Loading…
 
2017/12/25
 
 

12月24日(日)

第50回京都府アンサンブルコンテスト 高等学校の部が八幡市文化センターで開催されました。

本校からは、2年生を中心とする金管八重奏のメンバーが出場しました。結果は銀賞をいただきました。大変難しい曲でしたが精一杯演奏できたと思います。

また、アンサンブルコンテストに続き、KYOTO中学・高校生ソロコンテスト2017が開催され、本校から出場したオーボエの佐々木香奈(2年)が、高校生の部で金賞を受賞するとともに、出場者16名の中から最優秀賞を受賞しました。【演奏曲:協奏曲ニ短調より第一楽章(マルチェルロ作曲)】

今後、この経験を生かして活動に励んでいこうと思います。

以下、審査員の先生方の講評を紹介します。


京都府立桃山高等学校 金管八重奏 「テルプシコーレ舞曲集」 プレトリウス作曲

A先生

各奏者の技術が安定した好演です。打楽器バランス、管楽器のベルの方向などさらに研究を重ねてください。サウンドが曇りがちなのが残念でした。

B先生

もう少し音程がそろうとはっきりしたサウンドになると感じました。明確なイントネーションでクリアな演奏を目指しましょう。

C先生

それぞれがフォルテになりすぎてバランスに問題があります。弱奏部はていねいで良いのですが強奏部でもお互いをよく聞いてバランスをとってください。

トランペットは美しい音色で素晴らしかったです。また、全体の曲想もよかったです。

D先生

とてもよく楽器を鳴らせていました。バランス作りに注意してください。メロディーラインがもう少し浮き立つようにしてください。

また、ハーモニーが濁ってしまわないようにしましょう。

E先生

主旋律の音程、内外声の和音調整が不十分だと感じました。バランス、ブレンド感、ニュアンスの統一にも配慮が必要です。個々の奏者の力量が高いだけに惜しく感じました。

 
 
 

桃山高等学校メニュー