女子バスケットボール部


目標府大会出場
部員数8名 
マネージャー3名
活動内容バスケットボールを通して人格形成を図る
活動時間平日放課後~18:30
土日 3時間程度
顧問三谷 亜実      藤田 真彦   
活動実績◎令和元年度 インターハイ両丹予選    7位
              ウィンターカップ両丹予選  7位
         新人大会両丹予選      初戦敗退

◎平成30年度 インターハイ両丹予選    7位
       新人大会両丹予選      7位
          ウィンターカップ両丹予選    7位

◎平成29年度 インターハイ両丹予選    7位
       新人大会両丹予選      7位
       ウィンターカップ両丹予選  7位

◎平成28年度 インターハイ両丹予選    7位
       新人大会両丹予選         7位
          ウィンターカップ両丹予選  7位
 部員より “心を込めて”をテーマに和気あいあいと活動しています。勉強との両立は大変なこともありますが、毎日充実した学校生活を送っています。バスケットボールを通して、みんなで力を合わせることの大切さや喜び、難しさを学ぶこともできます。私たちと一緒に、青春の汗を流しましょう!
 

2021/10/04

令和3年度 ウィンターカップ京都府予選両丹代表決定戦 結果

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケットボール部

 全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ) 京都府予選両丹代表決定戦が行われました。インターハイ予選で3年生が引退し、新チームとして初めての公式戦となりました。今大会は上位3位までが府大会出場となるため、初戦を勝たないと府大会への出場はできません。

 初戦は、インターハイ予選と同じ東舞鶴高校との試合でした。前回負けを喫して府大会出場を逃しているだけに、生徒たちも序盤から攻守ともに集中してプレーした結果リードを保ったままリベンジを果たすことができました。 準決勝、福知山高校との試合では、相手のスピードや高さのあるオフェンスに得点を重ねられ、力及ばず決勝戦へ駒を進めることはできませんでした。
 3位決定戦では、京都共栄高校と府大会出場をかけた一戦となりました。 序盤から攻守ともに集中し、前半は14点のリードで折り返し、後半は少しずつ疲れなどで差を縮められましたが、最後まで集中を切らさず粘りのプレーで勝利し、府下大会出場を決めました。
 男子はインターハイ府予選で今大会のシード枠での出場が決まっているため、男女での府大会出場となります。


男子・女子 府下大会W出場!
 
 女子は加悦谷学舎(加悦谷高校)では2015年の同大会以来6年ぶり、宮津学舎(宮津高校)は2012年1月の新人戦以来約9年ぶりに府大会へ出場します。

 各試合の結果は以下の通りです。

1回戦
  1st2nd 3nd4nd  total 
  宮津天橋 22202319 84
 東舞鶴 11111324 59

準決勝
  1st2nd 3nd4nd  total 
  宮津天橋 31316537
福知山 17 18211874

3位決定戦
  1st2nd 3nd4nd  total 
  宮津天橋 142411958
京都共栄 1212151150

 
            
14:03
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.