高等部8組生活単元学習「清掃検定にむけて」

高等部8組生活単元学習「清掃検定にむけて」

高等部8組では、11月25日(水)にある京しごと技能検定「清掃」に向けてリハーサルを行いました。
1学期から作業学習「ビルメンテナンス」でタオルや自在ほうきの基礎を学び、2学期には評価表を用いながら、実際に検定の流れで清掃練習を行ってきました。

本番と同じ受験番号で並び、一人ずつリハーサルを行いました。清掃検定の本番を翌週に控え、みんな緊張した様子です。

 

自分の順番を待っている間もお互いに評価をし合いました。

 

 

 

 

実際にやってみると、緊張で「手が震えた」「ドキドキする」という感想がたくさんでした。クラスの友達や先生に見守られながら、全員がリハーサルを終えることができました。緊張を乗り越え、一生懸命検定に臨む姿はとても素敵でした!

本番はさらに緊張するかと思いますが、今まで頑張ってきた練習の成果を思いっきり発揮してくださいね。応援しています!

 

第9回子ども読書本のしおりコンテスト

第9回子ども読書本のしおりコンテスト

 

高等部1組松岡大輔君が、第9回子ども読書本のしおりコンテストにおいて「優秀賞」に選出されました。

 11月1日(日)ホテル京都堀川「みやこの間」で行われた表彰式に御両親と一緒に出席し、橋本教育長から表彰状を授与されました。

 

 

 


 表彰式の前には音影繪本(おとかげえほん)ちゃんによる影絵「したきりすずめ」の上演もありました。

 

 

橋本教育長からの講評

 

自分の作品の前で

 制服姿が凛々しい!

 

生活単元学習 「みんながアーティスト」

 

生活単元学習 「みんながアーティスト」

「氷でカラフルドローイング」

「ビジュアルプログラミング Sphero BOLT(スフィロ ボルト)でアート」

「スマイルLabすいぞくかん みんなの池」

 

教室にプロジェクションマッピングを投影し、力を合わせて光を集めたり、花を咲かせることで、デジタルの滝を流し、池をつくり、自分たちが描いた魚をデジタルの水族館に泳がせる学習に取り組みました。また、ディスタンスちょうちんをライトとして使用するだけではなく、感染症対策として光でソーシャルディスタンスを保ちつつ、自身も光の演出に加わることができる参加型アートとして楽しく取り組むことができました。

 

 

 

 


kubi
を使った遠隔通信授業は、訪問先から同じ空間を共有し、創造したことをクラスの仲間と共同することができました。お互いが目と目を通じ合わせる事で温もりのある教育が展開でき、仲間の意見や考えを聞き、仲間と学び合う中で「そうか」「なるほど」「すごい」という思考の広がりや深まりを見ることができました。

 

 

 



iPadを指でなぞるという直感的なプログラム(ビジュアルプログラミング)をつくり、ボルトという球体を楽しく動かし、ボルトにゆび絵具を塗って、みんなで転がした線で模様を描くことで、新しい感覚と価値観を見出すことができました。ひとつの空間でみんなと一緒に課題に取り組むことで、自分が仲間に影響を与え、仲間から自分が影響を受けることによってコミュニケーションが生まれ、協力をし合い、目標を達成する共同的な喜び生まれました。

 

 



 

氷でカラフルドローイング、ボルトでアートの授業で描いた魚たちをスマイルLabすいぞくかんのみんなの池に泳がせることができました。学びの連続性を生徒も感じながら学びのプロセスをつなげていくことができました。竹林再生プロジェクトの方々と連携した竹を使った授業を行うことで、竹の良さに生徒たちが気づくとともに、生徒が地域住民の方とともに地域資源を生かした取り組みや地域の行事に参画して地域づくりに関わる活動が将来につながるように考えています。








































































 

高等部修学旅行「姫セン、行きません?」

高等部修学旅行「姫セン、行きません?」


~仲間と一緒に、普段できない体験を心に刻もう~
をスローガンに10月16日 姫路セントラルパークへ、高等部2年生が修学旅行に出かけました。当初予定の東京方面2泊3日からするとプチ修学旅行になってしまいましたが、スローガンどおりいろんな体験をしてきました。


ニンジンを差し出すと食べてくれました。



メリーゴーランドにチャレンジ

  
 
思わぬところに…


ナイスショット!


GOTOトラベルのクーポンも使いました。

 

高等部作業学習「ビルメンテナンス」2年生

高等部作業学習「ビルメンテナンス」2年生

 

10月1日(木)10月6日(火)と学校近隣にある「障害者支援施設 晨光苑」へ行き、清掃活動を行いました。授業で学んだスキルの成果を発揮し、晨光苑の窓清掃に取り組むことができました。

晨光苑には背の高い大きな窓や、細い窓等、学校では掃除をしたことのない窓がたくさんありましたが、さすが高等部!自分達でスクイージーを工夫して使い、汚れた窓をどんどん綺麗に仕上げていきました。

晨光苑の看板も綺麗にしようと一生懸命拭いてくれました。

 

 

  

  

ぞうきんやバケツの水が真っ黒になったのを見て、みんなで「集中した」「やりがいがあった」と感想を述べ、達成感をもつことができました。

 晨光苑の方々が元気にあいさつする様子や、みんなで協力して清掃している様子を見て「チームワークがいいね~」と褒めてくださり「がんばってくれてありがとう」と声をかけてくださいました。施設のみなさんに「ありがとう」と言ってもらえる作業ができて良かったです。



 みんなのがんばりから「引き続き来て欲しい」と言ってもらいました。10月最終週から2学期終わりまで毎週火曜日、木曜日に清掃活動に伺うことになりました。

 

 

 

高等部4組「むこうがおかフェスタに向けて」

高等部4組「むこうがおかフェスタに向けて」

 

いよいよ来月に「むこうがおかフェスタ」があります。

2学期に入りグループで「ピタゴラスイッチ」の動画を撮るために準備や練習を進めてきました。

まず、ボールを転がすダンボールの色づけをし、各自好きな色を刷毛やローラーを使って塗りました。

 

 

ドミノ倒しの積み木を並べる練習をしたり、ダンボールでボール送りをする練習をしたりしました。

 

 

 

 

自分達で動画をとる練習もしました。

 

 

 

セリフを言う練習もしました。

大きな声で言うのは恥ずかしかったけど頑張りました。

  

 

3年生は最後のむこうがおかフェスタです。

思い出に残る作品にしたいです。

 



 

高等部12組 総合的な探究の時間「卒業後のお金について」

高等部12組 総合的な探究の時間「卒業後のお金について」

 

高等部12組は3年生の学級です。卒業後、お金を稼ぎどのように使っていきたいかを聞くと「一人暮らし」や「国内旅行」等、ワクワクするような発言がたくさん出てきました。人生を充実したものにするためにも、生活にはどれくらいのお金が必要になり、月々どれだけ貯金ができるのかを具体的に考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり一人暮らしをすると生活を成り立たせるだけでも大変なことなのだと実感したり、計画的に節約し、どうしたら貯金ができるのかをそれぞれイメージしながらじっくり考えたりしました。






 

ミニ企業説明会

ミニ企業説明会

 

9月24日(木)本校において、乙訓障がい者就労ネットワークたけのこ主催「ミニ企業説明会」が行われ、高等部9組~12組の生徒達が参加しました。

 コロナ禍で、進路見学や説明会が行えない状況の中で、何とか体験的な進路学習ができないものかと計画されました。

 

見学はできなくとも、事前に作成されたプレゼンテーション動画で企業現場を見て、「学校で身につけておくこと」についてお話を聞きました。

 あいさつや身近な人への「ありがとう」「ごめんなさい」といった言葉。物事に対するやる気や興味を持つこと。まずは素直に人の話を聞く。人とのかかわりの中で最後は自分で決める。など社長さんのお話は学校生活の中で重要な事ばかりでした。




動画でお話しいただいた社長さんに、さらにお話しを聞いて直接質問したりして、実際の企業を身近に感じ、いろいろな進路先を意識することができました。

 

最初は普段交流することの無い、企業の方々とのやり取りにとても緊張していた生徒たちでしたが、最後には生徒が自分で社長さん達のところへ行って名刺を交換していただき、充実した取組ができました。






 

高等部3組 生活単元学習「缶つぶし」

等部3組 生活単元学習「缶つぶし」

初めは力まかせにつぶそうとしていましたが、要領を得てくると、適度な力加減でスムーズに作業ができるようになってきました。

ペアで行う場合は、重たい木を使ってつぶすので、お互いのタイミングがずれると、けがにつながる危険もあるため、1つ1つの工程ごとに「できたよ」「ok」等と声をかけ合って安全に進めています。



つぶした缶は、近くの施設にお届けする予定ですが、今はコロナの関係で行けていません。

たくさんお届けできるように、みんなで協力し合って作業、頑張ります!

 



つぶした缶は、近くの施設にお届けする予定ですが、今はコロナの関係で行けていません。

たくさんお届けできるように、みんなで協力し合って作業、頑張ります!

 

 

高等部5組 HR「エコバッグ作り」

高等部5組 HR「エコバッグ作り」

夏休み明けのHRでエコバッグ作りをしました。ポケットの位置を決め、好きなデザインの型紙を選び、スポンジを使ってインクを優しく塗りました。初めは力加減が難しい様子で、恐る恐る作業していましたが、段々と慣れることができ、きれいに着色することができました。

買い物に行く時などに、ぜひ使って欲しいと思います。

 

 

ポケットはどの位置にしようかな?

 

スポンジを使って優しく、丁寧に・・・

 

 

真剣なまなざしです

 

 

 完成!

 

作業学習製品展示

 作業学習製品の展示

長岡京市立神足ふれあい町家1Fギャラリーで8月3日(月)~31(月)の間、高等部の作業学習で製作した製品を展示させていただいています。



窯業製品、竹製品、縫製製品、その他サシェ等の製品です。

 販売はしておりませんが、機会があれば、ぜひご覧ください。














 

高等部 11組 日常生活の指導

高等部 11組 日常生活の指導

 

毎週、火曜日から金曜日の1時間目は日常生活の指導でラジオ体操とストレッチを行います。写真は椅子に座って、下半身のストレッチに取り組んでいます。深い呼吸をおこないながら、ジワジワと身体を伸ばしていきます。




 朝から身体も頭も活性化して、今日も1日頑張ります♪
 

 

高等部前期体験実習③

高等部前期体験実習③

 

伏見区横大路にあるワークチャレンジスタイルGOKENDOには713日から22日までの8日間、お世話になりました。

 

作業は空箱整理や洗浄業務を行いました。





 

高等部3年生にとっては、卒業後の進路に直接的に関わる実習で、学校とは違った真剣な表情を見ることができました。





厳しい環境の中でも、頭と体をしっかり使わなければなりません。

事業所の方から教えていただいた具体的な課題は今後、学校生活でもクリアできるように取り組んでいきます。

 

 

高等部前期体験実習②

高等部前期体験実習②

 

今回の体験実習は新型コロナウイルス感染症のリスクがある中ですが、マスク・手洗い・消毒等基本的な対応と「体調チェック表」を使って、事業所、本人・保護者の同意の上で実施しています。



 就労継続支援事業(B型)施設「桂の泉学園では, はじめてお世話になりました。



緊張した様子で箱折り作業を行っています。紙がかたく力が必要ですが、順番を間違わないよう必死に頑張りました。また、降り続く雨の中、自転車通勤も大変ですが、予定の5日間をやりきりました。

 

高等部前期体験実習①

高等部前期体験実習①

 

7月9日、高等部前期体験実習がはじまりました。

 

高等部では、進路学習の大きな取組の一つとして「体験実習・職場実習」を教育課程に位置づけています。体験実習は地域の「施設」での活動や「事業所」での仕事を実際に体験することにより、卒業までに必要な力や本人の「進路」について、本人・保護者と一緒に考えていく大切な機会です。




2、3年生の全員が個々に行いますが、写真は「障害福祉センターあらぐさ」での体験実習1日目フェルトボールづくりの様子です。

 



 2
日目は染色。タイマーが鳴るまでという指示で、一生懸命に色止め作業を続けていました。


 

7月9日高等部「非行防止教室」

79日高等部「非行防止教室」


7組~12組では、京都府向日町警察署生活安全課からスクールサポーターの先生に来ていただいて、「正しい行動ができるようになろう」「心にブレーキを」というタイトルで学習を行いました。



2グループに分かれての学習ですが、10人を超える人数が集まるので、感染予防のため体育館で、熱中症予防のために冷風機や工場扇を設置しての学習です。


 自分の行動のポイントは「自分が傷ついたり、困ったりしないか」「大切な人をがっかりさせないか」「人に迷惑をかけないか」「法律やきまりを守っているか」であることを学びました。

具体的には暴力やいじめ、万引きが罰せられる行いであること、SNSの利用は加害者だけでなく、被害者になることもあるお話を聞きました。

みんな身近なところの様々な危険を感じ、真剣な表情で聞き入っていました。

 

高等部1組 総合的な学習「植物を育てよう 野菜スタンプ」

高等部1組 総合的な学習「植物を育てよう 野菜スタンプ」

 

 高等部1組は夏野菜(なす、ゴーヤ、トマト)を自分たちの畑に植えて、水やりや収穫、観察などの学習しています。まだ実っていない時期でしたが、こんな風に野菜が育つよ、と実物を見て触って匂いを感じ、野菜スタンプにも挑戦しました。

 

 天気の良い日には、中庭の畑に行って、実ったピーマンやトマトを自分たちの手で収穫することもできました。





ゴーヤのぼこぼこした感触を手の平に感じながら、自分の手でしっかり掴み、スタンプしています。

出来上がった作品をじーっと見つめ、鮮やかな色彩の模様を見るのも楽しい。




実や茎に繋がった紐の輪っかを引っ張って収穫しています。あかーいトマトが穫れました!





自分の手でもぎ取ったピーマンを見てニッコリ。つるつるのピーマンきれいだな。


 

高等部7組 作業学習

高等部7組 作業学習

6月25日(木)「ビルメンテナンス」「木工」

 


高等部7組は1年生ばか
りのクラスで、作業学習に取り組むのは初めてです。

作業中のマナーや服装などまだ慣れないことばかりですが、一つ一つの作業を確認しながら先生や友達と協力して進めていきます。



「ビルメンテナンス」では、京しごと技能検定のマニュアルに沿って教室の窓や机の拭き掃除をしたり床の掃き掃除をしたりしています。雑巾の絞り方やスクィージの使い方、隅々まで掃き残しがないように掃く順番などが細かく決められています。

 

「木工」では、竹製品の制作に向けて、手順や道具の使い方を学んでいます。カンナで成型後、3種類のやすりで仕上げていきますが、なかなか根気のいる作業が続きます。作業場も暑くなってきていますが、こまめに水分補給をしながら頑張っています。



 

6月1日 学校再開


6月1日 学校再開


4月13日から7週間の長い長い休校期間が終わり

本日から全校児童生徒の登校がはじまりました。


 

「また会えた。さあ一緒に!」

校門前の掲示板のポスターが貼り替えられました。

 


体調管理はもちろんのこと、

マスクを着用する。

時間をかけてしっかり手を洗う。

人との距離をとる。などの新型コロナウイルス感染防止の

ための新しい行動様式を意識しながらの学校生活。

  

高等部の生徒は友達や先生達と久しぶりに会えて

とても元気で、楽しそうにしていました。

 

これからも、決して今までどおりではありませんが、

児童・生徒、教職員、保護者の皆様と一緒に

感染予防に全力で努めながら、学校活動を進めて行きます。


 

 

 

高等部2組「スマイル農園」

高等部2組「スマイル農園」

6月2日(火)
 ようやく学校が再開し、「みんなに会えて嬉しい」と、
教室にもたくさんの笑顔(スマイル)が戻ってきました。


 高等部2組 第1回目の生活単元学習「スマイル農園」では、
ミニトマトの苗植えに取り組みました。


ミニトマトの苗の葉に触れて匂いを嗅いだり、土を入れた袋を、
プランターに振り入れ、水やりをしたりと、笑顔いっぱい、
自然に触れながら活動することができました。


「大きくなってね。」2組の皆の気持ちが、
ミニトマトに届きますように。



教育活動や授業では換気、マスクの着用、アルコール消毒、3密を避け、対策を行っています。また、家庭でフェイスシールドを作って対策している生徒もいます。
 

臨時休業にむけて


臨時休業にむけて

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月 13 日(月)から
5月6日(水)まで、学校は休業になります。

本日、クラスごとに休業中の生活についてお話があり、
課題が配布されました。




休業中は体調に十分注意してすごしましょう。

学校再開の日にまた笑顔で会えますように。
 

クラスひらき


4月10日 クラスひらき

今年度が始まって、3日目。
授業が始まる前にクラスひらきを行いました。

長い春休みの後、新しいクラスの先生や
友達との出会いに期待もいっぱい。


目標を相談して決めたり、決めた目標を協力して
大きな紙に書いたり。



たくさんある作業は分担して行います。
「だれかのためになることをしよう」
2年生のクラスは昨年からの目標がしっかり意識されています。



いろいろなルールを確認しながらの『学校探検』



校内のポイントではクイズに答えてスタンプを集めます。


「このクラス楽しい!」みんながそんな思いをもった
クラスひらきができました。