとくに「ラジオ授業」第2回目が放送されました。

第2回目は下記の内容を行いました。

 

   小学部 市川先生から音楽の授業「音楽を聴こう②」

    中学部 仲岡先生から保健体育の授業「体を動かそう」

    高等部 杉木先生から自立活動の授業「何の音かな」

    校歌を歌う

 

  学校にいる先生たちも、児童生徒の皆さんがラジオの向こうにいて、

つながっていることを信じて、ラジオから聴こえてくる音楽や音を聞いたり、

3蜜に気をつけながら体を動かしたりしていました。

 

   第3回目は528日(木)9:3010:00の予定です。

 

   いよいよ、登校に向けた準備期間として登校可能日が設定されました。

新型コロナウイルスに注意しながら、一緒にがんばっていきましょう。

また、会える日を楽しみにしています。


 


 

「第3回 ラジオ授業」放送

「第3回 ラジオ授業」

   528日(木)FMおとくに「ラジオ授業」第3回目が放送されました。

3回目は下記の内容を行いました。

 

     小学部 堀井先生から音楽の授業「音楽を聴こう

    中学部 角野先生から国語の授業「聞いて考えよう」(中学部登校可能日のため録音)

    高等部 木田先生から特別活動の授業「進路学習(ようこそ先輩 ミニ)」

    校歌を歌う

 

    ご家庭の方でも聞いていただいたでしょうか?

 この日は中学部の登校可能日だったので、学校でも、中学部の生徒がラジオから聴こえてくる、歌や音楽、クイズや先輩の話を聞いたり、音楽に合わせて体を動かしたりしていました。

 

これで、向日が丘支援学校のラジオ授業は終わりですが、

合計3回のラジオ授業が、みなさんの心にのこってくれると嬉しいです。




 

「第1回ラジオ授業」放送

「第1回ラジオ授業」放送
 

 514日(木)FMおとくにで「ラジオ授業」の第1回めが放送されました。

下記の内容で行われました。皆さん、聞いていただいたでしょうか?

 
    小学部 市川先生から音楽の授業「音楽を聴こう」

    中学部 日高先生から自立活動の授業「色を探そう」

    高等部 榮元先生から体授業「体を動かそう」

    校歌を歌う

 

第2回めは、921日(木)9:3010:00の予定です。お楽しみに!!





 

給食人気メニューレシピ第二弾!

校門前掲示板の更新

休校期間の延長が決まり、校門前掲示版にポスターがはられました。



本当に、皆さんどうか健康でいてください。

心から子どもたちが学校に戻ってくる日を待っています。


 

マスクを寄贈していただきました。

マスクを寄贈していただきました。

 4月27日月曜日、京都市内にあるプロバスケットボールチーム「KYOTO BB.EXE」のオーナーである紅谷様が行っておられる社会貢献活動の一環として、
本校の校区である向日市の藤原製本株式会社の藤原社長様の御協力の下、本校にマスク500枚を寄贈していただきました。
この素敵なご縁は、FMおとくにキャスターである松本美由紀さんが、つないでくださいました。
 現在は、残念ながら臨時休業中の本校ですが、地域の方に本校のことを思っていただけたことに、心から勇気づけられました。
 御礼として、学校から高等部生徒作製の窯業製品(湯飲み)を贈らせていただきました。

 これからも地域社会とのつながりを大切にしていきたいと思います。

 本当にありがとうございました。




 

マスクをたくさんいただきました

マスクをたくさんいただきました。

 気持ちがどうしても重くなってしまう毎日ですが、そんな中、人の優しさや人と人のつながりの素晴らしさを感じる出来事がありました。
 昨日、ある方から「学校が大変でしょうから」とたくさんのマスクを送っていただきました。
 その方は、今から20年ほど前に、御自分のお子さんのことで、本校の先生に親身に相談に乗ってもらったことがあり、
 それもあってお子さんは立派に成長されて、いつか感謝の気持ちを伝えたいと考えていた、そして、今、マスクがなくて学校は大変なんだろうな と思って送らせてもらった とのことでした。
 20年という生まれた子どもが成人になるほどの年月を超えて、本校のことを思ってくださっていたことに驚きとともに、深い感動を覚えました。
 そして、人と人のつながりとは、本当に貴重で素晴らしいと感じます。
 この出来事を励みにして、これからも人との出会いを喜びに、一つ一つの教育活動を大切にしていきます。
 本当にありがとうございました。







 
京都新聞洛西掲示版への作品掲載
5月8日の京都新聞洛西版に、本校児童生徒の作品が掲載されました。
今後も、定期的に掲載していただきます。

 
いろいろな鳥がやって来ています
いろいろな鳥がやって来ています。

広い広い向日が丘の敷地を歩いていると、さまざまな鳥の鳴き声が聞こえます。校舎の中にまで響く水鳥の声や、グラウンドの隅から聞こえるウグイスの声。

一方、声はしないけれども姿を見せてくれる鳥もいます。
 先日は池に来るアオサギとコサギの写真をご紹介しましたが、昨日は池に大きな白い鳥・・・おそらくダイサギが来ていました。池には鯉がたくさんいるのですが、指くらいのサイズの小さな魚もたくさんいます。水鳥たちは、その小魚を食べにやって来ているようです。近寄ると逃げてしまうので、遠くからしか写真が撮れなかったのですが、ほっとするできごとでした。

 

中庭で見つけた、名前のわからない鳥。


池に来ていたダイサギ。


近づきすぎたら、飛んでいってしまいました。
 
八重ざくらが満開です
八重ざくらが満開です。

校内の桜はほぼ散ってしまいましたが、校門付近にある3本の八重ざくらは、今が満開です。

薄いピンクのぼんぼりのような、可愛らしい花がいっぱい咲いています。








八重ざくら以外にも、タンポポが校内のあちこちで花盛りです。

寄宿舎の中庭(通称ひこうき公園)でも、たくさんのタンポポが咲いていました。


グラウンドも、タンポポの花畑になっていました。


これらのタンポポは、ガクが反り返っていないので、在来種のカンサイタンポポだと思われます。

もう少し季節が進むと、外来種のセイヨウタンポポがたくさん咲き始めます。

池には、2羽のサギがやって来ていました。

手前はアオサギ、少しわかりにくいですが、奥にいるのはコサギだと思われます。時間帯によっては、鴨の仲間がやって来ることもあります。


駐車場付近では、ドウダンツツジが咲き始めています。
いちばん日当たりの良いところは、満開になっていました。




 
入学式
入学式

 4月9日(木)入学式を実施しました。

 

新型コロナウイルス感染症対策のため、参加者は新入生と保護者と担当教員、PTA会長だけとなりましたが、心あたたまる式となりました。緊張しながらも名前が呼ばれたら、それぞれの表現のしかたで返事をして全員が入学許可をしてもらうことができました。

 

 
始業式
始業式

 4月8日(水)始業式を実施しました。新型コロナウイルス感染症対策のため、それぞれの教室にて放送で行いました。

 

放送から流れてくる校歌に合わせて歌った後、校長先生のお話、転入生の紹介がありました。短時間でいつもと違う始業式でしたが、友達と一緒に学校の始まりを感じられる式となりました。