建築科の取組 >> 記事詳細

2019/09/02

世界の有名建築家の建物を模型作品で学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 8月26日(月)、建築科1~3年生が有名建築家の建物を模型作品を通して学びました。
 講師として、大阪工業技術専門学校建築学科教員、一級建築士設計事務所「重山建築研究室」代表の重山 徳浩 様に来校していただき、ご自身の経験談や建築についてお話していただきました。また、世界の有名建築家の建物やご自身が設計された建物の模型作品などを持参していただき、展示会形式で観覧しました。
 模型作品は、近代建築の三大巨匠と呼ばれる「ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファンデル・ローエ」の代表的な建築物を、研究室の方と一から調査して図面を描き上げて製作したものです。

 重山先生から高校生へ伝えたいことの一つに、「建築は見ること。」とメッセージを送っていただきました。『実際の建物を見ることで、建物の構造や特徴を知ることができる。また、自分自身が見て感じたこと(感性)や思いなどが今後の経験として活かされる。』と話していただきました。

 精巧に製作された模型を見て、先生の話を聴き、生徒たちが建築に対して感じたことを今後の学習に活かしてもらいたいものです。

  
 左:講師の重山先生   右:模型を眺める生徒たち

  
 左:重山先生から模型の説明  右:重山先生が設計された藤本義一の書斎「Giichi Gallery」(2014年)
09:00
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝馬23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.