写真部

  

目標
「写真を撮ることは自分探し。心にピントを合わせて撮った写真は人生のように人それぞれ」
これは、写真家・安珠さんの言葉で、私達写真部の活動の指針とするものです。そのためには、毎日たくさん写真を撮ることが大切で、「1週間で100枚!」を目標にしています。また、フィルム現像や暗室作業にも取り組み、白黒写真の技術と表現も学びながら、さらに個性豊かな写真を目指します。
部員数3年生:11名   2年生:11名 
活動内容日々の撮影を基本に文化祭やコンクールへの作品作りに取り組みます。総体や体育祭などの学校行事の撮影も行います。府内の写真部との合同撮影会やプロカメラマンの指導もあります。また、近隣の小・中学校に「白黒写真を手づくりしよう」というボランティア活動にも取り組んでいます。
活動時間月曜日以外の放課後。いつでも自由に活動できます。
顧問松田 成夫    橋本 学
活動実績平成25年度 全国高等学校総合文化祭(長崎大会)出品
平成25年度 京都府高等学校作品審査会 団体の部 第3位
平成26年度 全国高等学校総合文化祭(茨城大会)出品
平成27年度 全国高等学校総合文化祭(滋賀大会)出品
平成27年度 京都府高等学校作品審査会 団体の部 第3位
平成28年度 全国高等学校総合文化祭(広島大会)出品
「写真甲子園2019」近畿ブロック審査会進出
第35回京都府高等学校総合文化祭写真部門最優秀賞
平成30年度 京都高校作品審査会 団体の部準優勝、個人の部 2席・3席 
 部員より一言今年度は、全総文(佐賀大会)にも近総文(京都大会)にも出品をします。部活動や学校行事でみんなの輝いている写真や地域を元気にする写真を目指します。
 
写真部情報 >> 記事詳細

2018/06/01

「写真甲子園2018」近畿ブロック審査会出場決定!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部
 5月24日「写真甲子園2018」の初戦結果が発表され、近畿ブロック審査会への出場が決まりました。
 今年度は、近畿の高校64校が初戦審査に応募しました。このうち、ブロック審査会に出場できるベスト10に入れた学校は、京都府では本校1校だけでしたので、狭き門を見事突破したといえます。タイトルは「『うらにし』を生きる」。冬の時雨れる伊根漁港の風景を組写真にまとめました。
 部長の3年塩見果林さんは、「結果は部員全員の力。出場を果たせた喜びと感動を胸に、作品への思いをしっかりと伝えたいです。」と、北海道で行われる本戦の出場枠2校をかけて6月16日に行われるブロック審査会への抱負を力強く語りました。
08:38
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.