Loading…
 

ssh

桃山高校は、平成22年4月に文部科学省から5年間スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けました。

SSHは国の「科学技術基本計画」に位置づけられ、高等学校教育において、先進的な理数教育を実践することにより、将来の国際的な科学技術関係人材の育成を推進することを目的としています。

学校においては生徒一人ひとりの創造性や独創性を高めるため、先進的な理数教育のための指導方法・教材開発、大学等との連携を通じた共同研究、海外研修など国際性を育むための取組等を実施することになります。

特に本校は、高校の施設としては日本一の天体観測ドームを有する優れた理科教育施設を有し、古くは地学部を中心に、現在ではグローバルサイエンス部を中心にして、様々な優れた研究成果を発表してきました。

    

本校のSSHのテーマは

「The Dynamic Stage for Your Future」
   ~問いを見いだす知性がそこに~

                           です。

ssh

これは、自然科学の分野において「新たな知を創造」できる「探究心・独創性にあふれた国際的な人材」を育成するための教育課程の研究開発をおこなうことを意味するものです。

そして、このテーマのもとで次のように取組の柱を6つ設定しています。

    

1 自然科学科の特設教科・科目、大学・研究機関との連携や桃山自然科学ゼミを通して基礎基本の充実、および世界へ研究成果が発信できる論文作成能力、プレゼンテーション能力等の育成によって、探究心・独創性にあふれた人材の育成を行うための教育課程の研究開発。

この柱については、数学・理科・英語・情報・総学の融合を図った「グローバルサイエンス」を学校設定教科として創設し、日常の授業を核とすることは勿論として、これに加えて日英サイエンスキャンプ、サイエンスイングリッシュキャンプ、英語による課題研究成果のプレゼンテーション等の先進的でオリジナリティにあふれる教育活動を行っています。

    

2 最先端の研究に触れ自己への刺激とする機会を設けるとともに、その内容の検討から報告までを生徒自らの取り組みとすることによって、創造性にあふれ、自ら道を切り開いていける人材の育成を目指す研究。

3 「高大連携講座を有機的、効果的に配置すること」で、絶えず「問を見いだし」、「新たな知の創造」ができる人材の育成を行う研究。

これらの柱については、高大連携研究事業等を大学に全て任せるのではなく、計画段階から生徒が参画して共同研究を行う桃山高校の主体性(桃山方式)を全面に出したものにし、京大、兵庫天文台等との連携、京都賞受賞者の講演等の多くの取り組みをおこなっています。

    

4 課外活動として「グローバルサイエンス部」にSSH事業に取り組ませることによって、研究活動や広報活動を活性化させる研究、および課外活動において「桃山自然科学ゼミ」を立ち上げ、生徒が主体的に関わる科学講演会や科学の授業を実施しその効果を確かめる研究。

この柱については、評価の高い地学部をグローバルサイエンス部に改編し、自然科学全体を対象とした活動をおこなっています。また、桃山自然科学ゼミを開設し、その活動を理数全体の取組に拡大しています。さらに、数学・物理等のオリンピック、各種コンテスト、サイエンスサマーキャンプ等の多くの場で生徒がその成果を発表しています。

    

5 ① 本校の天文ドーム(口径40センチコンピュータ制御反射望遠鏡)を利用して月・木星・土星の衛星の観測を行い、その軌道解析やデータ処理を授業で行うことにより天文への興味・関心を高める研究。

5 ② 日本気象予報士会との連携で、ヒートアイランドなどについての気球観測を実施し、その軌道解析やデータ処理を授業で行うことにより理科と数学の融合を目指す研究。

この柱については、グローバルサイエンス部の生徒が中心となって継続的な課題研究活動を行い、その成果を課題研究発表会や気象学会等で発表しています。

    

6 科学系学会や研究会との連携により、最先端の知識や技術の取得を行うとともに、専門家から直接の指導・助言を受けることにより、自然科学の研究に対する視野を広げ、大学進学、特にAO入試に接続するための研究。

この柱については、理数系AO入試等への対応等を行い、多くの生徒が希望進路を実現しています。

    

そして、こうした取組は自然科学科だけでなく、桃山高校全体の取組として推進し、桃山高校に学ぶ全ての生徒が、知と感性溢れる未来の人材として育つことを目標にしています。

 
 
 

桃山高等学校メニュー