建築科の取組 >> 記事詳細

2019/11/25

透視図実技研修 ~美術とは異なる建築の着色を学ぶ~

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 11月13日(水)、建築科1年生が、透視図(建物完成予想図の着色)の実技研修を受講しました。講師に、本校建築科の卒業生でもある松山 義宗様をお迎えし、今年度で31周年と歴史ある取組の1つとなっています。
 粒度の違うポスターカラーと透明水彩絵の具を描く場所によって使い分けながら、筆遣いや着色のポイントなど、美術の絵画との違いも含めて丁寧に指導していただきました。
 松山先生には、生徒と同じ下絵を使って着色をしながら説明をしていただきました。生徒たちは先生の技術に少しでも近づこうと、同じ色になるまで色を作り直したり、先生の作品を何度も確認するなど、熱心に取り組んでいました。
 最後に松山先生から、これまでの生い立ちも交えて仕事に取り組む思いや経験をお話していただきました。
 例年、1・2年生が実技研修を受講しますが、今回は日程の都合で2年生は12月25日に行う予定です。

 

 
09:15
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝馬23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.